• トップ
  • リリース
  • 唱歌「ふるさと」の世界を生態学の視点で読み解くヤマケイ新書 『唱歌「ふるさと」の生態学 ウサギはなぜいなくなったのか?』刊行

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社インプレスホールディングス

唱歌「ふるさと」の世界を生態学の視点で読み解くヤマケイ新書 『唱歌「ふるさと」の生態学 ウサギはなぜいなくなったのか?』刊行

(PR TIMES) 2014年12月12日(金)11時20分配信 PR TIMES


インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、12月12日に『唱歌「ふるさと」の生態学 ウサギはなぜいなくなったのか?』を刊行します。

本書は幅広い世代に広く知られる唱歌「ふるさと」を軸に、「ウサギ追いしかの山」などの歌詞から日本の昔日の里山を生態学の視点で読み解いていきます。
広く歌われる歌であるのに、今、歌詞に登場する野生のウサギを追うどころか見たことある人さえごく少なくなったのはなぜだろう、という疑問からこの本は始まります。

2014年は唱歌「ふるさと」が発表されてちょうど100年目にあたります。その間に、日本の社会と自然は大きく変わりました。本書では、歌の歌詞を通して、過去半世紀に起きた日本の社会の変貌とその意味を考えます。

12月12日刊行
【ヤマケイ新書】
唱歌「ふるさと」の生態学 ウサギはなぜいなくなったのか?
高槻成紀著 /216頁/定価:本体800円+税<br />
【主要目次】
1章 「故郷」を読み解く<br /> 2章 ウサギ追いしー里山の変化
3章 小ブナ釣りしー水の変化
4章 山は青きー森林の変化
5章 いかにいます父母―社会の変化
6章 東日本大震災と故郷<br /> 7章 「故郷」という歌
8章 「故郷」から考える現代日本社会

【山と溪谷社】 http://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。さらに、自然、環境、エコロジー、ライフスタイルの分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
以上
________________________________________
【本リリースについてのお問い合わせ先】
株式会社山と溪谷社 井澤担当
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-11 住友不動産九段北ビル8階<br /> TEL03-6744-1911 メールinfo@yamakei.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る