プレスリリース

  • 記事画像1

キヤノンITソリューションズ株式会社

「3D PDFドキュメント制作サービス」を開始

(PR TIMES) 2015年04月07日(火)10時48分配信 PR TIMES

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久 以下、キヤノンITS)は、3Dソリューション事業のさらなる拡充を目指し、お客さまの3Dモデルデータ(以下、3Dデータ)から3D PDFドキュメントを制作する受託型サービスの提供を、2015年4月7日より開始します。
キヤノンITSは、MR(Mixed Reality)システム「MREAL」の販売や、CAD/CAM/CAE/PDMの販売、関連するコンサルティングサービスやシステム開発など、設計・製造分野において幅広く3Dソリューション事業を展開しています。その経験とノウハウをもとに、3Dデータの活用領域を拡大させるサービスとして、「3D PDFドキュメント制作サービス」の提供を開始します。

従来、製造業などでは、設計・製造部門で作られた3Dデータが部門内に留まり、CADソフトを持たないサポート部門や商品企画部門などでは、3Dデータが活用されにくいといった状況がありました。このため、サービスマニュアルや商品カタログ制作の際には、サポート部門や商品企画部門が、他のグラフィックソフトを使って新たに画像を作り直すなど、非効率な業務の発生が課題となっていました。

3D PDFは、CADソフトなどで作成した3Dデータを、Adobe Reader上でインタラクティブに操作・再生できるように埋め込んだPDFドキュメントです。ユーザーが見たい角度で3Dデータを表示したり、3Dデータにアニメーションを加えて再現するなど、3Dデータを活用した表現力豊かなコンテンツを、Adobe Readerだけで閲覧できます。さらに、3D PDFはデータ容量も非常に小さいため、さまざまなシーンで3Dデータの活用が可能となります。企業が3D PDFを採用することで、ものづくりにおける効率的な3Dデータ活用の可能性が、大きく広がります。

キヤノンITSは、3DデータのPDFへのコンバートや、アニメーション機能などを付加した見栄えよい3D PDFドキュメントの制作など、ノウハウが必要で業務負荷の高い作業をお客さまに代わって行い、これによりお客さまにおける3Dデータ利活用の促進を支援します。また、今後はさらにサービスを拡充し、付帯するクラウドサービスやBPRコンサルティングサービスを行うことで、3D PDFの制作および関連サービスで、3年後に3億円の売上を目指します。
[画像: http://prtimes.jp/i/1375/219/resize/d1375-219-272514-0.jpg ]



■サービス概要
お客さまの要望に沿った3D PDFドキュメントを制作します。事前のヒアリング作業、3D PDFドキュメント制作以降の、データ管理に関するコンサルティングやシステム開発など、付帯する作業も提案します。

■サービス体制<br /> 製造業にとって3Dデータは重要な機密情報です。国内外の多くの大手製造業から3Dモデリング作業を受託してきたキヤノンITSでは、過去の経験とノウハウによって、お客さまの情報を安全に管理しながら、事前ヒアリング、データ検証、3D PDF ドキュメント制作作業、編集加工作業など、3D PDF作成に関する一連の作業を、責任を持ってスピーディに実施します。

■販売開始日<br /> 2015年4月7日(火)より

■主要サービス・製品の価格<br /> <3D PDFドキュメント制作サービス> モデル価格:8万円〜/A4 1シート(※)
<その他付帯サービス> モデル価格:別途ご相談
(※)モデル価格は目安の価格です。3Dデータの容量、種類、付加させるアニメーションなどの有無等によって価格は変動します。


※ Adobe、Acrobat、およびReaderは、Adobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ その他の記載されている会社名および商品名等は、一般に各社の商標または登録商標です。


■一般の方のお問い合わせ先
キヤノンITソリューションズ株式会社<br /> エンジニアリングソリューション事業本部 事業推進部<br /> 03-6701-3449

■「3D PDFソリューション」紹介ページ<br /> http://www.canon-its.co.jp/es/3dpdf/

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る