• トップ
  • リリース
  • 国民的アニメ『ドラえもん』シリーズ初の3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』を「ビデックスJP」で配信開始!さらに、原作本を抽選でプレゼント!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ビデックス

国民的アニメ『ドラえもん』シリーズ初の3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』を「ビデックスJP」で配信開始!さらに、原作本を抽選でプレゼント!

(PR TIMES) 2015年04月02日(木)09時37分配信 PR TIMES

株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:柳下洋 以下 ビデックス)が運営する動画配信サービス「ビデックスJP」では、『STAND BY ME ドラえもん』の配信を開始します。
本作は、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品。藤子・F・不二雄の原作漫画を再構築し、未来から来たロボットと冴えない小学生の交流を描いています。国民的アニメ『ドラえもん』シリーズ初の3DCG映画であり、第38回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞を受賞しています。
[画像1: http://prtimes.jp/i/1162/68/resize/d1162-68-698006-1.jpg ]


すべての、子ども経験者のみなさんへ。
何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。のび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、乗り気じゃない。そこでセワシはドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまう。果たして、のび太は幸せになり、ドラえもんは22世紀に戻れるのか・・・?
[画像2: http://prtimes.jp/i/1162/68/resize/d1162-68-877465-2.jpg ]

【スタッフ】
原作:藤子・F・不二雄 監督:八木竜一 山崎 貴 脚本:山崎 貴 音楽:佐藤直紀
主題歌:秦 基博「ひまわりの約束」(Ariola Japan / Augusta Records)
アートディレクター:花房 真 CGスーパーバイザー:鈴木健之 サウンドデザイン:百瀬慶一

【キャスト】
ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ しずか:かかず ゆみ ジャイアン:木村 昴 スネ夫:関 智一 のび太青年:妻夫木 聡<br />
【製作年・製作国】
2014年・日本<br />
「ビデックスJP」では、3DCGメイキングや冒頭無料も!
国民的アニメ『ドラえもん』シリーズ初の3DCG作品となる本作。その魅力を知っていただけるよう、3DCGメイキングや、冒頭を無料でお楽しみいただけます。
[画像3: http://prtimes.jp/i/1162/68/resize/d1162-68-313122-3.jpg ]


新訳『ドラえもん』を抽選で10名様にプレゼント!
新訳『ドラえもん』(漫画原作:藤子・F・不二雄 / 文:佐々木 宏 / 発行:小学館)は、映画の原作として使用された藤子・F・不二雄先生の7作品を完全収録!映画のストーリーに沿って、各作品の間をドラえもんの独白という形で文章が補完し、のび太との心の交流を印象的に描きだします。「ビデックスJP」では、新訳『ドラえもん』を期間限定(応募締切:2015年5月11日(月)朝10時まで)、抽選で10名様にプレゼントいたします。
[画像4: http://prtimes.jp/i/1162/68/resize/d1162-68-824092-0.jpg ]

【販売サイト】
■「ビデックスJP」のサイトはこちら :
http://www.videx.jp/
■『STAND BY ME ドラえもん』特集はこちら:
3DCGメイキング・冒頭無料の視聴や、新訳『ドラえもん』抽選プレゼント概要は、特集ページをご覧下さい。
http://www.videx.jp/cinema/sp/standbyme/index.htm
■『STAND BY ME ドラえもん』作品販売ページはこちら:
http://www.videx.jp/detail/cinema/v_c_asmikace/cama0001_0001/index.htm


【株式会社ビデックスについて】
ビデックスは2004年2月に会社を設立以来、映像の視聴者だけでなく映像の作り手の協力を得て、優れた映像が活発に流通する社会の実現を目指しています。そのための1.映像に特化したコンテンツ配信ネットワーク(Contents Delivery Network)技術、2.ユーザビリティを実現するアプリケーション開発技術、3.埋もれた映像資産を掘り起こすための映像ストアクラウドサービス技術を構築し、日々これらの技術をブラッシュアップしています。また、自社サービス「ビデックスJP」を運営しており、人気アニメやドキュメンタリー、洋画、邦画など常時3万本の作品を提供しています。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る