• トップ
  • リリース
  • “最速への挑戦” BOOST(TM) フォーム搭載レーシング モデル 『adizero takumi sen boost』、 『adizero takumi ren boost』1月26日(月)発売!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

アディダス ジャパン株式会社

“最速への挑戦” BOOST(TM) フォーム搭載レーシング モデル 『adizero takumi sen boost』、 『adizero takumi ren boost』1月26日(月)発売!!

(PR TIMES) 2015年01月13日(火)15時07分配信 PR TIMES


マルチスポーツブランドのアディダス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役: ポールハーディスティ)は、アディダス専属ランニング アドバイザー三村 仁司(みむら ひとし)氏と共同開発をおこない、改良を重ねてきたシリアスランナー向けレーシング モデルadizero takumi sen boost(アディゼロ タクミ センブースト)とシリアスランナー向けトレーニングモデルadizero takumi ren boost(アディゼロ タクミ レンブースト) 2種類のランニングシューズを発売します。

adizero takumi sen boost[¥16,500(税別)]、adizero takumi ren boost[¥15,500(税別)]は、共に2015年1月26日(月)より全国のアディダス直営店(http://www.adidas.jp/shop)、adidas ONLINE SHOP (http://shop.adidas.jp/boost/)、adidas RUNBASE(http://adidas.jp/running/runbase/)、アディダス取扱店(一部店舗除く)にて販売します。

“MIMURA meets BOOST(TM) フォーム” アディダス専属ランニング アドバイザーそして、現代の名工である三村 仁司氏とBOOST(TM) フォーム(*1)との出会いは必然でした。2012年に“日本人を速くするために”をコンセプトに共同開発されたadizero takumiは発売以来、数多くのエリート アスリートのレースシーンを支えてきました。2014年には更にフィット感やホールド性能を向上したモデルadidzero takumi sen2/ren2/idomiも登場し、高い評価を獲得して参りました。

一方、2013年に発表されたランニング シューズenergy boost(エナジー ブースト)に初めて搭載された『衝撃吸収性』と『反発性』という相反する機能を両立させたadidas独自の新素材BOOST(TM) フォームは、ミッドソールの新たなスタンダードとして瞬く間に世界中のランナーに愛用されるようになりました。

2014年9月に開催されたベルリンマラソンでは、デニス・キメット選手(ケニア)が、BOOST(TM) フォーム搭載のadizero Japan boost 2を着用し、2時間2分57秒の世界新記録を樹立。

BOOST(TM) フォームのパフォーマンスの高さが世界に証明された瞬間となりました。そして、ついにadizero takumiシリーズにBOOST(TM)フォームを搭載したランニングシューズadizero takumi sen boost、adizero takumi ren boostが完成しました。


adizero takumi sen boost / ren boostの発売にあたり、アディダス専属アドバイザー三村 仁司氏は次のように述べております。

私は、BOOST(TM) フォームについて初期段階のテストから携わらせて頂いております。BOOST(TM) フォームのデビュー当時から、ランナーの持つエネルギーをロスせず、高い反発力や推進力に変える未来のある素材だとその可能性を感じたと同時に、解決しなくてはならない課題も感じていました。

このBOOST(TM)フォームを日本人ランナーの為に開発されたadizero takumiに搭載すべくadidas社と1年以上の試行錯誤を繰り返しました。BOOST(TM)フォームの能力を最大限に引き出すためのフォームのポジションやEVA(*2)とのバランス、アウトソールの意匠、ラバーの形状、そして厚みなど、さまざまな調整が必要でしたが、軽量化を意識しつつも、トップアスリートのベストパートナーとして、素晴らしいシューズに仕上がりました。昨年、2時間2分台の驚異的な世界記録がboostによって樹立されたのは衝撃的でしたが、進化したadizero takumiがマラソン大国日本復活の秘密兵器になると確信しています。


◇ 3代目adizero takumi で更なる高みへ<br />
■ BOOST(TM)フォーム搭載
フォア・ミッドフット走法(前足部〜中足部)で接地するトップランナーのためのミッドソールには、『高反発性能』を誇るBOOST(TM) フォームを小指の付根から前足部に搭載。加重と蹴り出しを推進力に、よりスピードを生み出す構造に設計しています。また、前足部から後足部に配置されたtorsion system(*3) (トルション システム)が、スピードランナーのプロネーション(足裏のねじれ運動)を制御し、着地の安定感とコントロール性能を向上させています。

