• トップ
  • リリース
  • 世界初のシリコーンオイル浸透技術でスナップバック性能を向上 スピンが掛かりやすいテニスストリング「ポリツアースピンG125」 2014 年10 月下旬発売

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ヨネックス株式会社

世界初のシリコーンオイル浸透技術でスナップバック性能を向上 スピンが掛かりやすいテニスストリング「ポリツアースピンG125」 2014 年10 月下旬発売

(PR TIMES) 2014年09月16日(火)18時29分配信 PR TIMES

ヨネックス株式会社(代表取締役社長:米山勉)は、世界初の浸透技術SIF 製法(Silicone oil Infused Filament)※によって、ストリングが大きく動いて素早く復元する“スナップバック”性能を高め、スピンが掛かりやすいことから相手を追い込むショットを可能にし、更にその効果が長時間持続するポリエステルテニスストリング『ポリツアースピンG125』を2014 年10 月下旬に発売いたします。
スピンはボール打球時にずれたストリングが元に戻ること(スナップバック)によって生まれますが、ストリングが動きやすいことを特長とする従来のストリングでは、潤滑効果のあるシリコーンオイルを表面のみにコーティングするため、打球のたびにコーティングが剥がれ、性能が低下する問題がありました。

今回発売となる『ポリツアースピンG125』は、世界初の浸透技術SIF製法を採用し、ストリングの内部にまでシリコーンオイルを浸透させることで潤滑性能を向上させ、その効果が持続します。また、ストリングの断面を5角形にすることで、ボールが引っかかりやすくなり、相乗効果でスピン性能が向上し、相手を追い込むショットで試合を有利に進めることができます。

※SIF製法はナノダックス(株)協力のもと開発しました。


テクノロジー<br />
◆構造


◆世界初の浸透技術「SIF TECHNOLOGY (Silicone oil Infused Filament)」

従来の製法ではシリコーンオイルを表面のみにコーティングしていたため、打球のたびにコーティングが剥がれ、性能が落ちてしまう問題がありました。本製品ではSIF製法を採用し、ストリングの内部にまでシリコーンオイルを浸透させることに成功。ストリングが大きく動いて素早く復元するスナップバック性能を高め、その効果が持続します。


◆性能比較データ(当社従来品との比較)


製品概要



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る