• トップ
  • リリース
  • ビジネス・ブレークスルー大学大学院、2015年3月より授業料のクレジットカード払いが可能に

プレスリリース

株式会社ビジネス・ブレークスルー

ビジネス・ブレークスルー大学大学院、2015年3月より授業料のクレジットカード払いが可能に

(PR TIMES) 2015年02月27日(金)16時01分配信 PR TIMES

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)が運営するビジネス・ブレークスルー大学大学院(以下、BBT大学大学院)は、ユーシーカード株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:樋口一成、以下UCカード)と授業料のクレジットカード決済について契約を締結し、2015年3月より授業料その他費用のクレジットカード決済サービスを開始いたします。

日本の大学や大学院の多くは、授業料の納付受け付けを銀行振込のみに限っております。BBT大学大学院でも、授業料の納付は銀行振込のみで受け付けておりましたが、2015年3月より、クレジットカード決済サービスを導入する運びとなりました。

ビジネスパーソンに対してより実践的なMBAプログラムをオンラインで提供しているBBT大学大学院は、今年で設立から10周年を迎えます。これを機に、働きながら学ぶ学生にとってさらに便利で学びやすい環境を提供するために、BBT大学大学院は本サービスを導入することにいたしました。BBT大学大学院の学生は、日本国内だけでなく世界各地で働きながら学んでいます。本サービス導入により、BBT独自のオンラインプラットフォームの一つであるBBT University キャンパスからの授業料決済が可能になるため、多忙を極める学生たちは、世界中どこにいても銀行に行く手間をかけずに手続きすることが可能になります。
授業料その他費用は、UCカードをはじめとする、Visa・MasterCardの国際ブランドが付いた全てのクレジットカードで支払うことが可能です。

BBT大学大学院は、忙しいビジネスパーソンでも効率良く、良質の教育を受けられる点が高く評価され、2014年10月に厚生労働省の教育訓練給付制度が適用される「専門実践教育訓練指定講座」に指定されています。今後も、よりよい教育コンテンツを提供し、ビジネスパーソンのスキルアップやキャリアアップに貢献していけるよう努めて参る所存です。

また、UCカードは授業料をはじめとした、カード利用が少ない分野への参入及び拡大に取組み、着実に実績をあげております。今後も、更なる利用分野の拡大を図ると共に、お客様の利便性向上に努めて参ります。


【BBT大学大学院について】
日本初の遠隔教育による経営の専門職大学院として2005年4月に開学。延べ727名の修了生を輩出。「最先端教育でMBAを、よりスマートに、より実践的に」をスローガンに資本主義経済を勝ち抜く実力を備えたビジネスパーソンの育成を目的としている。過去の事例ではなく現在起こっているビジネス上の出来事をテーマとして学ぶ大前研一考案の教授法「RTOCS(アールトックス:リアル・タイム・オンライン・ケーススタディの頭文字をとったもの)」をはじめ、独自のカリキュラムでキャリア貢献度NO.1を目指すMBA教育を展開。2014年10月より厚生労働省の教育訓練給付制度が適用される「専門実践教育訓練指定講座」に指定されている。修了率は9割近い。
http://www.ohmae.ac.jp/

【BBTについて】
世界に通用するビジネスパーソンの育成を目的として1998年に設立した教育コンテンツプロバイダー。マネジメント教育事業を主軸とし、世界的経営コンサルタントである大前研一の知識や経験に基づいた最先端のコンテンツを主にオンデマンドで提供。「Lifetime Empowerment」をコンセプトとしている弊社は2013年10月からアオバジャパン・インターナショナルスクールの経営にも参加。幼少期から成人まで、人の成長に応じた教育のパートナーであり続けるために幼児から定年後まで約60年以上、親子3世代に渡り、生涯の学習をサポートするためのプラットフォームを形成、世界に通用するグローバル人材の育成を戦略的にサポートしている。輩出人数はのべ約5万人。
http://www.bbt757.com/

【UCカードについて】
2014年6月に創業45周年を迎える。1969年の創業以来、1,500万人の会員の皆さまに愛用され、現在では〈みずほ〉のグループ会社として、日本でも海外でも、喜び・便利さ・安心感を生む信頼のブランドとして成長。カードに限らず現金取引のあるところ全てをマーケットとするペイメント産業をリードし、日本のキャッシュレス社会の創造に邁進することで、今後も更なる利便性の向上に努めていく。
http://www2.uccard.co.jp/

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る