• トップ
  • リリース
  • 90項目以上の調査項目によりEC企業の実態を明らかにした 『インターネット通販TOP100調査報告書2014』を本日発行

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社インプレスホールディングス

90項目以上の調査項目によりEC企業の実態を明らかにした 『インターネット通販TOP100調査報告書2014』を本日発行

(PR TIMES) 2014年11月28日(金)12時06分配信 PR TIMES


インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びパートナー出版事業、デジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、インターネット通販事業者の実態を明らかにした『インターネット通販TOP100調査報告書』の販売を2014年11月28日(金)に開始いたしました。

本書は、インプレスによるネット通販事業者の経営やサイト運営に役立つ専門情報サイト『ネットショップ担当者フォーラム』による監修のもと、日本のEC企業TOP100社の現状をまとめたものです。経済産業省の調査では、2013年のBtoC-EC市場規模は11.2兆円で、前年比17.4%増と大きく伸長しており、EC化率も3.7%と年々高まっています。2013年から2014年にかけてはスマートフォン利用や、さまざまなチャネルで消費者にアプローチし注文を受け付けるマルチチャネル戦略が進みました。今後も市場拡大とともに事業者間の競争がより激しくなってくると予想されます。
このような中、本書ではインターネット通販事業者に着目し、各事業者の詳細をカタログ形式で掲載するとともに、次のような構成で解説しています。

第1章の「市場動向」では、eコマース市場の全体動向を紹介。市場規模の推移やショッピングモールの動向、ユーザーの利用動向、サイトに対する評価、世界市場の動向などの統計データを掲載。
第2章の「主要項目データと分析」では、主要項目についてTOP100を一覧で整理。100社の売上高や出店モール、デバイス別の各種データ、提供サービス、サイトの表示スピード、ソーシャルメディア対応等を分析しています。
第3章の「TOP100社の詳細データ」では、日本のEC企業TOP100社について1ページ毎に紹介。調査は2014年9月〜11月に実施。それぞれの企業について売上やユーザー状況、訪問経路、サイトパフォーマンス、デバイス比率、海外展開、提供サービス、ソーシャルメディア、フルフィルメント、利用ベンダーなど最大で94項目にのぼります

本年度の調査結果のハイライト、及びインターネット通販TOP100調査報告書2014の仕様、発売のご案内、目次は以下のとおりです。

[主な調査結果]<br /> ■TOP100の53%が楽天市場へ出店、Yahoo!ショッピングやアマゾンを上回る
日本のインターネット通販事業者のEC売上高上位20社は資料1のとおりです。上位20社の合計売上は2兆4,411億円、上位100社では同2兆7,563億円となります。売上高トップはアマゾン、2位は日本生活協同組合連合会(全生協のネット受注合計額)、3位はカタログ通販大手の千趣会となっています。

2014年9月末時点のそれぞれのモールの出店者数は楽天が4万1718店舗、アマゾンが16万2000事業者、ヤフーは19万3000店舗、DeNAは4460店舗となっています。ただし、TOP100の出店割合を見てみると、楽天市場が53.5%でトップ、次いでYahoo!ショッピングが50.5%、アマゾンが39.6%となっています。Yahoo! ショッピングやアマゾンは月額固定費が無料のプランがあるため、個人や中小企業が出店しているケースも多いですが、EC売り上げが大きい企業は、自社サイトの他には流通額の大きい楽天市場に最も出店していることがわかります。モールにおいてはQoo10などの新興モールやポイントモールが出てきているほか、スタートトゥデイが運営するZOZOTOWNなどもモール化を進めており、今後専門モールが増えてくる可能性も考えられます。


*:インプレス総合研究所推計、#:決算資料等による数値、無印:アンケート回答による数値、※:決算期変更により9か月決算
資料1 EC売上高上位20事業者


資料2 上位100社のモールへの出店比率

[調査報告書の仕様および販売に関するご案内]<br /> 書名 :インターネット通販TOP100調査報告書2014
監修 :ネットショップ担当者フォーラム
編者 :インプレス総合研究所
発行所 :株式会社インプレス<br /> 発売日 :2014年11月28日(金)
価格 :CD(PDF)版 68,000円(税別)
CD(PDF)+冊子版 78,000円(税別)
判型 :A4判<br /> ページ数 :200ページ<br />
本調査報告書の詳細とご予約は右より以下のWebページをご覧ください。 https://r.impressrd.jp/iil/shop2014

