• トップ
  • リリース
  • 【新刊】BBT大学スティーブ・ソレイシィ教授「スティーブ・ソレイシィの英語発音トレーニング」

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ビジネス・ブレークスルー

【新刊】BBT大学スティーブ・ソレイシィ教授「スティーブ・ソレイシィの英語発音トレーニング」

(PR TIMES) 2015年03月30日(月)17時34分配信 PR TIMES

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)が運営する「ビジネス・ブレークスルー大学(学長:大前研一、以下BBT大学)」のスティーブ・ソレイシィ教授による新刊「スティーブ・ソレイシィの英語発音トレーニング」が2015年3月25日にコスモピア株式会社より発売されましたので、お知らせいたします。
[画像: http://prtimes.jp/i/7951/72/resize/d7951-72-596694-0.jpg ]

BBT大学教授であるスティーブ・ソレイシィ氏が、日本人の英語の発音向上に効果的なトレーニング法を紹介する一冊です。1文字1音が基本の日本語と違って英語は例外やグレイゾーンが多い不規則な言語ですが、発音記号のすみずみまで正しく理解してから話そうというのは現実的ではありません。本書では、単語ひとつひとつの発音解説ではなく、英語の発音全体に共通する法則を提示することで、わかりやすくコツを伝えます。さらに、カタカナ発音が身についてしまっている人でも、そのカタカナをもとに英語らしい発音に調整するトレーニングも紹介しています。

【書籍概要】
◆タイトル:スティーブ・ソレイシィの英語発音トレーニング<br /> ◆発行所:コスモピア株式会社<br /> ◆発売日:2015年3月25日<br /> ◆定価:1500円(税抜)
◆著者:スティーブ・ソレイシィ<br /> ◆URL:http://www.cosmopier.com/shoseki/english_26.html

※ワンクリックで音声が再生できる電子版も同時発売!
◆タイトル:電子書籍版スティーブ・ソレイシィの英語発音トレーニング<br /> ◆電子版定価:1100円(税抜)


【著者プロフィール】
スティーブ・ソレイシィ(ビジネス・ブレークスルー大学経営学部教授)
アメリカ合衆国フロリダ州出身。国際コミュニケーション博士。専門は英語教育、特にスピーキングとライティングのプロダクティブ・スキルの育成。
NHK教育テレビ『スティーブ・ソレイシィのはじめよう英会話』、NHKラジオ第2放送『英会話タイムトライアル』等で活躍するほか、英会話教材開発や各種セミナーも精力的に行う。2005年度フロリダ州TESOL(英語教育学会)で、その年の最優秀論文賞「Paper of the Year」を獲得。2009年に研究論文『プルーラセントリシティとノンリニアリティを考慮に入れた国際言語としての英語の教授法と評価法における目標発話率に関する一考察』にて博士号取得。


【BBT大学について】
2005年4月に文部科学大臣より認可を取得し経営の専門職大学院として開学。2010年には経営学部が新設され、「ビジネス・ブレークスルー大学院大学」から「ビジネス・ブレークスルー大学」に改名、日本初の100%オンラインで経営学学士を取得できる大学となった。大前研一が学長を務める本大学では、“teach(教える)”ではなく学生が主体的に&ldquo;learn(学ぶ)”するのを手助けすることに大学の役割があると考えている。この考えに基づいて設計されたカリキュラムでグローバル時代を生き抜く力の育成を目指している。2014年3月に1期生が卒業。2014年10月にはe-Learning大賞 厚生労働大臣賞を受賞。
http://bbt.ac/

【BBTについて】
世界に通用するビジネスパーソンの育成を目的として1998年に設立した教育コンテンツプロバイダー。マネジメント教育事業を主軸とし、世界的経営コンサルタントである大前研一の知識や経験に基づいた最先端のコンテンツを主にオンデマンドで提供。「Lifetime Empowerment」をコンセプトとしている弊社は2013年10月からアオバジャパン・インターナショナルスクールの経営にも参加。幼少期から成人まで、人の成長に応じた教育のパートナーであり続けるために、幼児から定年後まで約60年以上、親子3世代に渡り、生涯の学習をサポートするプラットフォームを形成、世界に通用するグローバル人材の育成を戦略的にサポートしている。輩出人数はのべ約5万人。  http://www.bbt757.com/

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る