• トップ
  • リリース
  • 世界最古のシャンパーニュ・メゾンが生み出すシャルドネの芸術「ルイナール」。パッケージデザインを一新し、6月より生まれ変わります。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

世界最古のシャンパーニュ・メゾンが生み出すシャルドネの芸術「ルイナール」。パッケージデザインを一新し、6月より生まれ変わります。

(PR TIMES) 2015年03月26日(木)13時57分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/6986/44/resize/d6986-44-373713-0.jpg ]

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)は、シャルドネのみでつくりあげる特別なシャンパーニュ、「ルイナール ブラン・ド・ブラン」と「ルイナール ロゼ」のパッケージデザインを一新し、2015年6月より順次発売いたします。

1729年に誕生し、“シャンパーニュの宝石”と謳われる世界で最古のシャンパーニュ・メゾン、ルイナール。

“高貴な品種“といわれるエレガンスと洗練、フレッシュネスをあわせ持つシャルドネにこだわり、使うシャルドネの80%はグラン・クリュ(ブドウの特級畑)。優しい果実味と凛とした酸味の優雅な味わいを引き出す巧みな技術を有することから、”シャルドネ・ハウス”とも称されます。

シグニチャーであるブラン・ド・ブランの新しいパッケージを彩るのは、上質なシャルドネだけが生み出すことのできる、エレガントでピュアな味わいを連想される淡いゴールド。そして幾多ものシャンパーニュが熟成を待ちながら眠る、真っ白なガロ・ロマン時代のクレイエル(石灰石の石切り場跡)を髣髴とさせるホワイトです。光が差し込み幻想的で神聖ともいえる雰囲気につつまれるクレイエルは、“光をまとうシャンパーニュ”、ルイナールのもう1つの姿です。洗練されたエレガントな風味とピンクがかったゴールドの色合いが美しいルイナール・ロゼも、より一層フレッシュな味わいを表現する濃いピンクのパッケージに生まれ変わります。

また、最古のメゾンの象徴である創業年“1729年“という数字も、ボトルネックに新たに刻まれました。


[画像2: http://prtimes.jp/i/6986/44/resize/d6986-44-552093-4.jpg ]

ルイナールの紋章に隠された秘密
新しいパッケージではルイナールの紋章がよりはっきりと確認できるようになりました。紋章には2頭のライオンに支えられる盾の上に子爵(ししゃく)の冠が配置されています。盾に描かれた2つ星とハートは、ルイナール一族の美徳である純粋さ、謙虚さ、希望と真実を表し、ゴールドのシェルボンはルイナールが豊かで守られ、純潔で不動な存在であることを象徴。紋章上部にある赤いバラは愛、勇気、大胆さ、輝き、寛大さを表しています。

[画像3: http://prtimes.jp/i/6986/44/resize/d6986-44-930747-1.jpg ]

ルイナール ブラン・ド・ブラン<br />
シャルドネのみから造られた、淡いゴールドに輝く、エレガントな味わいのブラン・ド・ブラン。繊細で長く続くパールのような泡立ちとともに、新鮮なフルーツや、花々のみずみずしく芳醇な香りが広がり、複雑なアロマを放ちながらもフレッシュで滑らかな風味が楽しめます。優れた食前酒として、夏の午後に陽の光を浴びながらテラスでくつろぐ時に。また、白身魚やシーフードなどの料理にもよく合います。

<希望小売価格>  10,400円 (ギフトボックス入り)
<取り扱い>      全国主要百貨店ルイナール ブラン・ド・ブラン<br />

[画像4: http://prtimes.jp/i/6986/44/resize/d6986-44-650011-2.jpg ]

ルイナール ロゼ<br />
ピンクがかったゴールドの美しい色合いで、洗練されたエレガントなロゼ・シャンパーニュ。
「シャルドネ ・ハウス」によるフレッシュな味わいのロゼは、ベースワインに45%という稀に見る高い比率で配合されるモンターニュ・ド・ランスのブドウ園で収穫されたシャルドネを配合しています。
口当たりが滑らかで赤い果実のアロマを持った、凝縮したシャルドネの味わいが特徴的なルイナール ロゼ。季節を問わず食前酒や食事とあわせてお愉しみいただけます。

<希望小売価格>  10,400円 (ギフトボックス入り)
<取り扱い>      全国主要百貨店ルイナール ロゼ<br />
[画像5: http://prtimes.jp/i/6986/44/resize/d6986-44-173828-3.jpg ]

ルイナール<br />
1729年、世界で最初のシャンパーニュ・メゾンとして誕生したルイナール。

コート・デ・ブランとモンターニュ・ド・ランスで収穫された最高品質のブドウを巧みに選定し、「清らかさ」「フィネス」「エレガンス」を追求しその繊細でフレッシュ、丸みのある豊かな味わいを引き出す高い技術を有するシャンパーニュ作りのエキスパートであることから、「シャルドネ ・ハウス」とも呼ばれています。

熟成には、1931年にフランスの歴史的建造物としてシャンパーニュ地方で唯一指定された、ガリアローマ時代の白亜質の石切り場跡「クレイエル」を使用。シャンパーニュの熟成に理想的な一定の温度と適度な湿度を保つ環境この環境で、繊細かつ清らか、エレガントなルイナールスタイル「シャルドネの芸術」を完成します。
          



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る