• トップ
  • リリース
  • 資生堂、成田国際空港の新ターミナルビルに免税店をオープン

プレスリリース

  • 記事画像1

資生堂、成田国際空港の新ターミナルビルに免税店をオープン

(PR TIMES) 2015年04月06日(月)13時51分配信 PR TIMES


 資生堂は、4月8日(水)に開業する成田国際空港3旅客ターミナルビル2階の免税エリア「Fa-So-La DUTYFREE」に、資生堂の子会社「株式会社 ザ・ギンザ」を通じて免税店をオープンします。格安航空会社(LCC)のターミナルとなる当該ビルにおいて、訪日観光客の増加に伴い伸長するトラベルリテール(TR)への対応を強化することで、主にアジア諸国のお客さまとの接点拡大を目指します。

《国内におけるTRの状況》
 空港等で免税事業を行うTRは、世界的な旅行需要の高まりを受け伸長傾向にあります。国内では、円安や相次ぐLCCの就航等を背景に、2014年に訪日観光客が過去最高の1,300万人超を記録しました。
 資生堂の国内TR事業は、子会社の「株式会社ザ・ギンザ」が運営し、全国の空港23施設43店舗で展開しています。2014年に免税対象が化粧品にも拡大されたことや訪日観光客増加の影響などにより、店頭売上は前年比4割増※と好調に推移し、化粧品のインストアシェア第1位※を獲得しています。
 成田国際空港には既に第1旅客ターミナルビル、第2旅客ターミナルビルに計8店舗の免税店を構えており、店頭売上は第1旅客ターミナルビルの5店舗で前年度比2割増※、第2旅客ターミナルビルの3店舗で前年度比4割増※の実績です。
※ 2014年10月-2015年2月 (株)ザ・ギンザ調べ<br />
 今回オープンする第3旅客ターミナルビルの店舗では、出国審査通過後の正面という好ロケーションを生かし、プロモーションスペースや空港限定セット品のコーナーを充実させます。取り扱い商品はLCC利用者のニーズに応えてグローバルで展開するブランドを取り揃え、美容の専門知識を得た「Fa-So-Ra DUTYFREE」の店舗従業員が資生堂専属の担当者として接客します。

【資生堂免税店概要】
1. 場所 成田国際空港第3旅客ターミナル2階 免税エリア「Fa-So-La DUTYFREE」内
2. 売り場面積 19,5m2
3. 販売開始 4月8日(水) 営業時間はフライトスケジュールに合わせる
4. 取扱いブランド グローバルブランド「SHISEIDO」、「エリクシール」など全24ブランド
5. 特長<br />  ・季節や新製品発売などに合わせたプロモーション展開
 ・お土産として人気が高い限定セット品の品揃え
 ・空港限定セット品コーナーの設置<br /> [画像: http://prtimes.jp/i/5794/315/resize/d5794-315-466370-0.jpg ]



【株式会社 ザ・ギンザ】
1. 所在地 東京都中央区銀座7丁目8番10号<br /> 2. 主な事業内容 化粧品事業 オリジナル化粧品の開発・企画・販売・卸<br />          セルジュ・ルタンスブランドの輸入販売・卸<br /> 直営店及び国内空港免税売店での資生堂化粧品販売
コットン事業 フェイシャルコットンの商品開発・企画・販売<br /> 3. 資本関係 株式会社資生堂の子会社<br /> 4. 責任者 代表取締役社長 並河 伸夫


▼ ニュースリリース<br /> http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2419-j.pdf?rt_pr=tr309

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr309

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る