■ フィット感の追求
スピードに必要なのはフィット感である事にも着目しました。日本人のために開発された、3D形状のマイクロフィットラストを採用。新たな補強パーツも加え、更にサポート性を向上しました。足の可動域にあわせて必要な分だけ伸びて止まり、元の形状に復元する素材を採用することで、高いフィット感と耐久性の持続を創出。蹴り出し時のブレを減少することで、効率的に運動エネルギーを伝達し、リズミカルな足運びをサポートします。さらに、アッパー左右の中足部分には前作より新たな補強パーツを加え、アッパーのホールド性能を高めています。
また、日本人のために開発された3D形状の『micro FIT(マイクロフィット)レーシングラスト』とヒールモールド採用により、前足部から踵までぶれないフィット感を提供。踵部分の補強を薄型のTPU(*4)を用い熱圧着し、ヒールカウンターのエッジをスカイビング加工したことに加え、薄素材を使用し縫製を排除したことで、ヒールカウンター周りにも足当りがよく高いフィット感を実現しています。

■グリップ性能の追求
本作アウトソール前足部には、『コンチネンタルラバー』を採用。濡れた路面で約39%、乾いた路面で約32%(当社比)向上させたグリップ性能により推進をサポートします。また、『Dual Stencil Process quickstrike(*5)』の形状とサイズの見直しを図ることで、トレッド(独立した接地面部分)の耐久性、耐摩耗性に加え、強いしなやかな蹴り出しや、軽量性、そしてグリップ性能を向上しています。踵部分には優れた耐摩耗性を誇るadiWEAR(R)を採用することでソール寿命を高めています。

*1. 構想から商品化まで約8年。ドイツに拠点を置く化学会社である、アディダスのテクノロジー パートナーBASF(ビーエーエスエフ)社と共同開発したミッドソール素材。主な機能として、単一素材で高次元の相反する衝撃吸収性と反発性を併せ持ち、高い耐久性と耐温性を誇る。※(自社研究機関adidas Innovation Team 調べ。)
*2. Ethylene-Vinyl Acetate
*3. 1989年に初めて採用されたプロネーションを制御する機能<br /> *4. Thermoplastic Polyurethane(熱可塑性ポリウレタンエラストマー)
*5. ウレタン樹脂を突起上に成形した分割配列形状のアウトソール<br />

【商品情報】

●商品名:
adizero takumi sen boost(アディゼロ タクミ セン ブースト)
adizero takumi ren boost(アディゼロ タクミ レン ブースト)
adizero takumi ren boost W(アディゼロ タクミ レン ブースト ウィメンズ)
adizero takumi ren boost Wide(アディゼロ タクミ レン ブースト ワイド)
●URL:
http://adidas.jp/running/takumi/


■adizero takumi sen boost  「駅伝、サブ3ランナー向けレーシングモデル」

●展開カラー:
B25894: アマゾンパープルF14/ゼロメット/ソーラーレッド
B34810: フラッシュグリーンS15/ゼロメット/コアブラック<br /> B35998: コアブラック/コアブラック/ランニングホワイト
M21563: ランニングホワイト/ゼロメット/コアブラック<br /> ●サイズ:ユニセックス: 22.0cm〜30.0cm
●高低差:6mm
●シューズ片足重量:約175g(27cm)
●BOOST(TM)フォーム含有率:30% / ミッドソール面積中<br /> ●発売日:2015年1月26日(月)
●自店販売価格:¥16,500(税別)

■adizero takumi ren boost / adizero takumi ren boost W / adizero takumi ren boost Wide
「”sen”より踵のクッション性を向上させた、エリートランナー向けトレーニングモデル、サブ3.5ランナー向けレーシングモデル。」

●展開カラー:
M21562: カレッジロイヤル/ランニングホワイト/フラッシュグリーンS15
B34809: ナイトフラッシュS15/ランニングホワイト/カレッジネイビー<br /> B44504: ナイトフラッシュS15/ランニングホワイト/フラッシュレッドS15 (W)
B44503: ラッキーピンクS155/ランニングホワイト/ナイトスカイ (W)
B40366: コアブラック/シルバーメット/ランニングホワイト (Wide)
●サイズ: メンズ: 24.5cm〜30.0cm、ウィメンズ: 22.0cm〜26.0cm、ワイド: 24.5〜30.0cm
●高低差: 9mm
●BOOST(TM)フォーム含有率:30% / ミッドソール面積中<br /> ●シューズ片足重量:  約200g(27cm)
●発売日:  2015年1月26日(月)
●自店販売価格:  ¥15,500(税別)


■取扱い店舗:全国のアディダス直営店(http://www.adidas.jp/shop/)、
adidas ONLINE SHOP(http://shop.adidas.jp/boost/)、
adidas RUNBASE(http://adidas.jp/running/runbase/)、
アディダス取扱店(一部店舗除く)<p>



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る