• トップ
  • リリース
  • 9月10日(水)発売 雑誌『WIRED』VOL.13 tofubeats特別寄稿「インターネットはいかにぼく(と音楽)を救ったか?」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

コンデナスト・ジャパン

9月10日(水)発売 雑誌『WIRED』VOL.13 tofubeats特別寄稿「インターネットはいかにぼく(と音楽)を救ったか?」

(PR TIMES) 2014年09月09日(火)11時34分配信 PR TIMES

http://wired.jp/


世界をリードするアイデア&イノヴェイションマガジン『WIRED(ワイアード)』9月10日発売VOL.13に、今年10月にメジャーファーストアルバムを発売することでも注目されるtofubeatsが特別寄稿。


バンドを組めなかった高校時代。音楽好きな仲間とつながるチャンネルはインターネットしかなかった。けれど、そこから生まれた音楽は、どの音楽よりも、いまの時代にフィットする音楽だった。インターネットレーベル「Maltine Records」とそこで育った新世代の「音楽ギーク」たち。その10年の歩みを、今年10月にメジャーファーストアルバムをリリースするtofubeatsが、自身の言葉で回想します。

―“ 音楽は時代とともにある。いずれ、この時代に合ったかたちに音楽は、変化せざるをえない。その日をぼくは10年間、待ち続けている。もしかしたらいまがそうなのか?そうでないのか?”―


【そのほかの特集】


■Fashion Decoded
ファッションはテクノロジーを求めている

最もアナログな業界と言われてきたファッションの世界に、デジタルテクノロジーがもたらされたとき、いったい何が起こるのか。未来のイノヴェイターたちや、スタートアップ・デザイナーのブランド論、7つのケーススタディからその未来を探る。

■WELCOME TO “FAB” TOWN
未来のものづくりのエコシステム:墨田区“FABタウン”計画<br />
墨田区3,500の町工場をネットワーク化して、ひとつの工場にしてしまう。町全体を巻き込んだものづくりのエコシステムが構築されたとき、ぼくらのものづくりと地域の復興が、どちらも同じく加速する。


■THE OCULUS RIFT IS HERE
徹底解剖!奇跡のVR装置の真実

この半世紀、SF作家、テクノロジスト、思想家たちはあまりに没入感がありすぎて神経が外界との違いを識別できないようなデジタル世界の出現を予見してきた。それがついにやってきた。オキュラス・リフト。これは仮想現実がいかに現実のものとなったか、その物語である。

■9.11 MEMORIAL MUSEUM
不在と畏れのデザイン 9.11ミュージアムはいかにつくられたか

美化することなく、固定化させることなくいまなお続く苦しみや悲しみを織り込みながらいかに「あの日」を伝えることができるのか? 今年5月に開館した「9.11ミュージアム」設立の舞台裏に見た、キュレイターやデザイナーの苦悩と葛藤。

【写真雑誌『IMA』と共同編集】
■Enhanced Vision
テクノロジーはいかに「写真」を拡張するか?
世界が注目する写真雑誌『IMA』と『WIRED』が共同で編集・制作した特別別冊。
------------------------------------------------------------------
■WIRED(ワイアード)

1993年に米国で創刊し、現在5カ国で展開する、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版として、2011年6月にウェブサイトと雑誌を同時スタート。テクノロジーの進化を通して、カルチャーから、サイエンス、ビジネス、医療、エンターテインメントまで、社会のあらゆる事象を、読み応えのあるテキスト、美しいデザインとビジュアルでレポート。テクノロジーが時代をどう変え、時代がテクノロジーに何を望むかを考えることで、来るべき世界の未来像を探る総合メディア。

年4回発行 (3、6、9、11月)/ 定価: 500円 / 発行: コンデナスト・ジャパン<p>



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る