• トップ
  • リリース
  • 楽天証券の株式トレードツール「iSPEED」に株価アラート通知機能を追加

プレスリリース

  • 記事画像1

フューチャーアーキテクト株式会社

楽天証券の株式トレードツール「iSPEED」に株価アラート通知機能を追加

(PR TIMES) 2015年03月30日(月)11時48分配信 PR TIMES

〜個人投資家にリアルタイムに情報を配信し、顧客満足度向上に貢献〜

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:金丸恭文、以下フューチャーアーキテクト)は、楽天証券株式会社(本社:東京都品川区、取締役社長:楠雄治、以下楽天証券)の個人投資家向けスマートフォンアプリ「iSPEED(アイスピード)」に株価のプッシュ型アラート通知機能(*1)を追加開発したことをお知らせいたします。
[画像: http://prtimes.jp/i/4374/101/resize/d4374-101-687117-0.jpg ]



ネット証券最大手の楽天証券は「iSPEED」を通じてウェブと連動した登録銘柄情報や、リアルタイム株価、チャート、板情報など膨大な量の情報をユーザに提供し、スピーディな投資活動をサポートしています。今回、楽天グループ全体の戦略としてスマートフォンアプリケーションのサービス強化に注力していることから、楽天証券は顧客満足度の更なる向上を目的にユーザにプッシュ型で通知できるアラート機能を追加することを決定し、2015年1月のサービス提供開始に向けて開発プロジェクトを推進してきました。

フューチャーアーキテクトは、楽天証券の既存の情報配信システムを利用して株価のアラート通知機能を追加開発しました。この機能追加により、ユーザに有益な情報がリアルタイムに通知され、取引チャンスの増加が見込めます。また、通知メッセージをタップすれば銘柄の画面へ遷移するため、ユーザに次のアクションを促すことが可能であり、売買タイミングを逃さないようサポートします。
刻々と変化する株価情報をはじめ、ニュースなどの各種情報を全ユーザに遅滞なくリアルタイム配信する情報配信システムには、以下のような非常に厳しい要件が課せられました。


【配信性能】秒間2,000件のリアルタイム配信を実現<br /> 【耐障害性】サーバ障害時も瞬時にフェールオーバーし遅滞なく業務を継続可能<br /> 【拡 張 性】ユーザ数、配信データ量の増加には、柔軟なスケールアウトにて対応
【利 便 性】1ユーザあたり3,000件もの条件設定が可能<br />       1ユーザ複数端末、1端末複数ユーザ等の設定情報の自動同期、自動切替に対応


フューチャーアーキテクトは、これらの要件を満たすのはもちろんのこと、急激なビジネス環境の変化、株価の変動、増減するデータ量に対応するIT基盤を実現するために柔軟かつ素早いリソース調達と増減設を容易とする情報配信システムを構築しました。他の証券会社に追随させないリアルタイム配信に特化した本システムは、2015年1月24日の本番稼働後、現在に至るまで安定稼働を維持しています。
今後も引き続き、IT戦略パートナーとして楽天証券のビジネスの更なる拡大に向けて強固なサポートを継続していきます。

(*1)プッシュ通知機能:iOS、Androidアプリに対してサーバ側から通知を送信する機能です。

●フューチャーアーキテクト株式会社 概要
 代表者:代表取締役会長兼社長 金丸恭文
 設 立:1989年11月
 資本金:14億21百万円
 売上高:連結:300億49百万円  単体:180億14百万円 (2013年12月期)
 社員数:連結:1,587名  単体:783名 (2014年12月期)
 URL:http://www.future.co.jp
 事業内容:ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスの提供

●情報配信システム・株価Push通知機能のシステムに関するお客様からのお問合せ先
 フューチャーアーキテクト株式会社 アドバンスドビジネス本部 金融&ソリューショングループ
 TEL:03-5740-5792   E-mail: gr-financial@future.co.jp

●本件に関する報道機関からのお問合せ先
 フューチャーアーキテクト株式会社 広報担当 高橋
 TEL:03-5740-5723(広報直通) E-mail:pr1@future.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る