【調査報告書 購入に関するお問い合わせ先】
株式会社インプレス 法人営業局 営業統括部 調査報告書担当
E-mail:report-sales@impress.co.jp TEL:03-6837-4631


[インターネット通販TOP100調査報告書2014]<br /> はじめに<br /> 第1章 市場動向
1.1 市場規模の推移<br /> 1.1.1 順調に拡大するEC市場<br /> 1.1.2 今後の見とおし
1.2 ネットショッピングモールの動向
1.2.1 勢力を拡大するニ強<br /> 1.2.2 Yahoo! ショッピングの動向
1.3 ユーザー動向
1.3.1 オンラインショッピング利用率
1.3.2 購入金額
1.3.3 スマートフォンへのシフト
1.3.4 購入した商品のジャンル<br /> 1.4 ユーザー評価<br /> 1.5 世界動向

第2章 主要項目データと分析
2.1 売上
2.1.1 TOP100インターネット通販事業者
2.1.2 商材別売上高ランキング<br /> 2.1.3 対前年比ランキング<br /> 2.1.4 売上増加ランキング<br /> 2.1.5 業態別売上高ランキング<br /> 2.1.6 EC率(インターネット通販売上高/総売上高)
2.2 出店モール<br /> 2.3 デバイス<br /> 2.4 サービス<br /> 2.5 マーケティング<br /> 2.5.1 登録している価格比較サイト
2.5.2 広告予算の形態
2.6 ソーシャルメディア<br /> 2.7 モバイルサイトの表示スピード調査<br /> 2.7.1 Amazonが発表したWeb表示スピードへの崇拝
2.7.2 調査概要
2.7.3 調査結果1:モバイルサイトの構築方法
2.7.4 調査結果2:モバイルサイト及びPCサイトの表示速度<br /> 2.7.5 調査結果3:遅すぎる日本のeコマースサイト

第3章 TOP100社の詳細データ<br /> 調査概要
企業別データ<br /> (掲載企業)アマゾンジャパン/千趣会/ニッセンホールディングス/デル/ディノス・セシール/ヨドバシカメラ/上新電機/楽天/イトーヨーカ堂/キタムラ/ヤマダ電機/ディーエイチシー/コープみらい/ジャパネットたかた/ビックカメラ/スタートトゥデイ/セブン&アイ・ネットメディア /QVCジャパン/MOA/ジュピターショップチャンネル/ファーストリテイリング/ソニーマーケティング/フェリシモ/エプソンダイレクト/ピュアクリエイト/アベルネット/イオンリテール/生活協同組合コープこうべ/爽快ドラッグ/丸井/生協パルシステム東京/オルビス/コジマ/アイリスプラザ/ファンケル/TSI EC ストラテジー/ローソンHMVエンタテイメント/コメリ/ソフマップ/オイシックス/ノジマ/T-MEDIAホールディングス/ベルーナ/ケンコーコム/エヌ・ティ・ティ レゾナント/ドスパラ/ユナイテッドアローズ/良品計画/ニトリ/ワールド/アスクル/オートウェイ/ディーケイシー/ オークローンマーケティング/エディオン/マガシーク/マウスコンピューター/ユーキャン/Project White/ポイント/大網/ドクターシーラボ/エーツー/ケーズホールディングス/ストリーム/ZIPIA/アンファー/ムラウチドットコム/三越伊勢丹/カクヤス/チャーム/スクロール/ディーライズ/ファッション・コ・ラボ/高島屋/ベネッセコーポレーション/シュッピン/テレビショッピング研究所/サウンドハウス/カタログハウス/ゴルフダイジェスト・オンライン/キャラアニ/ユニットコム/バロックジャパンリミテッド/アーバンリサーチ/アイ・アンド・ティー/ライフワン/ロイヤル/クルーズ/ピーチ・ジョン/ベンチャービットスクウェア/虎の穴/イノベート/ベガコーポレーション/夢展望/コメ兵/ライオン/ワンステップ/やずや/デジタルアライアンス/サンワカンパニー/ロコンド/ナチュラム・イーコマース/ブックオフオンライン/アイエス・トレーディング/ネオ・ウィング/ジェネレーションパス/クオカプランニング/ぼん家具/ドライブマーケット/ヤサカ電気/家電のSAKURA/タイセイ<br />
【株式会社インプレス】 http://www.impress.co.jp/
シリーズ累計6,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレス インプレス総合研究所 担当:柴谷
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目105番地<br /> TEL:03-6837-4621 FAX:03-6837-4638
電子メール:report-info@impress.co.jp、URL:https://r.impressRD.jp/iil/



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る