• トップ
  • リリース
  • ARM(R) Cortex(R)-Mコア・ベースのKinetis 32ビット・マイクロコントローラの柔軟なコネクティビティを強化するフリースケールのRFトランシーバ

プレスリリース

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社

ARM(R) Cortex(R)-Mコア・ベースのKinetis 32ビット・マイクロコントローラの柔軟なコネクティビティを強化するフリースケールのRFトランシーバ

(PR TIMES) 2015年04月20日(月)20時02分配信 PR TIMES

IoT時代への懸け橋となる低消費電力、高感度、高出力の最新デバイス<br />

2015年4月15日米国Freescale Semiconductor, Inc.発表本文の抄訳です。

中国、深(2015 MCU! MCU! Conference)-2015年4月15日-フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、ホーム・オートメーションおよび産業制御アプリケーション向けの新製品2.4GHz IEEE 802.15.4トランシーバによって、高評価を得ているKinetisマイクロコントローラのワイヤレス・ソリューションを拡張します。

複数のワイヤレス・メッシュ・ネットワークをサポートするフリースケールのMCR20AVHMトランシーバは、ARM Cortex-M0+およびCortex-M4コアをベースとするKinetisマイクロコントローラと組み合わせることで、Thread、ZigBee(R)、および独自方式などの、さまざまな低消費電力のワイヤレス・プロトコルやアプリケーションを実装することが可能になります。

新製品のMCR20AVHMワイヤレス・トランシーバは、卓越したRF性能、低消費電力、小型パッケージを特長とします。またフリースケールのKinetisマイクロコントローラと簡単に組み合わせられるので、通信機能を持たない既存のシステムを、急速に成長するモノのインターネット(IoT)に容易に対応させることができます。さらに、1つの無線チップで複数のネットワークとの通信を可能にするハードウェア制御のデュアルPAN機能、および過酷な通信環境でも堅牢なRF性能を達成するアンテナ・ダイバーシティも備えています。

フリースケールのマイクロコントローラ部門IoT&コネクティビティ・ディレクタのエマニュエル・サンビュイは、次のように述べています。「この新しいトランシーバにフリースケールのさまざまなマイクロコントローラを柔軟に組み合わせることで、より適切にアプリケーション・ニーズに対応しワイヤレス・コネクティビティをシームレスに既存製品に追加することができます。MCR20AVHMワイヤレス・トランシーバは、低消費電力、卓越した感度、および高出力というすべての特性をこれまで利用されてきたKinetis開発環境で発揮することが可能です。」

開発ツールとサポート
フリースケールのMCR20AVHM向けFreedom開発キットは、MCR20AVHMをKinetis KL46およびK64FのFreedomボードに組み込んでフル開発システムを構築することができます。MCR20AVHMのイネーブルメント・サポートには、既存のKinetisソフトウェア開発キット(SDK)をベースとするIEEE 802.15.4-2011準拠のPHY-MACインプリメンテーションが含まれており、KL46/K64Fマイクロコントローラ以外のKinetisデバイスにも移植することができます。

供給<br /> MCR20AVHMトランシーバ製品およびソリューションの提供開始は、2015年6月初旬を予定しています。詳細については、http://www.freescale.com/webapp/sps/site/prod_summary.jsp?code=MCR20A&tid=vanMCR20A のWebサイトをご覧ください。

フリースケール・セミコンダクタについて<br /> フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、セキュアな組込みプロセッシング・ソリューションによって&rdquo;Internet of Tomorrow”(モノのインターネットの先にある、よりセキュアなIoTソリューション)を実現します。フリースケールのソリューションは、より革新的で、世界を繋ぎ、私たちの生活をシンプルで安全なものにします。また、世界的な企業の役割として、次世代のイノベータを育むために、科学・技術・工学・数学(STEM)教育に貢献することを約束します。詳細は、http://www.freescale.com/のWebサイトをご覧ください。

フリースケール・テクノロジ・フォーラムについて<br /> フリースケール・テクノロジ・フォーラム(FTF)は、業界で最も包括的な組込みエコシステムをテーマに掲げ、10年間にわたってイノベーションとコラボレーションを牽引してきました。FTFが提供するのは、現在および将来のモノのインターネット化に欠くことのできないセキュアな組込みソリューションを設計および完成させるためのトレーニングと専門技術です。FTFでは、4日間にわたる詳細なトレーニング、ハンズオン・ワークショップ、フリースケールやエコシステム・パートナーによるデモンストレーションが開催されるほか、同業種や先進的な知見をもった人々とのコラボレーションが生まれるチャンスもあります。このフォーラムは世界中の開発者コミュニティから圧倒的な支持をもって受け入れられ、2005年に開催を開始して以来、世界中の参加者は67,500人を超えています。次回のFTFはテキサス州オースチンで2015年6月22日〜25日の日程で開催されます。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマーク、KinetisはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。ARMならびにCortexはARM Ltd. またはEU/その他の地域における子会社の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。
(C)2015フリースケール・セミコンダクタ・インク<br />
プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る