• トップ
  • リリース
  • 2015年桜開花予想(第4回)〜桜開花までカウントダウンスタート!〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

2015年桜開花予想(第4回)〜桜開花までカウントダウンスタート!〜

(PR TIMES) 2015年03月13日(金)14時33分配信 PR TIMES


 
[画像1: http://prtimes.jp/i/10554/24/resize/d10554-24-955139-0.jpg ]



一般財団法人日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:繩野 克彦)は、2015年3月13日(金)に日本全国88地点の桜(ソメイヨシノ)の開花予想(第4回)を発表します。開花予想は天気予報専門サイト「tenki.jp」
(http://www.tenki.jp/sakura/)にて無料で公開しています。

(1) 概況
 2015年の桜(ソメイヨシノ)の開花日は、平年並みか早い見込みです。来週には高知県から桜前線がスタートし、西日本から東日本にかけての多くの地域では、満開の桜とともに新年度の始まりを迎えるでしょう。東北地方では、4月最初の日曜日に桜前線が到達し、4月中旬以降には各地で満開となる見込みです。北海道では、ゴールデンウィーク頃に多くの所で桜が開花するでしょう。

(2)桜開花スタートまで秒読み、お花見計画はお早めに<br />  今週は真冬のような厳しい寒さが戻り、西日本や北日本を中心に強い風とともに雪の舞う荒れた天気となりました。来週は気温が平年より高い日が多く、かなり高い所もあり、季節が大きく前進するでしょう。各地で桜のつぼみの生長も進み、19日には高知で開花する見込みです。その後、九州や東海、近畿地方で咲き始め、25日には広島、名古屋、東京からも開花の便りが届くでしょう。
 この先の気温は、3月下旬から5月にかけて、寒暖の変動の大きい期間が続くものの、桜の開花、満開日はともに、平年並みか平年より早い所がある見込みです。

●JWA長期予報<br /> 【気温】
■北日本<br /> ・3月:平年より高い
・4月:平年並か低い
・5月:平年より低い

■東日本<br /> ・3月:平年並か高い
・4月:平年並か低い
・5月:平年並<br />
■西日本<br /> ・3月:平年並か低い
・4月:平年並<br /> ・5月:平年並<br />
〜桜開花予想チームの見解〜
3月の1ヶ月を通しての気温は、前回予想と比べて、北日本は高く、西日本は低く、東日本は同じくらいになりました。このため、北日本を中心に、前回より開花予想日が1日程度早くなっています。

※言葉の説明<br /> 平年:1981〜2010年累年平均値<br />
かなり早い :平年よりも7日以上早い
早い    :平年よりも3日から6日早い
平年並   :平年との差が2日以内
遅い    :平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い :平年よりも7日以上遅い

各地の桜(ソメイヨシノほか)の2015年予想開花日・予想満開日(3月13日発表)に関しては、下記URLのニュースリリースからもご確認頂けます。

http://www.jwa.or.jp/news/2015/03/post-000483.html

※平年(昨年)差の「-」は平年(昨年)よりも早く、「+」は平年(昨年)よりも遅いことを表します。
※平年値や昨年値は、気象庁・各自治体や名所の値を用い、平年値の無い地点は過去の観測データを基に算出しました。
※満開を観測していない地点と過去の観測の記録がない地点は、予想満開日は発表しません。
※長野県伊那市(高遠城址公園)はタカトオコヒガンザクラ、北海道稚内市、留萌市、旭川市、網走市、帯広市、釧路市、浦河町はエゾヤマザクラ、根室市はチシマザクラ、その他の各地はソメイヨシノを対象としています。

【参考資料】
天気予報専門サイト「tenki.jp」では、桜開花情報の提供を行っています。
各地の桜の今の状況を7段階(つぼみ・咲き始め・5分咲き・7分咲き・満開・散り始め・葉桜)でお届けしていますので、お花見計画の参考にしていただけます。

[画像2: http://prtimes.jp/i/10554/24/resize/d10554-24-470751-1.jpg ]



■tenki.jp 桜開花情報ページ: http://www.tenki.jp/sakura/

---------------------------------------------------------------------------------------
日本気象協会は、1950年の設立以来、60年以上にわたり、広域予報にとどまらない、より生活に身近な都道府県単位の気象予報やピンポイントの気象予報を、各メディアや自社メディアを通して発表している民間の団体です。国内の民間事業者としては最大の規模で、全国に支社や支店、事業所があり、天気予報のエキスパートである気象予報士265名(2014年7月現在)が多面的に業務に関わり、気象予報の業務に関しては24時間365日体制で最新の情報を発信しております。

また、その事業分野は気象予報にとどまらず、そのノウハウを生かし防災・減災、安全管理、また環境アセスメントや再生可能エネルギーに関する事業分野など、皆様の快適な日常生活や安全確保の支援や、産業活動の発展や環境の保全のために事業を展開しております。
http://www.jwa.or.jp
---------------------------------------------------------------------------------------



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る