• トップ
  • リリース
  • 日本映画発祥の地・神戸市と共催する「2015年神戸三宮映画祭」開催決定! 英語対応で全世界へLive配信! 開催期間:2015年6月5日(金)・6日(土)

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ネスレ日本株式会社

日本映画発祥の地・神戸市と共催する「2015年神戸三宮映画祭」開催決定! 英語対応で全世界へLive配信! 開催期間:2015年6月5日(金)・6日(土)

(PR TIMES) 2015年03月24日(火)17時32分配信 PR TIMES

「ネスレシアター on YouTube」作品を監修する、本広克行監督&岩井俊二監督が登壇 その他にもエンターテイメントコンテンツが詰まった映画だけじゃない映画祭


 神戸三宮映画祭実行委員会は、昨年実施した、「ネスレシアター on YouTube」で上映している作品を中心に展開した「神戸三宮映画祭」の大好評を受けて、今年も開催することを決定しました。今年は、日本映画発祥の地・神戸市との共催となり、場所は昨年に引き続き、神戸三宮にて6月5日(金)、6日(土)の2日間で行います。

[画像1: http://prtimes.jp/i/5825/34/resize/d5825-34-222004-0.jpg ]



◆ 日本映画発祥の地・神戸市と共催<br />
 阪神・淡路大震災での経験と教訓や、神戸らしさを生かして、芸術文化の薫りあふれるまちづくりをすすめる神戸市と、神戸を本拠地とする企業が中心で構成された委員会が官民一体で本映画祭を共催し、映画文化の楽しさとともに、まちの魅力を発信してまいります。
 同市とは、映画の楽しさを発信することに加えて、映像制作に興味を持つ学生や若い人材をボランティアスタッフとして募集し、次世代の映像制作を担う若手の育成も図ります。第一線で活躍されている映画監督や出演者、関係者の方々との交流の場を通じて学べる機会を提供します。
(ボランティアは本映画祭専用HPにて4月上旬募集案内開始)
 また、映画祭の開催にあたって、三宮周辺商業施設(クレフィ三宮、神戸国際会館SOL、神戸マルイ、三宮オーパ、そごう神戸店、ミント神戸)とコラボレーションしたスタンプラリーや、期間中、各店舗と連動した特典・サービスなどが得られる企画も実施する予定です。(詳細は本映画祭専用HPなどで随時情報公開)


◆ 映画だけじゃない映画祭

●「ネスレシアター on YouTube」の作品だけでなく、それに関わった監督のヒット映画も上映
●全作品で監督・豪華出演者を招いて舞台挨拶<br /> ●制作現場の裏側大公開!有名映画監督・制作陣によるトークカンファレンス<br /> ●有名監督たちと間近で触れ合えるワークショップ開催!
●作品のテーマソングを歌うアーティストによる生ライブ(予)
●YouTubeで1,200万視聴を超えるゲーム実況コンテンツを劇場スクリーンで実施!(予)
(以上の詳細は本映画祭専用HPで随時情報公開)


■開催概要

〇名称:2015年神戸三宮映画祭

〇主催:神戸三宮映画祭実行委員会

〇実行委員会:ネスレ日本株式会社、株式会社ワタナベエンターテインメント、株式会社吉田正樹事務所、
株式会社ロボット、株式会社プロダクション・アイジー、株式会社ロックウェルアイズ株式会社新通、
株式会社レイ<br />
○共催:神戸市

〇後援:兵庫県(申請中)、(公財)神戸市民文化振興財団、神戸アートビレッジセンター<br />
〇技術協力:YouTube

○協力:神戸フィルムオフィス、OSシネマズミント神戸、クレフィ三宮、神戸国際会館SOL、
神戸マルイ、三宮オーパ、そごう神戸店、ミント神戸、神戸・三宮センター街

〇開催日:2015年6月5日(金)・6日(土)

〇開催場所:OSシネマズ ミント神戸(上映・舞台挨拶) /
ネスカフェ 三宮(カンファレンス/イベントスペース・infoセンター)

