• トップ
  • リリース
  • ピーエスシー、デル・ソフトウェアのデータ移行ソリューションを活用し、「Microsoft(R) Office365」へのデータ移行支援サービスを提供する「Go to 365センター」を開設

プレスリリース

株式会社ピーエスシー

ピーエスシー、デル・ソフトウェアのデータ移行ソリューションを活用し、「Microsoft(R) Office365」へのデータ移行支援サービスを提供する「Go to 365センター」を開設

(PR TIMES) 2015年04月07日(火)12時02分配信 PR TIMES

〜「Microsoft(R) Exchange Server 2003 無償データ移行キャンペーン」開始〜

本ニュースリリースは、株式会社ピーエスシー、デル・ソフトウェア株式会社の共同ニュースリリースです。
重複して配信される場合がありますことを、ご了承お願いいたします。
株式会社ピーエスシー(本社:東京都港区、代表取締役:鈴木正之、以下ピーエスシー)とデル・ソフトウェア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中村共喜、以下、デル・ソフトウェア)は、両社の協業により、4月7日よりマイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft(R) Office 365(以下Office 365)」向けの移行支援を行う「Go to 365センター」を開設し、速やかなデータ移行支援サービスを提供開始することを発表します。

「Go to 365センター」は、お客様の環境にあるメールシステムの「メールデータ」及び「予定表データ」を、Office 365環境へ移行します。専任のスタッフによるリモートサービスを通じた移行支援により、既設システムからのデータ移行で悩まれているお客様は、必要なときに、必要な場所から、必要なデバイスで利用できる「Office 365」を短期間で利用開始することができます。

当センターは、豊富な移行実績を持つデル・ソフトウェア社のデータ移行ソリューションを、様々な移行プロジェクトの実績を有するピーエスシーが活用することで、経営に与えるインパクトとコストを画期的に抑制することを可能にしています。

当センターの開設にあたり、ピーエスシーから「Office 365」のライセンスを3年間分購入されたお客様を対象とした無償データ移行キャンペーンを開始します。

本キャンペーン第1弾として、2014年4月でサービスが終了した、「Microsoft(R) Exchange Server 2003」をご利用されており、なおかつ2015年5月29日までにお申し込み頂いたお客様を対象として移行サービスを提供します。

「Office 365 無償データ移行キャンペーン」
対象:ピーエスシーから「Office 365」のライセンスを3年間分購入されたお客様

【サービス内容】


移行スケジュール策定支援<br /> メールデータ及び予定表データの移行支援*

*移行対象のメールデータ及び予定表データは、インターネットからアクセス可能なサーバデータのみが対象となります。

【キャンペーンページ】
http://www.psc-inc.co.jp/lp/office365/

【キャンペーンのお問い合わせ窓口】
「Go to 365」センター sales@psc-inc.co.jp

エンドースメント:

日本マイクロソフト株式会社<br /> 業務執行役員 パートナーセールス統括本部 統括本部長 佐藤 恭平
日本マイクロソフトは、株式会社ピーエスシー様とデル・ソフトウェア株式会社様によるOffice 365専用のマイグレーションセンター「Go to 365センター」の開設を心より歓迎いたします。お客様のクラウド移行ニーズが高まる中、本センターの活用によって、現在ご利用いただいている情報共有/活用基盤のOffice 365への円滑な移行を提供できると考えております。
今後も日本マイクロソフトは、株式会社ピーエスシー様、デル・ソフトウェア株式会社様と連携し、より多くのお客様にクラウド環境をご活用いただくことができるよう市場に提案し続けてまいります。


■本件に関する報道関係の方の問い合わせ先:
株式会社ピーエスシー マーケティング室
武田孝太郎<br /> 電話:03-3435-1044
E-mail: ko-takeda@psc-inc.co.jp

デル株式会社 広報本部<br /> 川中 良之
電話: 044-388-6283(直通)
E-mail: yoshiyuki_kawanaka@dell.com

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る