プレスリリース

  • 記事画像1

特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International

簡単社食サービス『オフィスおかん』がTABLE FOR TWO導入

(PR TIMES) 2015年03月26日(木)15時26分配信 PR TIMES

おかんの一食で、世界の子どもたちに給食をプレゼント、CSR活動にハードルを感じていた中小・ベンチャー企業でも社会貢献が可能に<br />
日本発、世界の食料問題の解決に取り組むNPO法人TABLE FOR TWO International(東京都港区、代表 小暮 真久以下、TFT)の活動に賛同した、株式会社おかん(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:沢木恵太、以下おかん)はTFTと連携し、同社が運営する社食を設備投資なしで簡易的に導入できるサービス『オフィスおかん』(<a href="http://office.okan.jp" target="_blank" rel="nofollow">http://office.okan.jp)の食事を通じて寄付ができる「CSR支援プログラム supported by TABLE FOR TWO」を2015年4月より開始いたします。これにより、中小・ベンチャー企業でもCSR(企業の社会的責任を果たす)活動に気軽に参加することが可能になります。
[画像: http://prtimes.jp/i/8886/40/resize/d8886-40-440831-0.jpg ]



『オフィスおかん』は、導入企業のオフィスに冷蔵庫・専用ボックスを設置し、1ヶ月保存できる健康的な惣菜・ご飯・スープを常備する簡単社食サービスです。導入企業の従業員は、「鯖の味噌煮」「ひじき煮」「玄米ごはん」など、無添加・無加調の健康的な食事を1品100円から24時間購入することができます。「CSR支援プログラム supported by TABLE FOR TWO」の寄付対象商品は、本支援プログラムに賛同した企業内に設置した『オフィスおかん』の全商品です。1品購入につき5円がTFTを通じてアフリカとアジアの子ども達の学校給食のために寄付されます。オフィスおかんでは1回の食事で4品購入する人が多く、4品の場合、寄付金額が20円(20円=給食1食分)となり、1回の食事につき1食の給食をプレゼントできます。


株式会社おかん 代表取締役社長 沢木恵太氏コメント
「おかんではこれまでも、利用者の課題や要望に合わせた商品を提供することで、忙しい社会人によくある“時間がないから食事を抜く&rdquo;“夕食が遅くなる”“便利さと引き換えに健康面で心配なものを食べる”など、仕事と食生活のバランス=『ワーク・フードバランス』が乱れがちな勤務中の食生活に関する社会課題解決のため、『オフィスおかん』を提供してまいりました。

3月26日で1周年を迎えた『オフィスおかん』。TABLE FOR TWOの『地球はひとつの食堂だ、と考える。』のコトバに共感し、今回の取り組みが実現することとなりました。『&ldquo;おかん”の愛を世界に!』をスローガンに、おかんとして、今後も食と福利厚生を起点とした社会貢献に力を入れていきたいと考えております」

■『オフィスおかん』とは  〜ローンチから1年たった今〜
『オフィスおかん』は、導入企業のオフィスに冷蔵庫・専用ボックスを設置し、1ヶ月保存できる健康的な惣菜・ご飯・スープを常備する簡単社食サービスです。導入企業の従業員は、「鯖の味噌煮」「ひじき煮」「玄米ごはん」など、無添加・無加調の健康的な食事を1品100円から24時間購入することができます。食事のデリバリーに加え、専用集金ボックスや使い捨て耐熱皿、冷蔵庫などの付属品の貸与も行います。このサービスを利用することで、企業は従来の社食より圧倒的低コストで導入でき、福利厚生の向上に役立てることができます。サービスリリース以降業界・業種・企業規模問わず現在約100社にてご利用いただいております。

■サービス提供地域詳細(2015年3月26日現在)
・サービス提供可能地域: 東京23区内
・サービス提供中地域: 都内15区/23区<br /> ・導入企業数: 約100社<br />
・地域別特色<br /> <中心部東(中央区、港区ほか)>
規模100名以上の企業が多数。オフィスの近くに飲食店が少ない、ランチ時移動に時間がかかるなどの問題を抱えている傾向があります。

<中心部西(新宿区、渋谷区ほか)>
IT系企業が多数。ランチ時間が短いため、健康に気を使った食事をとってほしい企業側からの要望が非常に高い傾向にあります。残業飯としてご利用いただくことも。

<北西部(練馬区・中野区ほか)>
工場、建設業、個人クリニックなど、小〜中規模の導入企業が多い傾向があります。

<南部(品川区、大田区、世田谷ほか)>
IT企業・士業など導入企業など、企業規模・業種問わず、広くご利用いただいています。

導入企業のいない北部地域については、駅から離れた大規模工場を所有する企業からの相談を受けるなど需要が高く、今後近隣に飲食店のない北部地域での導入が見込まれます。

■株式会社おかんについて<br /> http://company.okan.jp
株式会社おかんは、「現代のニーズに沿った食品の流通・販売システムの構築」をテーマに、2013年3月より個人向けに定期仕送りサービスを開始、2014年3月より法人向けに簡易設置型社食サービスを開始いたしました。地方の製造者や物流網を持った企業の遊休スペースや遊休時間を活用することで、消費者へ質の高い商品を利便性高く提供することを実現しており、消費者の食生活支援のみならず、地方経済への貢献も実現しています。

■NPO 法人 TABLE FOR TWO International について<br /> http://jp.tablefor2.org/
2007 年 10 月設立。“TABLE FOR TWO”を直訳すると「二人のための食卓」。先進国の私達と開発途上国の子どもたちが食事を分かち合うというコンセプトの下、社員食堂や店舗で TFT ヘルシーメニューを 購入すると、代金の内20 円が寄付となり、飢えに苦しむ世界の子どもに給食1 食分をプレゼントできます。これまで企業や官公庁、大学、病院など約 660 団体が参加。気軽に社会貢献とメタボ予防ができるという一石二鳥な取り組みが人気を呼び、約3,213万食をアフリカのウガンダ、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ケニア、アジアのミャンマー、フィリピンに届けました。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る