• トップ
  • リリース
  • デノン初!Dolby Atmos対応 7.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X4100W」発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ディーアンドエムホールディングス

デノン初!Dolby Atmos対応 7.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X4100W」発売

(PR TIMES) 2014年08月15日(金)10時10分配信 PR TIMES

ベストセラーAVアンプシリーズが、早くも新世代サラウンドフォーマット対応を実現して新登場<br />
(株)ディーアンドエムホールディングスは、劇場用として2012年に登場したDolby 社の最新シネマサウンド技術「Dolby Atmos」を家庭で実現できる機能を搭載したに対応するAV サラウンドレシーバー「AVR-X4100W」を9 月中旬に発売いたします。
Dolby Digital以来のサラウンドフォーマットの革新となるDolby Atmos。2012年に劇場用として登場以来、映画のサウンド表現の可能性を広げるフォーマットとして、最新の話題作に積極的に採用されています。

AVR-X4100W は、ハイパワーなDSP「SHARC プロセッサー」を4 基搭載することにより、この最新のサラウンドフォーマットDolby Atmos を家庭で体感いただく事をいち早く実現したAVサラウンドレシーバーです。

デノンのAV サラウンドの基幹技術である「D.D.S.C.-HD」、ハイビット化によるアナログ波形再現技術「AL 24 Processing Plus」、ジッターを極小化する「Denon Link HD」、自動音場補正機能「AudysseyMultEQ XT32」および2 台のサブウーハーを個別に補正する「Sub EQ HT」に対応しています。
さらに、Hi-Fi オーディオアンプの設計思想を継承した、7ch ディスクリート構成のパワーアンプを搭載。電源部のブロックコンデンサーにはデノンカスタム品を採用し、パワーアンプの初段に高性能なデュアル・トランジスターを採用するなど、音質設計をさらにブラッシュアップ。よりエネルギッシュな再生を実現しコンテンツ制作者の意図をありのままに再現します。
ネットワークとUSB メモリー入力で、新たにDSD とAIFF のファイル再生に対応。スタジオマスターに限りなく近く、高解像度なハイレゾ音源をよりスマートに楽しめます。さらにWi-Fi とBluetooth 機能を内蔵。煩わしい配線なしで、ネットワークオーディオやスマートフォン、タブレットのからのワイヤレス再生を楽しめます。
HDMI 入出力は8 入力/3 出力を装備。4K Ultra HD 60p のパススルーや4K 60p へのアップスケーリングにも対応しています。さらに、4K 60p、4:4:4、24bit の映像処理に対応。色情報の間引きをおこなわず、オリジナルの解像度のまま処理することにより、高精細な色調表現を実現します。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る