プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

東京エレクトロン デバイス株式会社

インダストリアルグレードSoM開発キット「TB-7Z-ISDK」を発表

(PR TIMES) 2015年03月17日(火)11時41分配信 PR TIMES

マシンビジョンなどFA機器の開発期間短縮を実現<br />
東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED) は、インダストリアルグレード システム・オン・モジュール(SoM)「TB-7Z-IAE」の開発キットである「TB-7Z-ISDK」を発表します。
■TB-7Z-ISDK使用イメージ<br /> [画像1: http://prtimes.jp/i/10609/16/resize/d10609-16-544382-0.jpg ]

■背景<br /> 近年、製造設備や検査装置などの産業機器の開発現場では、複数のインダストリアル・ネットワークへの柔軟な対応と、機器のネットワーク化によるデータスループットの向上に伴う高いシステム性能が求められています。これまで以上に複雑で高性能なシステム開発を、リスクとコストを最小化に抑えながら行うことができる方策が求められています。

■特長と用途
TEDのinreviumブランドとして提供する「TB-7Z-ISDK」は、産業機器市場向けに開発されたインダストリアルグレードSoM「TB-7Z-IAE」の評価環境となる開発キットです。

開発キットのベースとなるインダストリアルグレードSoM「TB-7Z-IAE」は、60W×85D (mm)とコンパクトな設計で、量産向けに各種環境試験を実施した日本国内製造による確かな品質と信頼性を確保しました。ザイリンクス社Zynq-7000 All Programmable SoCと2chのGigabit Ethernetを実装し、インダストリアル・ネットワークのような特殊プロトコルに対しても、ボードデザインを変えることなくプロトコルの変更に対応することができます。また、動作温度範囲を拡張したインダストリアルグレード品のデバイスを採用しているため、幅広いアプリケーションへの展開が可能です。今後、「TB-7Z-IAE」は産業機器システムで多用される各種OSでの動作対応も予定しています。


お客様は、従来品にはない品質を確保した量産ボードを使用し、その評価環境である「TB-7Z-ISDK」を活用することにより、開発のトータルコストを大幅に抑えながら製品を早期に市場投入することができます。

■開発期間短縮に貢献する付属サンプルデザイン<br /> 「TB-7Z-ISDK」にはPCレスでマシンビジョン・システムを実現できるベースデザインが無償で付属しています。対応カメラから「TB-7Z-IAE」への画像取り込みサンプルが実装されているため、ユーザは「TB-7Z-IAE」上のZynq PSソフトウェアやZynq PLロジック上の画像処理部分から開発を開始することができ、開発期間のさらなる短縮を実現します。


■ターゲット市場・価格・スケジュール<br /> TEDは、インダストリアルグレードSoM開発キット「TB-7Z-ISDK」を FAネットワークプロトコルを採用するマシンビジョンなどのFA機器をはじめとする多種多様な産業機器を開発しているお客様向けに、通常販売価格 199,800円(税別)で2015年4月より受注開始します。


【TB-7Z-ISDK製品写真】
http://www.teldevice.co.jp/news_release/download/tb7zisdk.zip
[画像2: http://prtimes.jp/i/10609/16/resize/d10609-16-154697-1.jpg ]



【TB-7Z-ISDKの主な機能・仕様・ブロック図】
http://solutions.inrevium.com/jp/products/base/zynq/tb-7z-isdk.html

【TB-7Z-IAE製品写真】
http://www.teldevice.co.jp/news_release/download/tb7zae.zip
[画像3: http://prtimes.jp/i/10609/16/resize/d10609-16-226825-2.jpg ]



【TB-7Z-IAEの主な機能・仕様・ブロック図】
http://solutions.inrevium.com/jp/products/base/zynq/tb-7z-iae.html

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【東京エレクトロン デバイス株式会社について】
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL:http://www.teldevice.co.jp/

【inrevium(インレビアム) について】
東京エレクトロンデバイスは、1985年に開設した設計開発センターの豊富な設計開発経験を活かして、お客様の要求に基づくデザインサービス(設計受託業務)と、市場のニーズを先取りした自社開発商品を、”inrevium(インレビアム)”ブランドで提供する開発ビジネスに注力しています。今後も高付加価値の開発ビジネスに取り組んでいく予定です。
inrevium専用サイトURL:http://www.inrevium.jp/


<本件に関する報道関係からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 広報・IR室  堀田・福井
Tel:045-443-4005、Fax:045-443-4050
お問い合わせフォーム http://www.teldevice.co.jp/contact/news_release/index.html

<本製品に関するお客様からのお問合せ先>
東京エレクトロン デバイス株式会社 PLDソリューション部 阿部、木口<br /> Tel:045-443-4034、Fax:045-443-4059
お問い合わせフォーム http://solutions.inrevium.com/jp/contact/index.html



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る