• トップ
  • リリース
  • 「蚊が媒介する感染症リスクを軽減したい」という想いのもと、WHO公式推奨の蚊帳を開発

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

「蚊が媒介する感染症リスクを軽減したい」という想いのもと、WHO公式推奨の蚊帳を開発

(PR TIMES) 2014年06月20日(金)17時59分配信 PR TIMES

6月21日、「トップバリュ オリセット(R)ネット」をベトナムとカンボジアで同時発売


イオンは、住友化学株式会社の技術協力のもと、感染症を媒介する蚊に対する殺虫効果・忌避効果を持った蚊帳「トップバリュ オリセット(R)ネット」を、6月21日(土)よりベトナム及びカンボジアのGMS「イオン」で発売します。

当商品に使用している殺虫・忌避効果には、「コントロール・リリース」と呼ぶポリエチレンに殺虫剤を練りこみ薬剤を徐々に表面に染み出させる技術が使われています。住友化学の開発した当技術は、2001年に世界保健機関(WHO)から世界で初めて長期残効蚊帳としての性能が認められ、同技術を使用したネットの使用が推奨されています。

ベトナムやカンボジアなどのアセアン諸国では、4割以上の人々がマラリアやデング熱に感染するリスクのある地域に居住しているといわれています。特にデング熱はいずれの国でも数年毎に大流行が発生しています。

イオンはイオングループ中期経営計画(2014〜2016年度)において、グループ共通戦略のひとつに「アジアシフト」を掲げ、アセアン各国や中国においてグループ一体となった成長戦略を推進しています。商品開発においても、イオンのブランド「トップバリュ」を現地で開発し現在積極的な拡販を推し進めています。このたびの「トップバリュ オリセット(R) ネット」は、アセアン地域のお客さまの安全・安心で健康な暮らしに貢献したいと願うイオンと住友化学との想いが合致し実現したものです。

これからもイオンは、絶えず革新し続ける企業集団として、地域の皆さまの“夢のある未来”に向けた豊かな暮らしづくりに努めてまいります。


【「トップバリュ オリセット(R)ネット」概要】

・商品名 トップバリュ オリセット(R)ネット

・規格<br />  Mサイズ(シングルベッド用)幅130×奥行200×高200cm
 Lサイズ(ダブルベッド用) 幅210×奥行200×高200cm

・売価<br />  ベトナム: M 399,000ドン(19ドル) L 599,000ドン(28.5ドル)
 カンボジア: M 25ドル、 L 35ドル<br />
・発売日 2014年6月21日(土)

・展開店舗 イオンベトナム、イオンカンボジアの「イオン」店舗(6/21現在、合計2店舗)

・販売会社 イオントップバリュ(タイランド)株式会社<br />
・販売目標 年間10,000セット

・商品特徴

(1)感染症を媒介する蚊に対する殺虫効果、忌避効果あり。殺虫剤は繊維の樹脂に直接練り込みをしているため、殺虫剤での再処理が不要且つ洗濯可能で、効果は5年持続(*)。

(2)殺虫剤による忌避などの効果が得られることからメッシュは大きめのサイズに設計されており風通しが良い。通常の蚊帳にありがちな息苦しさを解消。

(3)仮に蚊がメッシュを通過した場合でも、殺虫剤に接触することで刺す能力が喪失。


(4)丈夫なポリエチレン・モノフィラメントによるラッセル織りで、伸縮性と耐久性が高い。

(5)殺虫剤は繊維樹脂に練りこまれているため、ごく一部の効力発揮に必要な薬剤が、一定のスピードで徐々に表面に染み出る設計となっている。


* 効果の持続性は、実際の蚊帳の使用環境や洗濯方法などによって異なります。

以上



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る