• トップ
  • リリース
  • 【LINE】エンジニアを対象にした初の大規模技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」を開催

プレスリリース

  • 記事画像1

【LINE】エンジニアを対象にした初の大規模技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」を開催

(PR TIMES) 2015年04月02日(木)15時24分配信 PR TIMES

展開が加速するグローバルプラットフォーム「LINE」のエンジニアリングを語る
LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、エンジニアの皆さまを対象に、無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」など当社が運営するサービスの技術領域についてご紹介する、初の大規模技術カンファレンス「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」を2015年4月28日(火)に渋谷ヒカリエホール(東京都渋谷区)において開催いたします。

■「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」公式サイト:http://linedevday.linecorp.com/jp/2015
[画像: http://prtimes.jp/i/1594/303/resize/d1594-303-934792-0.jpg ]



LINEは、全世界での月間アクティブユーザー数(MAU: Monthly Active User)が1億8,100万人*1を超え、メッセージ・スタンプを利用したコミュニケーションの送受信回数は、最大170億件/日*2を記録するなど、グローバルコミュニケーションサービスとして利用が拡大しています。また、現在60を超える関連サービスを提供し、O2O・決済・エンターテイメント・デジタルコンテンツ・マーケティングなど、様々な側面を持つプラットフォームとして成長が加速しています。
*1:2014年12月数値(2015年1月の公表値)
*2:2015年3月末時点での最大値<br />
このたび開催する「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」では、LINE初となる社内外のエンジニアを対象に、約500名の参加を予定する大規模技術カンファレンスです。グローバルでサービスを展開する中、各国の様々な環境下でどのように開発や運営上の問題点を発見・分析・対応を行っているかといった包括的なテーマから、LINE上の膨大なコミュニケーションを処理するストレージの可用性を高めるための取り組み、グローバルなネットワーク環境と複数OSに対応するためのプラットフォーム開発戦略まで、当社エンジニアチームの様々な経験をお話いたします。

また、LINEとTV番組の連動システムについて、実装方法やインフラ設計、放送運行など、LINE ビジネスコネクト*3を活用した事例を株式会社テレビ東京コミュニケーションズの担当者にお話いただくゲスト講演セッションや、登壇者による座談会、来場者も交えた懇親会など、御来場のエンジニアの皆さまと共に知見を深める場をご用意いたしております。
*3:LINEが提供するAPIを利用し、LINEのシステムと利用企業のシステム間においてメッセージなどの送受信を行うことで、企業とユーザー間の1to1・双方向コミュニケーションを可能にする法人向けサービスです。


【「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」開催概要】
開催日時:4月28日(火) 10:30〜19:00(10:00開場) / 懇親会:19:00〜21:00
場所:渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール<br /> 参加費:無料
対象:スマートフォン開発エンジニア、サーバサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、インフラエンジニア、セキュリティエンジニア、ゲーム開発エンジニア、その他 Webエンジニア・プログラマ
定員:400名(応募者多数の場合は、抽選となります。)

登壇予定者: LINE株式会社 代表取締役社長 出澤 剛
LINE株式会社 上級執行役員 CTO(Chief Technical Officer) パク イビン<br /> LINE株式会社 上級執行役員 サービス開発担当 池邉 智洋 ほか

※イベント内容の詳細および一般参加申し込みは、「LINE DEVELOPER DAY_2015 Tokyo」公式サイト( http://linedevday.linecorp.com/jp/2015 )にてご確認ください。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る