• トップ
  • リリース
  • アデランスの医療事業活動 慶應義塾大学病院に病院内ヘアサロンを出店

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社アデランス

アデランスの医療事業活動 慶應義塾大学病院に病院内ヘアサロンを出店

(PR TIMES) 2015年04月22日(水)11時34分配信 PR TIMES

患者さまのQOLを向上させるアピアランス(外見)ケアをワンストップで提供、バリアフリー化・移動式理美容椅子の導入など、患者さま視点の店舗設計

 株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 根本 信男)は、当社23店舗目となる病院内ヘアサロン「ヘアサロン こもれび」を2015年5月1日(金)、慶應義塾大学病院(東京都新宿区)に出店します。
 病院で療養中の患者さまには、抗がん剤や放射線治療等の副作用による脱毛や爪の変色など外見の変化に悩まれる方が多くいらっしゃいます。当社が展開する病院内ヘアサロンは、患者さまのQOL(Quality of Life)向上を目的に病院内に常設している理美容室です。シャンプー、ヘアカット、カラーリングといった一般的な理美容サービスの提供だけでなく、脱毛に関するご相談、医療向けウィッグの取扱いやアフターサービスの実施、メイク・ネイルの施術など、患者さまの生活を支援するアピアランス(外見)ケアをワンストップで提供します。

 今回、慶應義塾大学病院にオープンする店舗は、清潔感あふれる開放的な空間にプライベートに配慮した施術スペース3席を設けています。エントランスには、手に取って試着していただけるよう、様々なヘアスタイルのウィッグをディスプレイしています。また、店内はバリアフリーを実現し、点滴スタンドや車椅子での来店が可能です。病室までお伺いする出張カットにも対応するため、ご自身での来店が困難な患者さまでもサービスをお受けいただけます。

 当社では、病院内ヘアサロンの運営をはじめ、医療向けウィッグ「ラフラ」の発売、接客スタッフの医療接遇講習受講の義務化、病気やケガなどの理由で脱毛に悩むお子さまにオーダーメイド・ウィッグを提供する「愛のチャリティ」など、髪を通じて心の健康をサポートする医療事業活動に積極的に取り組んでいます。今後とも、お客様のあらゆる毛髪の悩みに応えるべく、安全で高品質な商品・サービスを提供してまいります。

[画像1: http://prtimes.jp/i/10292/67/resize/d10292-67-465100-0.jpg ]



[画像2: http://prtimes.jp/i/10292/67/resize/d10292-67-308007-1.jpg ]


■病院内ヘアサロン「ヘアサロン こもれび 慶應義塾大学病院店」店舗概要
住所:東京都新宿区信濃町35 1号棟地下1階<br /> 電話番号:03-5366-5130
営業時間:9 時〜18 時(日曜、第1、3土曜日定休)
オープン:2015年5月1日(金)
取扱商品:医療向けウィッグ、医療用帽子、まつ毛・眉毛用美容液、スカルプ&ヘアケア関連商品・機器など<br /> 取扱サービス:美容サービス、アフターサービス(ウィッグの手入れなど)メイク・ネイルの施術サービス<br />
※サービスは、患者さまの付き添いやお見舞いの方、院内職員の方もご利用いただけます。


■移動式理美容椅子の導入について<br />  座ったままヘアカットやシャンプー等のサービスをお受けいただける移動式の理美容椅子を導入いたします。ご利用者の身体を優しくサポートするシート形状で、走行中やリクライニング、上下昇降時も安心です。
[画像3: http://prtimes.jp/i/10292/67/resize/d10292-67-506528-2.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/10292/67/resize/d10292-67-952527-3.jpg ]



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る