〇出演者:本広克行監督・岩井俊二監督など ※その他豪華出演者も今後決定していきます

〇映画祭専用HP :http://kobefes.com/


■出演者情報<br />
・監督:本広克行
[画像2: http://prtimes.jp/i/5825/34/resize/d5825-34-994480-1.jpg ]

プロフィール:
1965年生まれ。香川県出身。
CM、深夜番組、情報バラエティ、ドラマ、ドキュメンタリー番組の制作や演出を担当後、1996年、映画『7月7日、晴れ』にて劇場デビュー。
2003年に公開された映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』では、日本映画(実写)興行収入記録歴代一位の座を獲得。その後も『踊る大捜査線シリーズ』『サマータイムマシン・ブルース』『UDON』等、数々の作品を手掛ける。
2007年演劇プロジェクトFABRICAを立ち上げ演出を担当。2010年平田オリザ原作、岩井秀人脚本、舞台『演劇入門』へ演出参加。近年はAKB48『Everyday、カチューシャ』PV、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』総監督、『攻殻機動隊ARISE border:less project』プロジェクト・プロデューサー、2013年より「さぬき映画祭」ディレクターと活躍は多岐に渡る。ネスレシアターon YouTube のショートムービー『Regret』は300万回再生を超えている。
近作にLIXILブランドシネマ「ほっとファーザー」Nescaféコンセプトシネマ「踊る大宣伝会議 或いは私は如何にして 踊るのを止めてゲームの ルールを変えるに至ったか」の総監督を務めている。
最新作は平田オリザ原作・ももいろクローバーZ主演、映画『幕が上がる』(2015年2月28日全国公開)。


・監督:岩井俊二
[画像3: http://prtimes.jp/i/5825/34/resize/d5825-34-424140-2.jpg ]

プロフィール:
1963年生まれ。宮城県出身。
1988年よりドラマやミュージックビデオ、CF等多方面の映像世界で活動を続け、その独特な映像は&ldquo;岩井美学”と称され注目を浴びる。
1993年、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』がテレビドラマとしては異例の日本映画監督協会新人賞を受賞。その後映画へ進出。
代表作に『Love Letter 』『スワロウテイル』『四月物語』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』『市川崑物語』『ヴァンパイア』『friends after 3.11【劇場版】』など多数。
2008年からは活動拠点を海外に移し、NYを舞台にしたオムニバス映画『New York, I Love You』(主演:オーランド・ブルーム/クリスティーナ・リッチ)の一篇を担当。
2012年、NHK「明日へ」復興支援ソング『花は咲く』の作詞を手がけ、岩谷時子賞特別賞を受賞。
2013年、音楽ユニット“ヘクとパスカル&rdquo;(メンバー:岩井俊二/桑原まこ/椎名琴音)を結成。
2014年1月クールのテレビ東京ドラマ24『なぞの転校生』(監督:長澤雅彦)で脚本、プロデュースとして初の連ドラに挑戦し、“ヘクとパスカル&rdquo;のデビュー曲『風が吹いてる』が起用され話題となる。同年9月にwebムービー『TOWN WORKERS』全3話を発表。2015年2月20日に初の長編アニメーション『花とアリス殺人事件』が公開された。


■「ネスレシアター on YouTube」
・URL: https://www.youtube.com/user/nestlewmc/nestlejpchannel
[画像4: http://prtimes.jp/i/5825/34/resize/d5825-34-802565-3.jpg ]

「ネスレシアター on YouTube」は、著名な映画監督の質の高い作品をYouTube限定で無料公開し、多くの視聴者にご覧いただくという、これまでに例のない全く新しいコミュニケーションモデルとして、2013年11月にネスレ日本が開設しました。当サイトは、公開から1年で視聴数が1,400万回を突破するなど多くの生活者の認知を獲得し、ネスレが展開する独自のメディアとして確立しています。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る