• トップ
  • リリース
  • マランツより、エントリークラスのCDプレーヤーCD5005、プリメインアンプ PM5005が発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社ディーアンドエムホールディングス

マランツより、エントリークラスのCDプレーヤーCD5005、プリメインアンプ PM5005が発売

(PR TIMES) 2014年06月20日(金)10時21分配信 PR TIMES

上位機種の技術を踏襲し、更なる進化を実現。


マランツは、プリメインアンプ「PM5005」と、CD プレーヤー「CD5005」を発売いたします。
PM5005はシリーズ初、プリアンプにフルディスクリート構成の電流帰還型増幅回路を採用。さらに、圧倒的なハイスルー<br /> レートを誇るマランツオリジナルのディスクリート・アンプモジュールHDAM(R)SA2 + HDAM(R)SA3 を実装し、ハイスピード化と<br /> 超高域にまで至る優れたチャンネルセパレーションを実現。オーディオ信号を内部で劣化させることなく、忠実にパワーアンプに<br /> 送り出します。また、フルディスクリート構成のパワーアンプには、新たにV /Iサーボ回路を搭載。効率の良い的確な増幅を行
うことにより、ノイズを低減させるだけでなく、クラスを超えたスケール感を再現します。
CD5005 は、DAC に上位機種SA8005 と同様のシーラスロジック社「CS4398」を採用。数多くのマランツ製スーパーオーディオCD
プレーヤーでの採用実績があり、使いこなしを知り尽くしたD/A コンバーターです。さらに、近傍にクロックを配置することで精度<br /> の安定化を図り、豊かな情報量と広大な空間表現を再現します。また、CD のメカエンジンは上位機種CD6005 と同様の新型メカ<br /> エンジンを採用。しっかりと作りこまれた信頼のメカニズムは、ディスクの読み取り制度を高め、高品位な音楽再生に貢献します。
マランツ独自の高速アンプモジュールHDAM(R) とHDAM(R)SA2 を実装したアナログ出力回路、高速バッファーアンプを搭載した
フルディスクリート・ヘッドホンアンプなど、高音質設計を継承しています。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る