• トップ
  • リリース
  • ビッグデータが注目される、その理由をやさしく解説します!マイナビ新書 『進撃のビッグデータ』 6月21日(土)発売

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社マイナビ

ビッグデータが注目される、その理由をやさしく解説します!マイナビ新書 『進撃のビッグデータ』 6月21日(土)発売

(PR TIMES) 2014年06月18日(水)11時22分配信 PR TIMES

「結局、ビッグデータってなに?」と思っている人に向けた入門書<br />
株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区)は、マイナビ新書『進撃のビッグデータ』を6月21日(土)に発売します。
ここ数年、「ビッグデータ」という言葉がビジネスの世界を賑わせています。ビッグデータとは、その名の通り“巨大なデータ”で、最大の特徴はそれらを分析することで「思いもよらない関係性を浮かびあがらせる」ことと、「未来予測ができる」ことのふたつです。すでに様々な企業がビッグデータ分析の手法を取り入れ、サービスに生かしています。IT・システム業界だけでなく、企業経営者やマーケティング担当者から非常に高い注目を集めています。

本書は、「ビッグデータという言葉はよく聞くけれど、結局なんだかよくわからない」という人が主な読者対象です。ビッグデータの関連本は多数発売されていますが、本書はITや統計学、データ分析にあまりなじみがない人に向けて、なぜ今ビッグデータが注目を集めているのかをITジャーナリストの牧野武文氏がわかりやすく解説しています。

===============================================
〜なぜ、今ビッグデータなのか? 本書を読めば、こんなことがわかります〜
●ビッグデータを活用できない企業に未来はない!その理由<br /> ●回転寿司はなぜ350メートル進んだら廃棄するのがよいのか?某寿司チェーン店が導き出したその手法
●企業は今後、データ分析の専門家「データサイエンティスト」の社内育成が必要になる、その理由<br /> ===============================================

著者コメント(本書まえがきより)
「本書は(ビッグデータの)もやもやをはっきりとさせ、ビッグデータの基本を抑えることを念頭に執筆しました。本書をお読みいただいて、まずあなたの頭の中でビッグデータのカタチをはっきりとさせることができれば、スムーズにビッグデータ活用の道が見えてくると思います」


《著者プロフィール》牧野武文(まきの・たけふみ)
IT ジャーナリスト。IT ビジネスやテクノロジーについて、消費者や生活の者の視点からやさしく解説することに定評がある。著書に『インターネット社会の幻想』(アルク新書)、『グラフはこう読む!悪魔の技法』(三修社)、『ゲームの父・横井軍平伝』(角川書店)、『Google の正体』(マイナビ新書)など多数。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<br /> 《書誌情報》
書 名:『進撃のビッグデータ』(マイナビ新書)
著 者:牧野武文
価 格:918円(税込)
ISBN :978-4-8399- 4961-7
判 型:新書判  224ページ<br /> 発売日:2014年6月21日(土)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<br />
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ 社長室 広報部<br /> TEL.03-6267-4155  FAX.03-6267-4050
e-mail:koho@mynavi.jp

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る