• トップ
  • リリース
  • 防火エリアの都市型住宅に最適なアイテムを拡充防火Gシリーズ「スライディングドア」「スリット窓」を発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

防火エリアの都市型住宅に最適なアイテムを拡充防火Gシリーズ「スライディングドア」「スリット窓」を発売

(PR TIMES) 2015年03月09日(月)19時22分配信 PR TIMES

YKK AP株式会社(社長:堀 秀充、本社:東京都千代田区、資本金:100億円)は、住宅が密集する防火エリアの都市型住宅に最適な国土交通大臣認定防火設備のアイテムを拡充します。4月20日より「防火ドアGシリーズ」に「スライディングドア」を、6月1日より「防火窓Gシリーズ」(アルミ樹脂複合、アルミ複層)に「スリット窓」をそれぞれ追加発売します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/6735/95/resize/d6735-95-991334-0.jpg ]

防火窓・ドアは、関東・関西・中部などの都市部では約2割の比率で必要とされております。今回発売する「防火ドアGシリーズ スライディングドア」及び「防火窓Gシリーズ スリット窓」はそれに対応する国土交通大臣認定防火設備であることはもちろん、デザイン性、利便性、防犯性を兼ね備えており、都市型住宅に最適な商品です。YKK APでは、既存の防火対応商品も含め、都市部の防火エリアへの提案を更に強化します。

1.「防火ドアGシリーズ スライディングドア」
[画像2: http://prtimes.jp/i/6735/95/resize/d6735-95-253345-1.jpg ]



軽快な開閉動作を実現した上吊り機構の防火玄関スライディングドア(片引戸)は、限られた敷地で設計の自由度を大きく高める、防火エリアの都市型住宅に最適な商品です。防火エリアとなる都市部では敷地面積が限られるため、道路際やガレージ内の玄関など、開きドアの開閉に必要なスペースが設けられない場合がありますが、スライディングドアは外部側へ扉を開く必要がないため、玄関前のスペースが狭い住宅でも設置が可能です。


[ 商品仕様 ]
■自動で閉まるクローザーを標準装備
ドアから手を離すと自動的に閉まるクローザーを標準装備し、閉め忘れや指はさみの心配がなく、安心してお使いいただけます。
■ドアの跳ね返りを防ぐラッチ機構を標準装備
扉が閉まる際にはラッチ機構が働いて鎌錠がかかり、扉の跳ね返りを防止します。
■握りやすい大型ハンドルを採用<br /> 毎日握るハンドルはお子様からお年寄りまで使いやすいように握りやすい形状に配慮するとともに、誰もが無理なく操作を行える高さにしました。
■電池・電気錠にも対応
ライフスタイルに合わせ、3タイプの電池・電気錠システムからお選びいただけます。
[画像3: http://prtimes.jp/i/6735/95/resize/d6735-95-587390-5.jpg ]

※参考価格には、消費税・組立費・現場搬入費・取付費は含まれません。


2.「防火窓Gシリーズ スリット窓」(アルミ樹脂複合、アルミ複層)
「防火窓Gシリーズ」に、スリット窓を追加し、家一棟分の窓種ラインアップの充実を図ります。都市型住宅におけるデザイン性や防犯性、またプライバシーに配慮しながらの採光・通風等、幅広いニーズに対応します。

[ 商品仕様 ]
■豊富なサイズバリエーション<br /> たてスリット・横スリット共に、防火窓では業界最細のサイズをラインナップするなどサイズ設定を充実し、デザイン・プライバシー配慮・採光・通風面の多様なニーズに対応します。
■操作性への配慮<br /> スリットすべり出し窓(開き窓)は、カムラッチハンドルを採用。たてスリットでは、ハンドル位置が窓高さの中央付近となり、立ったまま自然な操作で開閉が可能です。

[ 代表アイテム ]
[画像4: http://prtimes.jp/i/6735/95/resize/d6735-95-387624-6.jpg ]

※ガラス入完成品参考価格には、消費税・組立費・現場搬入費・取付費は含まれません。

[画像5: http://prtimes.jp/i/6735/95/resize/d6735-95-934780-7.jpg ]


< お客様からのお問い合わせ先 >
YKK AP株式会社 お客様相談室<br /> 一般のお客様    TEL:0120-20-4134
建築・設計関係者様 TEL:0120-72-4134
http://www.ykkap.co.jp



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る