• トップ
  • リリース
  • 【KIHACHI】外はサックリ、中はレアにしっとり仕上げた ヘルシー食材で話題の牛赤身肉を味わうキハチ風牛カツ「KIHACHI ビーフカツレツ」

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

アイビー株式会社

【KIHACHI】外はサックリ、中はレアにしっとり仕上げた ヘルシー食材で話題の牛赤身肉を味わうキハチ風牛カツ「KIHACHI ビーフカツレツ」

(PR TIMES) 2015年01月06日(火)12時30分配信 PR TIMES

1 月15 日から限定発売

アイビー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:角田良太)は、キハチ 名古屋JR セントラルタワーズで、1 月15 日(木)から3 月4 日(水)まで、「KIHACHI ビーフカツレツ」のコース(ランチ http://bit.ly/1CKIXHe, ディナー<a href="http://bit.ly/1H1zICa" target="_blank" rel="nofollow">http://bit.ly/1H1zICa)を限定発売します。
 「北海道産牛赤身肉のカツレツ菜の花と山葵のタルタル添え」は、シェフ小林洋司が、牛肉の赤身の美味しさを伝えたいと考案したこだわりの一皿です。衣には卵白だけを使い、あえて粗めのパン粉をあわせることで、カリッザクッの食感を出しました。ミディアムレアに仕上げるために、高温で揚げ、さらにしばらく休ませることで肉汁をしっかりと閉じ込めています。ソースは、白ワインとフォンドボーのソースと菜の花と山葵のタルタルの2 種類。菜の花と山葵のタルタルは、ステーキを山葵しょうゆでさっぱり食べる事をイメージして、菜の花に山葵のしょうゆ漬けをあわせ、隠し味にマヨネーズを使った特製ソースです。
 「北海道産牛赤身肉のカツレツ菜の花と山葵のタルタル添え」をメインに、「北国のいろいろ魚介のサラダ葱オイルとビーツのヴィネグレット」や「毛蟹のフラン生雲丹を添えて」、「北寄貝とカラスミのパスタ」など冬の魚介を使った料理とともにコースとしてご用意します。北海道産の牛肉と北国魚介が同時に楽しめる期間限定のコースです。

<赤身肉>
赤身肉は脂肪燃焼を促すL’カルニチンが豊富で、消化にエネルギーを使うため、代謝がアップ効果があるといわれています。中でも牛赤身肉は鉄分や良質たんぱく質も豊富といわれています。

メニュー概要

開 催 名 : 「KIHACHI ビーフカツレツ」
開催期間 : 1 月15 日(木)〜3 月4 日(水)
開催店舗 : キハチ 名古屋JR セントラルタワーズ<br /> ご予約方法: 電話またはWEB 予約
      「KIHACHI ビーフカツレツ」ランチ http://bit.ly/1CKIXHe
      「KIHACHI ビーフカツレツ」ディナー http://bit.ly/1H1zICa

<ランチ>
帆立貝のサラダ葱オイルとビーツのヴィネグレット
北寄貝とカラスミのパスタ<br /> 北海道産牛赤身肉のカツレツ 菜の花と山葵のタルタル添え
本日のデザート
コーヒーまたは紅茶<br /> 4,320円(税込)

<ディナー>
北国のいろいろ魚介のサラダ 葱オイルとビーツのヴィネグレット
毛蟹のフラン 生雲丹を添えて<br /> 北寄貝とカラスミのパスタ<br /> 真鱈のスパイスローストと白子のポワレ 冬蕪のピュレと共に<br /> 北海道産牛赤身肉のカツレツ 菜の花と山葵のタルタル添え
本日のデザート
コーヒーまたは紅茶<br /> 8,100円(税込・別途サービス料10%)

【店舗概要】
店 舗 名 : キハチ 名古屋JR セントラルタワーズ<br /> 住  所: 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JR セントラルタワーズ12 階<br /> T E L : 052-533-0707
営業時間 :
ランチ   11:00〜14:30(L.O.)16:00(クローズ)
土・日・祝 11:00〜15:00(L.O.)16:30(クローズ)
ディナー  17:30〜21:30(L.O.)23:00(クローズ)
定 休 日: 名古屋JR セントラルタワーズに準する
そ の 他: HP     http://www.kihachi.jp
     Facebook  http://www.facebook.com/KIHACHI.jp



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る