• トップ
  • リリース
  • BSジャパン「松本清張ミステリー時代劇」4月7日(火)夜9時放送スタート

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社テレビ東京ホールディングス

BSジャパン「松本清張ミステリー時代劇」4月7日(火)夜9時放送スタート

(PR TIMES) 2015年04月06日(月)16時57分配信 PR TIMES

第1話は武田真治主演「流人騒ぎ」 第2話は星野真里主演「七種粥」 第3話は雛形あきこ主演「役者絵」

BSジャパンでは、サスペンスの名手・松本清張が手がけた時代小説の連作短編集から、映像化に特に適した12作品を1話完結でドラマ化。各話に個性派演技俳優を配し、時代を超えた人間描写の深さや、次が読めない展開の面白さなど、「清張ミステリー」の醍醐味を余すところなくお届けします。
■水先案内人(語り部):佐々木蔵之介
[画像1: http://prtimes.jp/i/2734/370/resize/d2734-370-317187-0.jpg ]

【佐々木蔵之介コメント】
このドラマは1話ごとに筋書きが変わりますが、私は視聴者にわかりやすく前置き解説をする「水先案内人」の役目となります。何本か台本を読んでいくうちに、すごく面白くて興奮しました。ストーリーが予定調和にまとまっていない感じ。落ちも余韻で終わらず、カットアウトの感じが心地よかったです。登場人物もどれも個性的で、演じる役者の方々も芝居のやりがいがあるだろうなと思いました。「収まっていない感じ、はみ出ている感じ、テーマも突っ込んだ感じ」が、地上波にはない、BSならではのテレビドラマっぽさが出るのではないかと、仕上がりを期待しています。時代劇だからこそできる「闇」の描き方など、必見のドラマになると思います。


■第1話 「流人騒ぎ」(4月7日放送)
[画像2: http://prtimes.jp/i/2734/370/resize/d2734-370-336613-1.jpg ]

【出演】
武田真治 渡辺いっけい 福田沙紀 大浦龍宇一 遊井亮子 新井康弘

【あらすじ】
役人の不手際によって長きにわたり八丈島にいる無宿人・忠五郎(武田真治)が、誘いに乗って流人仲間である坊主の覚明(渡辺いっけい)とともに島抜けを試みる。島の女・くす(福田沙紀)との切ない恋を交えた脱出サスペンス。


[画像3: http://prtimes.jp/i/2734/370/resize/d2734-370-858188-2.jpg ]

【武田真治コメント】
今年、俳優生活25周年を迎え、時代劇は今回が初主演となります。とても新鮮な気持ちです。役所の不手際のため、島流しに遭ったまま江戸に戻れないという不条理。流れ着いた島で、そこを故郷として暮らす島の娘・くすを募っていく思い。さらに、島からの脱出を企てた時の仲間の裏切りや人間の残酷さなど、この作品には現代にも通じる普遍的なテーマが凝縮されていると思います。忠五郎の苦悩・決断・行動を精いっぱい演じさせていただきます。


■第2話 「七種粥」(4月14日放送)
[画像4: http://prtimes.jp/i/2734/370/resize/d2734-370-274461-4.jpg ]

【出演】
星野真里 田中幸太朗 川野太郎 布施博 西尾まり 志村東吾<br />
【あらすじ】
問屋の後妻・美しい千勢(星野真里)と美男の番頭・忠助(田中幸太朗)がねんごろになった頃、七草にトリカブトを混ぜて彼らの主人が殺害された。その後、二人は身代を手に入れようと、邪魔な者たちを消そうとするのだが…。
[画像5: http://prtimes.jp/i/2734/370/resize/d2734-370-597364-5.jpg ]

【星野真里コメント】
時代劇での主演は今作が初めてです。松本清張作品は、細かい役を入れますと、これまでに7作演じており(「けものみち」「霧の旗」「指」「点と線」「強き蟻」「黒の奔流」「山峡の章」)、今回で8作目となります。時代劇だからこそ描かれる人の欲深さを、猫をかぶることなく、生々しく表現したいです。妊娠6カ月を迎えた今、自分の体の変化・環境の変化が未知過ぎて&hellip;考えても不安になるだけなので、今は変わらず楽しく働くのみです!

■第3話 「役者絵」(5月5日放送)
[画像6: http://prtimes.jp/i/2734/370/resize/d2734-370-344965-6.jpg ]

【出演】
雛形あきこ 松田悟志 桜木健一 宅間孝行

【あらすじ】
お寺のお灸で出会った、囲われ者の妖艶な女・お蝶(雛形あきこ)と人足の宗太(松田悟志)。二人にとって、彼らを長く縛り続ける主人・六右衛門(桜木健一)は目の上のたんこぶだった。その主人が殺され、大金が奪われる。二人は駆け落ちを試みるが、岡っ引き・文五郎(宅間孝行)の仕掛けたトラップに嵌ってしまい…。

※「松本清張ミステリー時代劇」は、毎月第1・第2火曜夜9時放送。
  毎月第3・第4・(第5)火曜夜9時は「〜時代劇がもっと楽しくなる〜 大江戸ゼミナール」を放送します。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る