• トップ
  • リリース
  • 「クリスマスケーキ&シュトーレン2014」 2014年10月1日(水)より予約受付開始!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社東急ホテルズ

「クリスマスケーキ&シュトーレン2014」 2014年10月1日(水)より予約受付開始!

(PR TIMES) 2014年09月12日(金)10時00分配信 PR TIMES

日本とフランスのシェフパティシエがプロデュース クリスマスに笑顔をお届けするケーキ&シュトーレン<br />
セルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区、総支配人:野々部孝司)では、技術提携をしているフランスのシェフパティシエ「ローラン・ジャナン」と当ホテルのシェフパティシエがプロデュースするクリスマスケーキとシュトーレンの予約受注を2014年10月1日(水)より開始いたします。ローラン・ジャナンの「デリス・ド・ノエル2014」は1台5,800円、シェフパティシエ牧野太志の「ヴォヤージュ・ド・ノエル 2014」は1台4,500円、ベーカーシェフ三沢徳明の「シュトーレン2014」は1本2,800円にて販売をいたします。
「デリス・ド・ノエル2014」は、パリの老舗ホテル「ホテル・ル・ブリストル パリ」のシェフパティシエであるローラン・ジャナンがプロデュースしたクリスマスケーキです。2011年には「パティシエ・オブ・ザ・イヤー」を、2013年にはフランス共和国政府より「農事功労章―シュヴァリエ」を受章するなど、国内外にて活躍中のスターパティシエであるローラン・ジャナン。その華々しい功績とは相対するような、素朴でやさしい雰囲気のクリスマスケーキに仕上がりました。ジャナン氏の作風は、日常の中で見聞したさまざまな風景や、体験、素材への愛情をストーリー仕立てでデザートやケーキで表現することが特徴的です。今年はジャナン氏本人が森に出かけたときに見つけた薪をモチーフに型を作り、木の実(ヘーゼルナッツ)の香りが口に入れた瞬間に広がるケーキとなっております。モダンなデザインでありながら森や木のぬくもりがそのまま伝わってくるような温かみのある作品です。

「ヴォヤージュ・ド・ノエル 2014」は、当ホテルのシェフパティシエ、牧野太志が考案いたしました。クリスマスのひとときに、そりに乗ったスノーマンが“夢と希望のプレゼント”を乗せて旅に出る様子をテーマに、箱を空けた瞬間に笑顔が飛び出すようなデザインにこだわりました。白いソリはホワイトチョコーレートでできておりますので、ケーキと一緒にお召し上がりいただくことも可能です。マスカルポーネチーズでできたムースの食感がやさしいケーキとなっておりますので、お子さまから大人の方までお楽しみいただける作品となっております。

「シュトーレン2014」は、ドイツに伝わるクリスマスの伝統菓子で、ベーカーシェフの三沢徳明が丁寧に焼き上げてご用意いたします。ドイツではこのお菓子をクリスマスの4週間前から薄く切り分けてクリスマスを待ち望むという慣習があり、薄く切ってそのまま召し上がっても、チーズなどと合わせてオードブルとしても楽しめるように、ドライフルーツやクルミをふんだんに詰め込み、しっとりとした食感が特徴のシュトーレンに仕上げました。


「クリスマスケーキ&シュトーレン2014」販売概要
■商品名および販売価格<br /> 1.ローラン・ジャナンプロデュース「デリス・ド・ノエル2014」5,800円 <長さ18cm×奥行10cm高さ7.5cm>
2.「ヴォヤージュ・ド・ノエル2014」4,500円 <長さ20cm×奥行9.5cm×高さ13cm>
3.「シュトーレン2014」2,800円 <長さ17cm×奥行11.5cm×高さ7.5cm>
※料金はいずれも消費税込。
■販売場所
ペストリーショップ(LBF)
■予約期間
2014年10月1日(水)〜12月15日(月)まで受付
■早期予約特典<br /> 【公式HPネット予約限定】2014年10月31日(金)までに「デリス・ド・ノエル2014」または「ヴォヤージュ・ド・ノエル2014」をご予約の方に、ホテルパンをプレゼントいたします。
■お渡し日<br /> 「デリス・ド・ノエル2014」&「ヴォヤージュ・ド・ノエル2014」=2014年12月16日(火)〜12月25日(木)
「シュトーレン2014」=2013年12月1日(月)〜12月25日(木)
■予約方法
電話 03-3476-3000(代)ペストリーショップまたはインターネットhttp://www.ceruleantower-hotel.com


