• トップ
  • リリース
  • 話題の「RETURN OF THE RUDEBOY」展の図録発売を記念して著者2人が出版パーティーを『BOOKMARC』にて開催!

プレスリリース

  • 記事画像1

マーク ジェイコブス ジャパン株式会社

話題の「RETURN OF THE RUDEBOY」展の図録発売を記念して著者2人が出版パーティーを『BOOKMARC』にて開催!

(PR TIMES) 2015年03月20日(金)15時02分配信 PR TIMES

Twitter / Instagramのハッシュタグは #ReturnOfTheRudeboy #DeanChalkley #HarrisElliott #Bookmarc

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC(ブックマーク)にて、『RETURN OF THE RUDEBOY: Dean Chalkley x Harris Elliott』展図録の出版記念パーティーを開催します。この図録の発売日に行う世界初のイベントになります。著者2人のサイン会と併せて彼らのDJプレイも必見です。

日時:2015年3月26日(木) 18:30〜20:00
場所:BOOKMARC(ブックマーク)東京都渋谷区神宮前4-26-14 1F
[画像: http://prtimes.jp/i/2922/22/resize/d2922-22-664260-0.jpg ]

第二次世界大戦後イギリスへ移住してきたカリビアンの若者達が創造したファッショナブルなストリートカルチャー「ルードボーイ」。ジャマイカン・スラングで「不良少年」を意味する言葉は、60年代のクールの象徴でした。70年代後半から80年代にはパンク・ニューウェイブの追い風の中でブリテッシュ・スカや2トーンで復活しルードボーイ・スタイルは再び定着します。そしてそのリヴァイバルから約30年が経過した昨年、ロンドンで"RETURN OF THE RUDEBOY展"が開催されました。その展覧会で披露したディーン・チョークリーとハリス・エリオットの大胆な新しいルードボーイ・スタイルは大絶賛され会期中なんと6万人以上の動員を記録。あらためて「ルードボーイ」に熱い注目が集まっています。今回、ラフォーレ原宿で開催される日本巡回展(3/20-3/26)に合わせてロンドンでの展覧会の時点ではなかった図録が著者たちのインディペンデントで初出版。21世紀のルードボーイ・スタイルをご堪能ください。


■DEAN CHALKLEY
UKを拠点に活躍する才能ある名高いフォトグラファー・フィルムメーカーであり、今までに多くの音楽アルバムや雑誌のカバーを飾る。好奇心旺盛なディーンは、多岐にわたるジャンルやスタイルにも興味があり、音楽も創り上げてしまう程のマルチクリエーターでもある。

■HARRIS ELLIOTT
クリエイティブディレクター、スタイリスト、デザイナー、スタイルとカルチャーを融合させて創り上げるスタイリングに定評があり、ジャマイカ、キングストンのカルチャーとオリンピックとの融合やミュージシャンのスタイリング、東京でのコレクションのディレクションまで多岐にわたって活躍。日々の生活の中で人々からインスピレーションを受けている。

■作品集:『RETURN OF THE RUDEBOY』<br /> フォトグラファー:Dean Chalkley
スタイリスト:Harris Elliott
出版社:Dean Chalkley x Harris Elliot
2015年3月刊/ペーパーバック/7,500円(税抜)

■注意事項
・当日はオープン形式のパーティ―になりますので混雑により入場制限をする場合がございます。
・対象商品の準備数に限りがございます。完売の際はご容赦ください。
・商品のご予約をお受けできません。予めご了承ください。
・天災などの不測の事態により、販売を中止する場合がございます。

■お問い合わせ: マーク ジェイコブス カスタマーセンター 03-4335-1711
■BOOKMARC公式ウェブサイト
HP: http://mjin.tl/bookmarctokyo
Instagram: http://instagram.com/bookmarctokyo (@bookmarctokyo)

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る