プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

阪急阪神ホールディングス株式会社

買えるエディ・スリマン、全部見せます!

(PR TIMES) 2014年08月01日(金)17時10分配信 PR TIMES

デザインに携わる人たちがいま最も注目するサンローランのクリエイティブ・ディレクター、エディ・スリマン。Pen最新号は、ベールに包まれたそのクリエイションの源泉に迫ります。エディ・スリマンの買えるアイテムをすべて紹介する別冊付録は必読!

2012年にサンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任したエディ・スリマン。その動向は、ファッション界のみならず、デザインに関わる人たちから常に注目の的となりながら、彼は自身のクリエイションについて多くを語ることをせず、私生活も謎に包まれたまま。

モードの破壊者なのか、それとも救世主なのか。

『Pen』(発行・阪急コミュニケーションズ)(http://bit.ly/17gaBXx)の最新号は、そんなエディ・スリマンを1冊まるごと大特集。孤高のデザイナーに迫ります。

なかでも見逃せないのが、現在買えるエディ・スリマンの全アイテムを紹介する別冊付録。ハンドブックとして持ち歩けば、ショッピングの参考になるはず。

また、9月にパリのピエール・ベルジェ=イヴ・サンローラン財団で開かれる写真展「SONIC」の一部もいち早く紹介します。フォトグラファーでもあるエディが、拠点とするLAで撮りおろしたミュージシャンや若者たちの貴重な写真を誌上で特別に早出し公開します。


ページをめくれば、「エディ・スリマンとは何者か」が見えてくるはずです。

<目次より>
エディ・スリマンとは何者か?
最速! 15年春夏コレクション一挙公開します。
キーワードから、クリエイションをひも解く。
そこには、ムッシュへのオマージュがあった。
気鋭アーティストとのコラボで生まれた名作。
サンローラン リフォームプロジェクトとは。
モノトーンが織りなす、魅惑のストアに初潜入。
クリエイションの源は、“ロック”への憧憬。
サンローランの“顔”となった、ミュージシャン<br /> ランウェイを彩る、サンローラン・ボーイたち。
エディ・スリマン写真展の一部を初公開!

◆別冊付録<br /> 買えるエディ、全アイテム


Pen8/15号(8月1日発売)
http://bit.ly/1lhGA1Z
特別定価:700円(税込)

お問い合わせ先:
株式会社 阪急コミュニケーションズ<br /> 販売局 営業推進部<br /> TEL:03-5436-5726 MAIL:hp_info@hankyu-com.co.jp
http://bit.ly/171TcFd

発行元:阪急阪神ホールディングス<br />     大阪市北区芝田1-16-1



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る