プレスリリース

  • 記事画像1

華為技術日本株式会社

ファーウェイ、LTE Cat4 CarFiをMWC2015にて発表

(PR TIMES) 2015年03月06日(金)15時58分配信 PR TIMES

便利で洗練された、4G LTE対応の車載用モバイルホットスポット

本参考資料は2015年3月3日にスペイン・バルセロナで発表されたプレスリリースの翻訳です
[画像: http://prtimes.jp/i/2531/64/resize/d2531-64-556236-0.jpg ]



 世界有数の ICT ソリューション・プロバイダーであるファーウェイ(中国語表記:華為、英語表記:HUAWEI)は本日、4G LTE対応の車載用Wi-Fi デバイス、『Huawei CarFi』を発表しました。耐久性が高い最高級素材を採用し、ゴルフ用クラブの優雅なラインからデザインの着想を得た本製品は、車を日常生活における便利なWifiホットスポットに変身させます。最大150 Mbpsのダウンロードスピードを提供し、最大10種の端末が接続できる『Huawei CarFi』は、車両を問わず簡単にセットすることができます。イノベーションがいかに消費者に利便性をもたらすかを体現するために、ファーウェイはモバイル・ワールド・コングレス(MWC)2015の開催期間中、スペイン・バルセロナ内における400台のブランド車に『Huawei CarFi』を提供し、乗客が移動中も簡単にインターネット接続ができる環境を提供しました。

ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ のモバイル・ブロードバンドとホームデバイスにおけるバイス・プレジデント、スティーブン・リウ(Steven Liu)は述べています。
 「ファーウェイは、生活のあらゆる場面におけるインターネット接続のニーズに素晴らしい技術で応える、常に一歩進んだ存在であることを目指しています。次世代LTEネットワークを提供するモバイルブロードバンドのリーダーとして、『Huawei CarFi』のように端末を通じて人々が移動中も自由につながる喜びを提供して参ります。『テレマティックス』として知られる車両のインターネット接続は業界における顕著なトレンドであり、今後人々に安全性と利便性をもたらし、情報エンターテインメントを提供していくでしょう。」

 車内の情報エンターテインメントシステムにおけるWi-Fiの普及は重要なトレンドになることが予想されます。このトレンドにいち早く応え、大きなビジネスポテンシャルとチャンスを得るため開発された『Huawei CarFi』は超高速なLTECat4に対応し、業界を先導するスピードである150Mpsを誇り、最大10人までの乗客がネットワークに迅速かつ容易にアクセスすることができます。車内のインターネット接続によって得られるサービスや機能は多数あり、パーキングアシスト、緊急救助、車両問題の診断、ハンズフリー音声認識、高速道路状況のリアルタイム更新、そしてドライバーの運転パターンの識別などが挙げられます。

 Wi-Fiに対応したデバイスが認識されなかった場合は、『Huawei CarFi』の電源は自動的に落ちますが、車のエンジンがかかっている限り、他の電化製品への充電に使用することができます。『Huawei CarFi』には高温気候下によるオーバーヒートを保護するバッテリーではなく、必要な時にデバイスの温度を自動的に下げる内蔵式の温度自動調節機能が搭載されています。

 車内のシガーソケットまたは車内充電器の差込口に収まる『Huawei CarFi』は、安全運転と利便性を確保するために、「オン」ボタンを一度長押しするだけで電源が入る「プラグアンドプレイ」機能が特徴となっております。また、主要なアプリストアを通じてAndroidやiOSスマートフォンに『Huawei Hilink』アプリをダウンロードすると、スマートフォンでの遠隔操作も可能となります。

 日常使用に耐えうるよう、特に上質な木材とカーボン繊維を採用した『Huawei CarFi』は繊細な職人技が細部で光る、優雅で洗練されたデザインを実現しました。一般的な車のインテリアに馴染むよう、カラーバリエーションは3色展開しており、ファッションエリートブラック(黒)、ウォームファミリーウッド(温かみのある茶色)、ダイナミックスピードレッド(赤)からお選びいただけます。

 イギリスでは2014年11月から、オペレータのEE様を通じて『Huawei CarFi』を提供しており、2014年12月からは西ヨーロッパでもオープンマーケット製品として流通しております。日本では、ワイモバイル様より、『Car WiFi 404HW』として、この春発売予定です。車内充電器と車内用シガーソケットを装備したすべての主要自動車メーカーのモデルに対応しています。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る