• トップ
  • リリース
  • 内部からの情報漏えいをセキュリティソフトウェアでブロック「Aegis Wall(イージスウォール)」提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1

テコラス株式会社

内部からの情報漏えいをセキュリティソフトウェアでブロック「Aegis Wall(イージスウォール)」提供開始

(PR TIMES) 2015年03月17日(火)11時41分配信 PR TIMES


インターネット関連事業会社のテコラス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:嶋田 健作)は、企業内部からの情報漏えいをブロックするセキュリティソフトウェア「Aegis Wall」(イージスウォール、以下Aegis Wall)の提供を本日より開始します。

昨年は日本国内において、情報システム管理者を中心とした企業内部からの情報漏えいや、システムの脆弱性による情報漏えいにより、その企業は顧客のみならず社会全体の信頼を失ってしまうケースが多く見られました。企業内の情報セキュリティ対策の重要性は、今後ますます高まっていき、適切な管理体制を強く求められることが想定されます。

この度リリースした「Aegis Wall」は、企業内部からの情報漏えい対策に最適なセキュリティソフトウェアです。主要なDBMS(データベース管理システム)に対応している上、異なるDBMSを一括で管理できる利便性と、様々なネットワーク構成に対応できる柔軟性により、どのようなシステム環境にも容易に導入することができます。またアクセス制御機能は、設定したポリシーが動作した場合にメール等で通知をするため、管理者は不正アクセスの発生を速やかに検知・把握し、発生防止のための対策を取ることができます。加えて、アクセス制御やアクセスログの一括収集・分析等も行えるため、必要に応じて各種監査や法令に対応したレポートを出力することも可能です。

これにより経営者や情報システム管理責任者は、内部不正や誤操作などにより発生する情報漏えいのリスクを軽減することができ、安心して本業に集中することができます。

今秋「Aegis Wall」は、クラウド型のサービス提供も計画しており、今後も個人情報保護法の改正やマイナンバー制度導入などに対応したサービス提供をとおして、企業の情報セキュリティの強化を支援していく予定です。

■「Aegis Wall」サービス概要( http://aegis-wall.com/
<特長>
1. マルチベンダー環境に対応
現在、国内で使用されている主要OS・DBに対応しています。
- 対応OS:Linux, MS Windows Server, Solaris, HP - UX IA/PA, IBM AIX, UNIX
- 対応DB:Oracle, MS SQL, Sybase, Sybase IQ, Teradata, IBM DB2/UDB, MySQL,
  IBM Infomix, PostgreSQL, ALTIBASE, Tibero, CUBRID

2. オールインワンアクセス制御
データベースへのアクセスログの収集や集計を一括で対応し、コストを圧縮しています。

3. 統合管理による使いやすさ、保守が容易
データベースへのアクセスを一括に中継することで、内部や外部において不要なアクセスを制御します。この制御作業は、全てログとして保存します。

4. データベース監査に対応
「3.」で制御したアクセス情報は、全てログ取得が可能です。
このログを監査証跡として保存、様々な条件で集計し、レポートとして出力が可能です。

<サービスイメージ>
[画像: http://prtimes.jp/i/4843/22/resize/d4843-22-853728-0.jpg ]



■テコラス株式会社について( https://techorus.com/ )
所在地 :〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア3階<br /> 代表 :代表取締役社長 嶋田 健作
設立 :2007年4月
事業内容:セキュリティ事業・データセンター事業・クラウド事業・マネージド事業・EC支援事業<br />
【本件に関するお問合せ先】
テコラス株式会社 広報担当
TEL:03-5155-2018 MAIL:co-press@ml.techorus.com

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る