• トップ
  • リリース
  • 新発想!コンパクトにたたんで自在に持ち運べるベビーベッドに、 通気やムレに強い機能を加えた『ココネル エアープラス』新発売!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

アップリカ・チルドレンズプロダクツ合同会社

新発想!コンパクトにたたんで自在に持ち運べるベビーベッドに、 通気やムレに強い機能を加えた『ココネル エアープラス』新発売!!

(PR TIMES) 2014年11月26日(水)13時59分配信 PR TIMES

マットは通気性に優れたブレスエアー(R)を採用、取り外して洗濯もできる。

アップリカ・チルドレンズプロダクツ合同会社(本社:大阪市中央区、社長:前田英広)は、べビーベッド『ココネル』に、通気やムレに強い機能を加えた上級モデル『ココネル エアープラス』を、2014年12月中旬より全国のベビー用品専門店・百貨店・アップリカ直営店などで新発売いたします。





ベビーベッド『ココネル』は、「大きい・場所をとる」、「収納場所がない」など、既存のベビーベッドの構造に不満を抱えているママが多い(※1)なか、それを解決するためにうまれた“コンパクトに折りたためる”新発想のベビーベッドです。折りたためて持ち運びができるので、帰省や旅行の時でも、お家の中と同じように、いつでもどこでも赤ちゃんが安心して眠れる空間を提供します。2013年11月の発売以降、お客様にたいへんご好評をいただいております。

この度の『ココネル エアープラス』は、おとなと比べて汗っかきな赤ちゃんの事を考え、従来の『ココネル』よりも、通気性がよくムレにくい構造を実現しました。マットは通気性に優れたクッション材「ブレスエアー(R)(※2)」を採用し、床板の中心部分はメッシュ生地を使用しました。さらに、マットは取り外して洗濯機で洗える(※3)ので、清潔にお使いいただけます。

※1:2011年7月アップリカ調べ<br /> ※2:三次元スプリング構造体「ブレスエアー(R)」は東洋紡株式会社の登録商標です。
※3:液温は30℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いで洗ってください。

◆『ココネル エアープラス』の製品詳細はこちら
http://www.aprica.jp/products/babybed/portable/66043_1/

【製品概要】
◆ココネル エアープラス<br /> ◇カラー:グリーンティー GN、リッチブラウン BR
◇価格:¥32,000+税<br /> ◇使用期間:新生児(体重2.5kg)〜24ヵ月まで(体重13kgまで)
◇サイズ:開:W1041×D737×H940(mm) 閉:W290×D270×H940(mm)
◇重量:16.0kg
◇規格:製品安全協会SG合格品、PSCマーク取得品

【参考資料】
『ココネル エアープラス』の新機能<br /> ◆通気性が良くムレにくい
床板の中心部分にメッシュを採用、またマットは通気性に優れた「ブレスエアー(R)(※)」を使用することで、通気性が良くムレにくい構造を実現しました。
※:三次元スプリング構造体「ブレスエアー(R)」は東洋紡株式会社の登録商標です。

◆付属マットは取り外して洗える
付属のマットは、床板から取り外して洗濯機で洗えるから、清潔を保てます。
※:液温は30℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いで洗ってください。
※:乾燥機の使用はお控え下さい。日陰干し推奨。


『ココネル』の主な製品特徴
◆簡単にたためてコンパクト
たたんでコンパクトになるので、使用しない時の収納にも便利です。付属の収納袋に入れれば持ち運びもしやすく、帰省や旅行の際でもご家庭内と同じような赤ちゃんの睡眠環境を再現できます。

◆キャスター付きで移動もラクラク<br /> 片側2本の脚部にキャスターが付いているので、折りたたまず運べて、お家の中の移動も楽々です。

◆日々のお世話がしやすい
前わくが下にスライドするので、ベッドに赤ちゃんを寝かせたままでのおむつ替えやお着替えなど、赤ちゃんのお世話もしやすく、ママにうれしい設計です。

◆成長とともに長く使える
床板を下げることでプレイヤードにもなるので、赤ちゃんの日中のお遊び空間として2歳頃まで長くお使いいただけます。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る