プレスリリース

  • 記事画像1

フューチャーアーキテクト株式会社

全日食のビジネスの成長を具現化する高性能IT基盤を構築

(PR TIMES) 2015年03月23日(月)11時54分配信 PR TIMES

〜他チェーンとの提携に迅速かつ柔軟に対応し、システムのトータルコストも削減〜

フューチャーアーキテクト株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:金丸恭文、以下フューチャーアーキテクト)は、全日本食品株式会社(本社:東京都足立区、代表取締役社長:平野実、以下全日食)のビジネスの中長期的な成長戦略の実現に向け、柔軟な拡張性を備えた高性能なIT基盤を構築し、2015年1月に本稼働させたことをお知らせいたします。
[画像: http://prtimes.jp/i/4374/99/resize/d4374-99-918246-0.jpg ]



全国約1,800店余の加盟店による食品ボランタリーチェーンを展開する全日食は、2014年からの中長期的成長戦略「第10次5か年計画」に取り組んでいます。「強い商品力」を最重要ポイントに品揃えを充実させて加盟店の競争力を高めるために、JAやオールジャパンドラッグなどの他チェーンとの商品調達における業務提携を推進しています。

フューチャーアーキテクトは、全日食の経営計画の推進と持続的なビジネスの成長を支援すべく、提携チェーン数の増加や様々なビジネス環境の変化に柔軟に対応できるIT基盤を構築しました。
新たなIT基盤には汎用的なストレージサーバを採用し、拡張性に優れたハードウェア構成としました。また、最新のフラッシュストレージ(*1)を採用し処理スピードを従来の4倍に高速化させたことで、業務担当者がシステムに費やす時間を大幅に削減しています。また、新IT基盤は旧IT基盤に比べて高いサービスレベルを維持するのはもちろんのこと、さらに運用面を考慮したソフトウェアの採用をしながらもシステムのトータルコストは更改前の70%にまで低減されました。

フューチャーアーキテクトは今回のIT基盤更改により、ビジネスの成長に対応する仕組みの構築のみならずシステム全体を最適化することで運用面、コスト面でのメリットも同時に創出しました。今後も全日食のIT戦略パートナーとして、全日食の迅速な経営判断と戦略の実行に寄り添い、ビジネスのさらなる加速と成長に向け、今後もIT面から強固なサポートを継続していきます。

(*1) Fusion-io社が提供するアプリケーション高速化製品を利用した外部共有フラッシュストレージソリューションを国内で初採用しています。

●フューチャーアーキテクト株式会社 概要
代表者:代表取締役会長兼社長 金丸恭文
設 立:1989年11月
資本金:14億21百万円
売上高:連結:344億24百万円  単体:197億27百万円 (2014年12月期)
社員数:連結:1,587名  単体:783名 (2014年12月期)
URL:http://www.future.co.jp
事業内容:ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスの提供

● 本件に関する報道機関からのお問合せ先
フューチャーアーキテクト株式会社 広報担当 高橋
TEL:03-5740-5723

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る