• トップ
  • リリース
  • ゴールドディスク作を含めた旧譜10タイトルの期間限定セールも開催!スウェディッシュ・ポップの「Cloudberry Jam」約2年ぶりとなる新作リリース決定!!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

ゴールドディスク作を含めた旧譜10タイトルの期間限定セールも開催!スウェディッシュ・ポップの「Cloudberry Jam」約2年ぶりとなる新作リリース決定!!

(PR TIMES) 2015年04月22日(水)12時33分配信 PR TIMES

新作の全曲試聴動画も公開!


[画像1: http://prtimes.jp/i/11969/44/resize/d11969-44-753490-0.jpg ]

カーディガンズやエッグストーンらと共に、90 年代半ばの日本におけるスウェディッシュ・ポップ・シーンの代表的バンドとして君臨したクラウドベリー・ジャムの待望の新作がiTunes限定で本日より配信開始となった。
2年3ヶ月ぶりの日本でのリリースとなる今作は、リード曲「Reaching for the top」を筆頭に、春らしくポップな新曲5曲に加え、過去の曲のアコースティック・バージョンを2曲加えた全7曲収録。

リリースに向けてメンバーからのコメントも寄せられた。
ーーーーーーーーーー<br /> [画像2: http://prtimes.jp/i/11969/44/resize/d11969-44-277619-1.jpg ]

「こうやって新譜をリリースできるのは嬉しいけど、長い間バンドと一緒に試行錯誤しながら生きてきた曲達が「完成」という形になり巣立っていくのは、少し心にぽっかり穴が空いたような気持ちにもなるね。音楽業界はバンドの初期の頃に比べて大きく変わったしメンバーも歳をとったけど、音楽に対する情熱はずっと変わらず強く持ってるよ。それが曲を通して伝わると嬉しいな。」
ーーーーーーーーーー<br />
【Cloudberry Jam『We move like we are dancing EP』アルバムサンプラー】
[動画: http://www.youtube.com/watch?v=Hy-NDBGREXg ]



<リリース情報>
Cloudberry Jam『We move like we are dancing EP』<br /> 2015/4/22 iTunes限定リリース / 750円(税込)
iTunesリンク:https://itunes.apple.com/jp/album/we-move-like-we-are-dancing/id982898779

<収録曲>
1. Reaching for the top
2. Dive buddy
3. A new beginning
4. Brave enough
5. So we go
6. Today and then forever (acoustic version)
7. Growing up in the 80’s (acoustic version)

また、新作のリリースを祝して旧譜10タイトルをiTunes限定でプライスダウン。
10万枚以上のセールスを記録してゴールドディスクも獲得したアルバム「PROVIDING THE ATMOSPHERE(雰囲気づくり)」や、すでにCDでは廃盤になっているタイトルもセールの対象となっている。

<プライスダウン対象アルバム> 期間:2015/4/22〜5/6
・CLOUDBERRY JAM
・PROVIDING THE ATMOSPHERE (雰囲気づくり)
・The Impossible Shuffle
・movin’ on up
・The Great Escape
・right here, right now
・A Good Day Is Coming
・Stop And Listen (輝く季節のなかで)
・Now and Then
・brick by brick, stone by stone


《CLOUDBERRY JAM biography》
1991 年、高校の同級生にて結成。
1995年にライブハウスクアトロを運営する「クアトロ・レーベル」より日本デビュー。
カーディガンズのデビューアルバムを手がけていたトーレ・ヨハンソンが数曲プロデュースしている。
この日本デビュー・アルバム「Cloudberry Jam」は収録曲「エレベーター」がラジオ・ヒットしたこともあって、アルバムのセールスが1ヶ月で5万枚を超えるという、海外のインディーバンドとしては異例の高い売り上げを記録した。
1996年に発売した2ndアルバム『雰囲気づくり』(原題は「Providing theAtmosphere」)は、10万枚を超える売り上げを記録してゴールド・ディスクを獲得、日本での人気を決定付けた。
親しみやすく洗練された音楽性は、本国スウェーデン以上に日本において多くのファンを獲得。カーディガンズやエッグストーンらと共に、90 年代半ばの日本におけるスウェディッシュ・ポップ・シーンの代表的バンドとして君臨した。
1998 年「大好きな音楽がビジネスになってしまった」ことに違和感を覚えたジェニー(Vo)が脱退を表明、他のメンバーも彼女の決断を尊重し突如解散を発表。
解散から6年後の2004年にジェニー(Vo)、ヨルゲン(G)、ヘンリック(Key)という中心人物3人で再結成を果たした。
再結成後の活動はマイペースながらもコンスタントに来日公演やリリースを重ね、90年代からのファンだけでなく、新たな世代のファンも増え続けている。


2007年、スウェーデンハウス九州支店制作のCMに出演。「8時間で最も多く放送された、同一商品のTVコマーシャル」としてギネス記録に認定。


日本人アーティストとのコラボレーションも多数。
・上戸彩(リミックス)
・Elmio(客演)
・羊毛とおはな(プロデュース)
・The Arrows(客演)
・hal(プロデュース)
・杉恵ゆりか(プロデュース)

<オフィシャルFacebook>https://www.facebook.com/cloudberryjam



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る