• トップ
  • リリース
  • 業務用スピーカーシステム“XY Series”に新モデル4機種とホワイトモデルを追加

プレスリリース

  • 記事画像1

パイオニア株式会社

業務用スピーカーシステム“XY Series”に新モデル4機種とホワイトモデルを追加

(PR TIMES) 2014年09月10日(水)16時28分配信 PR TIMES

〜業務用スピーカーのラインアップを拡充し、クラブなど多様な設置環境により柔軟に対応〜

 パイオニアは昨年、クラブ向けフロアスピーカー“GS-WAVE Series”と中小規模空間向けスピーカー“XY Series”を市場導入し、業務用音響機器事業に参入しました。業務用音響機器市場では、多様な設置環境に対応するスピーカーシステムが求められており、こうしたニーズに応えた両シリーズは、世界各国のクラブやバーなどで使用され、高い評価を頂いています。
 当社はこのたび、コンパクトながら広範囲に迫力ある音を届けられる業務用スピーカーシステム“XY Series”の新たなラインアップとして、「XY-101」と「XY-152」の2機種のフルレンジスピーカーと、「XY-115S」と「XY-218S」の2機種のバスリフレックスタイプのサブウーファーを発売します。同時に、インテリアを重視した空間にもマッチする“XY Series”全8機種のホワイトモデル(受注生産)を発売します。

【商品説明YouTube動画】


【“XY Series”の特長】
 コンパクトなサイズでありながら、広範囲に高音質で迫力ある音を届けることのできるスピーカーシステムです。効率の良さや高い耐久性が要求されるPAスピーカーとして、また、スピーカーと耳との距離が近い環境(ニアフィールド)で大音量を必要とするDJブースモニターとして使用することができます。

■フルレンジスピーカー<br />  今回新たに15インチユニットを搭載した「XY-152」と、10インチユニットを搭載した「XY-101」の2モデル<br /> を追加します。ラインアップが拡充されることで、大小さまざまなクラブや施設などの設置環境において、よ
り柔軟に対応することが可能になり、高音質で迫力ある音をすみずみまで届けることができます。

■サブウーファー<br />  今回、シリーズ最大となる「XY-218S」とシリーズ最小の「XY-115S」の2モデルをラインアップに追加することで、クラブのメインフロアからバーなどの小規模な施設まで、それぞれの規模に合った迫力ある低音を施設全体に行き渡らせることができます。

【ホワイトモデル(受注生産)】
 “XY Series”全8機種のホワイトモデルを発売します。“XY Series”のパワフルで高品位な音はそのままに、商業施設やホテル/カフェなど、インテリアを重視した店舗や施設にも導入することができます。

【“XY Series”の専用取付金具・専用キャスター(別売)】
 “XY Series”のフルレンジスピーカーには多様な設置環境に対応する別売の専用取付金具、サブウーファー※には移動時に便利な耐久性の高い別売の専用キャスターを用意しています。

※ XY-115SおよびXY-115S-Wには、別売の専用キャスターは取り付けられません。


◇ 各製品の仕様は、当社HP(http://pioneerproaudio.com/)をご確認ください。
◇ 製品および導入に関するお問い合わせは、HP上の当社お問い合わせページ<br />   (https://www3.pioneer.co.jp/proaudio/contact/?pa_lang=ja)からお願いします。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る