プレスリリース

  • 記事画像1

サンスター株式会社

サンスター「防災にオーラルケア」啓発活動

(PR TIMES) 2015年03月11日(水)12時15分配信 PR TIMES

10言語による災害時のオーラルケア情報発信

 サンスター(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長 吉岡貴司、以下サンスター)では、災害時のオーラルケアの重要性とケア方法を情報発信してきた「防災にオーラルケア」ウェブサイト(http://jp.sunstar.com/bousai/top.html)について、現在の4言語(日本語、英語版、中国語版(簡体字・繁体字)、韓国語版)に加え、新たに6言語の外国語ページを追加製作(3月11日フランス語版を公開予定、3月末スペイン語版、イタリア語版、タイ語版、インドネシア語版、マレーシア語版を公開予定)し、地震など災害の多い海外地域や来日する外国人に対して、災害時のオーラルケア情報の発信を強化致します。
今後、2020年に向けて多くの外国人が来日することを想定し、本サイトを強化しました。

[画像: http://prtimes.jp/i/5120/79/resize/d5120-79-923342-0.jpg ]

 
 サンスターは、今後も、災害時のオーラルケアの重要性に対する理解を深めていただくと同時に、災害時にも大切な身体を守るための備えとして、オーラルケア用品を防災用品の1つに加えていただけるよう、継続して働きかけてまいります。

■「防災にオーラルケア」活動実施の背景<br />  阪神淡路大震災では、震災の難から逃れられたにもかかわらず、避難生活中の肺炎で200人以上の方々が亡くなりました。繁殖した細菌が誤って気管に入ってしまうことで起こる誤嚥性肺炎も多かったと考えられています。
サンスターではこのことを重く受け止め、継続して災害時のオーラルケアに関する情報を発信してきました。被害が甚大な災害時には、まず初めに、食料や水、毛布などの必需品が求められますが、全身への入り口であるお口のケアも、身体の健康を保つためには欠かせません。『防災にオーラルケア』は、災害時のオーラルケアに対する意識を喚起し、その重要性を理解していただくための活動です。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る