• トップ
  • リリース
  • メットライフ生命 女性の「もっと」をかなえたい女性にやさしい企業を目指し、新プロジェクトを結成

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

メットライフ生命

メットライフ生命 女性の「もっと」をかなえたい女性にやさしい企業を目指し、新プロジェクトを結成

(PR TIMES) 2015年03月25日(水)17時01分配信 PR TIMES

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 社長 サシン・N・シャー<a href="http://www.metlife.co.jp/" target="_blank" rel="nofollow">http://www.metlife.co.jp/)では、
「女性にやさしい企業」を目指して、このたび新プロジェクトを発足しましたので、お知らせいたします。
2015年2月に女性を応援するプロジェクトである「Lucy’s」を立ち上げ、商品やサービス開発などさまざまな面で女性視点を取り入れていきます。
また、2013年に発足した社員による組織「JWBN(Japan Women’s Business Network)」は、ダイバーシティ推進のため、これまでの東京・長崎から組織拡大し、2015年3月には近畿圏にも活動範囲を広げています。

[画像1: http://prtimes.jp/i/5541/48/resize/d5541-48-754957-2.jpg ]

女性が輝いていられる社会を応援するメットライフ
そして応援している私たちメットライフの社員自身も輝いていく<br />
Lucy’sとJWBNの活動で、メットライフ生命は女性の「もっと」をかなえる応援をしていきます。

[画像2: http://prtimes.jp/i/5541/48/resize/d5541-48-359883-3.jpg ]

Lucy’s(ルーシーズ):女性社員と女性営業職員が部門の垣根を越えて結成した、社員によるプロジェクトです。女性ならではの視点で、お客さまに選ばれる商品やサービスを開発していきます。(2015年2月発足)




[画像3: http://prtimes.jp/i/5541/48/resize/d5541-48-455343-4.jpg ]



JWBN(ジェイ ダブリュー ビー エヌ):ダイバーシティ推進のための社員組織で、女性の活用をテーマとするフォーラムやミーティングを社内外に向けて行い、女性が自ら変わる意識付けやネットワーキングを中心に、さまざまな活動を行っています。
(2013年発足、2015年3月組織拡大)

メットライフにおけるダイバーシティ<br /> 企業におけるダイバーシティは、お客さまの多様なニーズに応えるためにも欠かせない要素です。メットライフは、多様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することにコミットし、ダイバーシティに取り組んでいます。メットライフでは、イノベーションを生み出し価値創造にもつながる「多様性」をグローバルで大切にしており、お客さまの多様なニーズにお応えできる源泉でもあると考えています。
メットライフ本社(米国)はNational Association for Female Executives (NAFA 全米女性役員協会)より、2015年度女性役員の働きやすい企業トップ50社に選出されています(過去9年間に8回選出されています)。
また、社長のサシン・N・シャーも「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」*のメンバーとなっています。
*輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会について<br /> 2014年3月28日に首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、輝く女性・輝こうとする女性たちを応援する各界のリーダーたちによるムーブメントが拡がっています。このような中、女性の活躍推進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーによる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」が開催されました。
輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会「行動宣言」ホームページ(内閣府男女共同参画局)
http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/male_leaders.html

<参考資料>
[画像4: http://prtimes.jp/i/5541/48/resize/d5541-48-894694-0.jpg ]

[画像5: http://prtimes.jp/i/5541/48/resize/d5541-48-398073-1.jpg ]



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る