• トップ
  • リリース
  • 産業用ワイヤレス・バッテリーレス押ボタンスイッチがラインアップ拡充新たに受信機と送信機を追加販売開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社デジタル

産業用ワイヤレス・バッテリーレス押ボタンスイッチがラインアップ拡充新たに受信機と送信機を追加販売開始

(PR TIMES) 2015年02月16日(月)16時23分配信 PR TIMES

株式会社デジタル(社長:安村義彦 本社:大阪市中央区北浜)は、産業用ワイヤレス・バッテリーレス押ボタンスイッチに、2015年2月16日から新たに「多点レシーバーアクセスポイント」、「モーメンタリー押ボタン」を追加発売いたします。
[画像: http://prtimes.jp/i/7462/29/resize/d7462-29-300650-0.jpg ]



産業用ワイヤレス・バッテリーレス押ボタンスイッチは、2011年の発売以来、無線型のため設置場所を選ばず、スイッチ側に接点と電源の配線工事が必要ないことから好評を得ています。今回、新たに受信機と送信機が拡充されることにより、合計4種類の受信機と4種類の送信機から、最適な製品を選択いただけるようになります。

多点レシーバーアクセスポイントは、従来の32点から最大60点までワイヤレス・バッテリーレス押ボタンスイッチを登録できるように強化された受信機です。さらにシリアルインターフェイスとイーサネットインターフェイスを搭載しており、ワイヤレス・バッテリーレス押ボタンスイッチの信号を各種制御機器(PLCやプログラマブル表示器)にプログラムレスで送ることができます。従来、スイッチのON/OFF状態を機器に通信するにはスイッチごとの配線が必要でした。レシーバーとスイッチ間は無線で行い、レシーバーと制御機器との接続はケーブル1本で行うため配線の手間と費用を削減できます。

モーメンタリー押ボタンは、押す動作によって生成される力学エネルギーを電気エネルギーに変換する電源・電池不要の押ボタンスイッチです。押ボタンスイッチは従来は保持・タイマー形式のみでしたが、今回新たにボタンを押してから解放するまでの間ON出力が保持されるモーメンタリ形式が加わりました。通信の問題で信号ON、OFFの信号が受信機に到達しなかった場合でも、再びボタンを押すと同期を再開するため、連続ONまたは連続OFFを防ぐことができます。

当社は、「Pro-face for the best interface」のコーポレートスローガンに基づき、様々な生産現場での産業機械に接続できるベストなインターフェイスとなる製品の開発を目指しております。

多点レシーバーアクセスポイント製品特長<br />
1. 無線通信では周波数帯 2.4GHz(IEEE802.15.4 ZigBee)を使用。

2. 最大100mの無線到達距離を実現(受信機が金属製の筐体内に設置されている場合は最大25m迄)

モーメンタリー押ボタン製品特長<br />
1. ケーブル配線不要で生産現場に押ボタンスイッチを追加可能。

2. IP65規格、使用周囲温度-25〜+70℃など、産業用途に適した耐環境性に準拠。

参考標準価格(税別)

・ 多点レシーバーアクセスポイント : 57,500円〜

・ モーメンタリー押ボタン : 7,500円

報道関係からのお問合せ先

株式会社デジタル<br /> マーケティングコミュニケーション PR担当
Tel: 06-7176-3191
Email: proface-media@proface.com

株式会社デジタル概要

商号: 株式会社デジタル<br /> 商号(英語名): Digital Electronics Corporation
所在地: 大阪市中央区北浜4-4-9シュナイダーエレクトリック大阪ビルディング<br /> 設立:1972年7月22日<br /> 代表取締役:安村 義彦
資本金:39億2915万5000円
事業内容:【HMI事業】産業用タッチパネル(操作表示器)、制御機器の開発、製造、販売
【シグナリング事業】:産業用警報・信号・表示灯の開発、製造、販売
開発拠点:大阪、Wuxi Pro-face Electronics Co.,Ltd.(中国)、Pro-face Europe B.V.(オランダ)
生産拠点:Batam(インドネシア)、Wuxi Pro-face Electronics Co.,Ltd.(中国)
URL:http://www.proface.co.jp/



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る