• トップ
  • リリース
  • ドン ペリ二ヨン エル・ブリ ファウンデーションとのコラボレーションを発表

プレスリリース

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

ドン ペリ二ヨン エル・ブリ ファウンデーションとのコラボレーションを発表

(PR TIMES) 2015年03月26日(木)12時01分配信 PR TIMES

未来に向けてのプロジェクト-ドン ペリ二ヨン・デコーディング<br />

MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(東京都千代田区神田神保町)は、取り扱いブランド ドン ペリニヨンより、「創造する力」をテーマにドン ペリ二ヨンとエル・ブリ ファウンデーションのフェラン・アドリアが出会い生まれた、3年間にわたるコラボレーション プロジェクト「ドン ペリ二ヨン・デコーディング」を発表します。これは、世界一のワインを生み出すこと、そしてその知識と革新性を次世代へと受け継ぐことを目的とした無限の探究心に溢れた実験的な試みです。

深い洞察へと導かれる旅
「ドン ペリ二ヨン」と「エル・ブリ・ファウンデーション」を導く二人の名匠、ドン ペリニヨン醸造最高責任者リシャール・ジェフロワとエル・ブリのフェラン・アドリアは、5月13日 東京にてこのコラボレーションの披露にあたり特別に用意された「ドン ペリニヨン ラボ」より、「ドン ペリニヨン デコーディング」の発表を行います。「ドン ペリ二ヨン・デコーディング」とは、ドン ペリ二ヨンの特異性と、唯一無二の価値の所以について理解を深め、体系的に定義づけを行うことによって、ドン ペリニヨンを通して得られる「体験」を更に昇華させていくことを目的とした3年間にわたる探求の旅です。それは、革新(イノベーション)にまつわる正確な知識を見出し、更にそれを分類することを目的とした旅路です。
「ドン ペリ二ヨン・デコーディング」は、「エル・ブリ ファウンデーション」の英知に基づき、
創造から体験までのプロセスをデコーディング(:読み解くこと)によって、その分野、定義、生成された結果を理解しようとする手法です。

ドン ペリニヨン醸造最高責任者リシャール・ジェフロワとフェラン・アドリア:
長年にわたるクリエイティブで親密な関係
ドン ペリニヨンの醸造最高責任者として、唯一無二のヴィンテージを生み出す無類のクリエーター:
リシャール・ジェフロワと、飽くなき創造力をもって世界で敬愛されるシェフ:フェラン・アドリアは、互いのクリエイティブな磁力により引き合わされました。
彼らはそれぞれの分野で、同様の思想に辿り着きました。それは知識を創造し共有し、伝達するという使命です。醸造最高責任者が新しいヴィンテージを造り、常にドン ペリ二ヨンを表現する新しい道を模索する傍らで、カタルーニャのトップシェフはガストロノミーにおけるクリエイティブの境界線を常に押し上げてきました。

リシャール・ジェフロワとフェラン・アドリアによるクリエイティビティの融合は、今回の「ドン ペリ二ヨン・デコーディング」が初めてではありません。時は2011年、フェラン・アドリアがホストを務めた ドン ペリ二ヨン・ディナーに遡ります。更にその年、フェラン・アドリアがレストラン「エル・ブリ」の閉店を発表し、ドン ペリ二ヨンを迎えてのエル・ブリ最後ディナー(晩餐)が催されました。 時は更に流れ2014年、ドン ペリニヨンはフェラン・アドリアの「Notes on Creativity」のプレミア、及びニューヨークのドローイングセンターにて行われたエキシビションをサポートしました。 そして今日ドン ペリ二ヨンは、フェラン・アドリア率いるエル・ブリ ファウンデーションが目指す、創造のプロセスを探求、デコーディング(読み解き)し、創造のゲノムを解き放とうとする大規模なプロジェクトをサポートする運びとなりました。この一連のプロジェクトは、ドン ペリ二ヨンがブランドのテーマとして掲げる「創造する力」を、更に未来に向けて検証し、更に多くの人々と共有したいとする思いに根ざしています。

今、二人の創造の名匠は「ドン ペリ二ヨン・デコーディング」を未来へ推し進めるために活動を開始しました。ドン ペリ二ヨンとエル・ブリ ファウンデーションによる誓約は、現在を超越し、ドン ペリ二ヨン・ファンのためのドン ペリニヨンの体験を更なる高みへと導くため、次世代へと鍵を渡すことを目的としています。

ドン ペリニヨン 創造する力について;
ドン ペリニヨンのヴィンテージに対する誓約は絶対的です。最高品質の葡萄のみから造られ、「創造する力」に献身を誓うドン ペリニヨン、そのヴィンテージ全てが、醸造最高責任者リシャール・ジェフロワによって誕生の度に刷新され、世界の偉大なクリエーターにインスピレーションを与え続けています。ドン ペリニヨンはその全てのヴィンテージに、3段階にわたる熟成のピーク(プレニチュード)があり、その全ての熟成のピークにおいて凝縮感に貫かれた味わいが、魅惑を放っています。

エル・ブリ・ファウンデーションについて: 創造の糧となる食の知識
エル・ブリ・ファウンデーションは、フェラン・アドリア氏とジュリ・ソレール氏によって2013年2月7日、設立されたプライベートなファウンデーションです。食の言語を通して継続的に「創造」と「革新」を発信し続ける新たな仕組みへとエル・ブリを転換し、社会に永続的な伝説を残すというビジョンをもって設立されました。
フェラン・アドリア<br /> 1962年5月14日年生まれ。賞賛と表彰を受け続けて来た世界最高のシェフ。因習を打破しようとするパーソナリティ、そして挑戦を続ける貪欲さ。カタルーニャの青年の旅は、Castelldefelsの小さなレストランで始まりました。1980年に皿洗いとして採用されて以来学び続け、バルセロナのあらゆるレストランで働き、身につけたその技術を生まれ故郷であるカタルーニャ料理に基づき完成。 そして1983年、エル・ブリの素晴らしい冒険が始まりました。次にフェラン・アドリアは、彼のクリエイティビティに自由を与え、彼の革新的な技術を発展させるために、年の半分はレストランをクローズ。デザイン、構成、演出、感覚的な驚きにおいて、カタルーニャの伝統的風合を表現する彼は、一皿一皿を珠玉の作品にすることができる卓越した才能を持っています。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る