• トップ
  • リリース
  • 小さくても、こだわりがいっぱい。フタを回転させると・・・茶こしが上下する。HARIO「プルアップティーメーカー」新登場。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

小さくても、こだわりがいっぱい。フタを回転させると・・・茶こしが上下する。HARIO「プルアップティーメーカー」新登場。

(PR TIMES) 2015年02月24日(火)15時31分配信 PR TIMES

もっと手軽に、リーフティーを楽しもう

HARIOの新製品「プルアップティーメーカー」は、茶葉を入れて抽出したら、茶こしごと引き上げるプルアップ式のティーポット。茶葉から淹れるリーフティーをもっと気軽に、できるだけ簡単に楽しむことができたら…そんな視点で作られたのがこのティーメーカー。350ml、ちょうどカップ2杯分のコンパクトさも魅力。
[画像: http://prtimes.jp/i/2275/26/resize/d2275-26-965660-0.jpg ]



まず特徴的なのが、フタ。丸い輪のついたフタに、工夫が凝らされている。一般的に、リーフティーを淹れるときには、ストレーナー(茶こし)を用意する必要があるけれど、このティーメーカーなら、フタと茶こしが一体化したデザインだから、道具はいらない。丸い輪をつまんで内フタを時計回りに回転させると茶こしが下がり、引き上げてから、反時計回りに回転させれば外フタに固定される、というシンプルかつこだわりの設計。

だから、淹れ方は簡単。茶葉を入れた茶こしにお湯を注ぎ、フタを少し回転させ茶こしを下げて抽出したら、丸い輪を引き上げて、次は反対に回転させるだけ。茶こしが上がって紅茶が濃くなることなく、2杯目もおいしくいただける。誰でも簡単に本格的なリーフティーが愉しめる。

茶こしはステンレス製で網目も細かいので、茶葉のかけらも出にくい上に、変形しにくく、簡単に外せるのでお手入れもラク。自宅はもちろん、オフィスでも活躍しそう。

ミルクを入れたり、スパイスを加えたり、アレンジ次第で楽しみが広がる紅茶の世界。茶葉から淹れる紅茶のおいしさを気軽に味わえる、2杯目もおいしいティーメーカーでティータイムをもっと気軽に楽しんでみてはいかが?


<特長>

●内側のフタを回転させると、ストレーナー(茶こし)ごと下がる仕組みのティーメーカー<br />
●お茶を好みの濃さに抽出したら、ティーバッグのようにストレーナーを引き上げることができる

●ポットは耐熱ガラス製なので、お茶の色がひと目でわかる

●ストレーナーは上下に外せる形状なので、お手入れもラク。●カップ2杯分のリーフティーが手軽に楽しめる。自宅はもちろん、オフィスでも。
■製品名:プルアップティーメーカー<br />
■価格:2,500円(本体価格)

■実用容量:350ml 2杯専用<br />
■サイズ:幅131×奥行101×高さ138mm

■口径:95mm

■カラー:オフホワイト、レッド

■材質:本体/耐熱ガラス<br />
外フタ・内フタ/ポリプロピレン<br />
ストレーナー/ステンレス<br />
■原産国:本体ガラス・日本<br />
外フタ、内フタ、ストレーナー・中国<br />
◇食洗機使用OK!



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る