• トップ
  • リリース
  • 『七つの大罪』ノベライズ2冊発売決定! 「七つの願い」とは? バンとエレインの七日間とは? 原作で描かれなかったエピソードが蘇る!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

『七つの大罪』ノベライズ2冊発売決定! 「七つの願い」とは? バンとエレインの七日間とは? 原作で描かれなかったエピソードが蘇る!

(PR TIMES) 2014年12月17日(水)12時07分配信 PR TIMES


マンガでは語られていない『七つの大罪』のエピソードゼロが明らかになる『小説 七つの大罪 ―外伝― 昔日の王都 七つの願い』、そしてコミック4巻で描かれているバンとエレインのあのエピソードを完全再現した『七つの大罪 セブンデイズ』。
『七つの大罪』ノベライズ2冊発売決定!

◆12月17日発売
小説 七つの大罪 ―外伝― 昔日の王都 七つの願い
著:松田朱夏 原作:鈴木央
2014年12月17日発売
定価:本体670円(税別) 講談社KCデラックス<br /> ISBN:978-4-06-377106-0

「リオネス王国の姫君たちや見習いの聖騎士たち。
幼き日の彼らが胸に秘めた「七つの願い」とは……。
マンガでは語られていない『七つの大罪』エピソードゼロが、小説になって始動!

【概要】
伝説の逆賊〈七つの大罪〉と、お尋ね者を追う聖騎士たち。そして〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れ、世界を変えるとびきりの冒険が始まる……。
これは、その壮大なクロニクルが幕を開けるより少し前、平和だったリオネス王国で暮らす、美しき三人の姫君と、聖騎士へと成長する少年・少女たちのエピソード。

ギルサンダーとハウザーの出会いと友情。
ギルサンダーが心に秘めたマーガレットへの思い。
第三王女・エリザベスの出生の秘密を知った姉・ベロニカの心の痛み。
ベロニカを一途に支えようとするグリアモールの思慕の念。
ギーラ、ジェリコの心に、熱い闘志が宿った幼き日の瞬間。
そして、見習い聖騎士たちが、魔力に目覚めて初めて立てたお手柄エピソード――。
マンガ原作では語られなかった、「七つの願い」が、いま初めて明かされる――。

【原作者・鈴木央先生も推薦!】
あの聖騎士たちにこんな子供時代が!? 心ほっこりワクワク必至の一冊です!!

【著者・松田朱夏さんのコメント】
元々鈴木先生の大ファンで、「大罪」も最初から読んでいたので、これは夢かしらと思いつつ、大好きな聖騎士たち+三王女の幼少時代を書かせていただきました。
読者の皆さんにももっと彼らを好きになってもらいたい!
そのお手伝いが出来れば本望です。
大罪メンバーもちらっと出ております!
よろしくお願いいたします!


◆12月26日発売
七つの大罪 セブンデイズ<br /> 著:岩佐まもる 原作・イラスト:鈴木央
2014年12月26日発売
定価:本体580円(税別)
講談社ラノベ文庫<br /> ISBN:978-4-06-375392-9

“妖精王の森”と呼ばれたブリタニアの森で、バンはエレインと出逢う--。
あの名作外伝が原作者公認小説となってより詳細に登場!

【概要】
ブリタニア北の大地にその森はあった。人々の進入を樹木そのものが拒んでいるような、その場所。
そこは『妖精王の森』と呼ばれていた。
妖精王と呼ばれた兄が姿を消してから700年。少女はたった一人でその神樹の『生命の泉』を護ってきた。
時には盗賊、時には軍隊から。
数々の別れを経験して、彼女の涙も枯れ果てた頃、一人の青年が『生命の泉』を求めて現れた---。
原作コミックでも描ききれなかったあの「7日間」を原作者鈴木央の協力を得て、小説にて完全再現!

鈴木央先生による描きおろしカラーピンナップ、描きおろしモノクロイラスト満載!

詳細はコチラ>>http://www.shonenmagazine.com/smaga/nanatsunotaizai.html



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る