「クリスマスケーキ&シュトーレン2014」商品概要
【デリス・ド・ノエル2014】 Delice de Noel 2014

ローラン・ジャナンが森に出かけたときに見つけた薪をモチーフに ダックワース生地でフランボワーズの果実とベリー、ヘーゼルナッツのムースを包んだロールケーキに仕立てました。ヘーゼルナッツのバタークリームも軽やかで、別添えのラズベリーソースをかけて甘さと酸味のマリアージュもお楽しみください。


【ヴォヤージュ・ド・ノエル2014】Voyage de Noel 2014

イチゴのジュースを含ませたスポンジとミックスベリーのゼリーをマスカルポーネチーズの優しいムースで包みました。サブレ・ブルトンの塩味とサクサクとした食感もアクセント。イチゴとベリーをふんだんに乗せたホワイトチョコレートのそりに乗り、スノーマンがクリスマスの食卓に夢と希望をお届けするシーンをイメージした作品です。
【シュトーレン2014】Stollen 2014

4週間前より薄く切り分けて楽しみながらクリスマスを待ち望むというドイツの伝統菓子シュトーレン。ドライフルーツとクルミを香り高いお酒に漬け込み、クリスマスの時期に風味が高まるよう丁寧に準備いたしました。紅茶や洋酒との相性もよいのが魅力。ご家族だけではなく、ご友人とのクリスマスパーティーのおもたせとしてもおすすめです。


【シェフのプロフィール紹介】
◆ローラン・ジャナンLAURENT JEANNIN 「ホテル・ル・ブリストル パリ」シェフパティシエ<br />
「フォション」「オテル・ド・クリヨン」「フォーシーズンズホテル・ジョルジュサンク」を歴任してきたフランスを代表するパティシエのひとり。現在は高級ブティックが軒を連ねるパリ「フォーヴォール・サントノーレ通り」に建つ老舗ホテル「ホテル・ル・ブリストル パリ」にてデザート部門を一手にプロデュースしている。「ミシュランガイド フランス2009」にてブリストルが3つ星に昇格したことに貢献する。セルリアンタワー東急ホテルとは2002年より技術提携を結ぶ。来日の度にパリの最新デザートを東京に発信し続けており、年に1度の来日を楽しみにしているファンも多い。自身の技術と感性を伝えることで、日本とフランスの若手パティシエの育成にも努めている。2011年にフランスで開催された「ザ・シェフ・トロフィ・ガラ」にて「パティシエ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。2013年、「農事功労章―シュヴァリエ」を受章。


◆牧野 太志 FUTOSHI MAKINO 「セルリアンタワー東急ホテル」シェフパティシエ<br />
パリやルクセンブルグの銘店にて修行後、2003年9月、当ホテルのシェフパティシエに就任。各レストランやラウンジ、宴会や結婚披露宴で提供しているホテル内の全てのデザート部門を担っている。2007年、その技術と感性が認められ、「アンドレ・ルコント杯」にて優勝。さまざまなお客さまが色々な目的で集まる「ホテルのパティシエ」であることにこだわり、「お菓子作りが化学を学ぶように楽しい」と語る。季節感やオリジナリティを追求した斬新なスイーツを紹介している。


◆三沢 徳明 NORIAKI MISAWA 「セルリアンタワー東急ホテル」ベーカーシェフ

東京の製菓学校を卒業し、ブーランジェ(パン職人)を志し、製パンの世界に入る。卒業後はベーカリー店での勤務後、2001年セルリアンタワー東急ホテル入社。フランスでの修行を経てベーカーシェフに就任。北海道出身で、故郷の広大な大地と自然に育まれた自由で大胆な感性が日々のパン作りのベースとなっている。「パンは生きているもの。毎日素材そのものと対話しながら捏ねて、成型してベストなタイミングで焼き上げることを意識しています。生きている物だからこそ、毎日同じパンでも焼きあがりに変化がでます。納得できるものだけ、店頭にお出ししております」とこだわりを語る。作り上げるパンは活き活きとしていて食べた人が幸せになるあたたかさと、ファンも多数。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る