• トップ
  • リリース
  • 熱を吸収&太陽光をシャットアウト!!「ウルトラクールスーツ」を発売※自社未加工品との比検証結果により

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

熱を吸収&太陽光をシャットアウト!!「ウルトラクールスーツ」を発売※自社未加工品との比検証結果により

(PR TIMES) 2015年04月22日(水)11時34分配信 PR TIMES

暑さを防ぐ“トリプル機能”で、衣服内の繊維温度を最大約8℃※ダウン ※自社未加工品との比検証結果により

株式会社AOKI(代表取締役社長:清水彰)は、吸熱・遮熱・接触冷感といったクールビズに最適な3つの機能をもつ「ウルトラクールスーツ」を2015年4月25日(土)より、AOKI全店およびオンラインショップ(http://www.eshop.aoki-style.com/)にて発売します(2015年4月22日現在 AOKI店舗数 560店舗)。

■暑さを防ぐ“トリプル機能”で、夏のスーツも好印象をキープ!
昨今クールビズの浸透により、ビジネススタイルの軽装化が進んでいます。その一方で、会議や商談は“ビジネスの正装スタイル”であるスーツで臨みたいという一定のニーズがあることから、AOKIでは、毎年、夏の機能性スーツを展開しています。

このたび発売する「ウルトラクールスーツ」は、“夏でも涼しいスーツ”をコンセプトに、信州大学繊維学部・先進繊維工学課程との産学協同研究により開発。吸熱、遮熱、接触冷感といった、暑さを防ぎ、快適に過ごすための“トリプル機能”を付加した商品です。

■「ウルトラクールスーツ」の特長
当商品は、下記の“トリプル機能”により、衣服内の繊維温度が最大で約8℃※抑制することが、信州大学の実験により実証されています。

※最大で約8℃とは、10分間、太陽光を模したレフランプを照射した後に、未加工品と当商品の衣服内における繊維温度の差のこと。

1.パラフィン樹脂が熱を吸収!衣服内の快適温度をキープ
当商品には、真夏の着用を想定して、繊維表面に40℃に反応するマイクロカプセルを付着させています。太陽光や外気温、体温の熱に反応し、衣服温度が40℃以上になると樹脂が融解。“吸熱”しながらゲル状から液体へと変化し、衣服内温度の上昇を抑えます。
[画像1: http://prtimes.jp/i/11795/12/resize/d11795-12-595392-0.jpg ]

また、衣服温度が40℃以下になると、樹脂が凝固し“発熱”しながら固体へと変化。衣服内の急な温度変化を抑えるので、暑い屋外から冷房の効いた屋内に入っても急に冷えず、体への負担を和らげます。


2.太陽光の赤外線や紫外線をブロック!
独自の“熱ブロック加工技術”により、太陽光の熱などによる衣服の温度上昇を抑え、熱による身体への影響を軽減するとともに、紫外線を反射することで肌を守ります。

3.接触冷感裏地でひんやりと涼しい肌ざわりを実現<br /> 裏地には、接触冷感性と通気性に優れた、帝人フロンティア株式会社「クールセンサー(R)」や、旭化成せんい株式会社の「ベンベルグ(R)」を採用。汗によるムレを防ぎ、衣服内を快適な湿度に保つことで、さらっとした肌ざわりを実現しています。   


「ウルトラクールスーツ」商品概要


[表: http://prtimes.jp/data/corp/11795/table/12_1.jpg ]



[画像2: http://prtimes.jp/i/11795/12/resize/d11795-12-151071-1.jpg ]



■お客様(読者・視聴者)からのお問い合わせ
 株式会社AOKI お客様相談室 フリーコール:0120-13-7888/HP:www.aoki-style.com
 (受付時間 10:00〜18:00)



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る