• トップ
  • リリース
  • 参加不動産会社100社以上。富裕層向け会員制不動産投資サポートサービス「ファミリーオフィス」が4月グランドオープン!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社リエゾン・アーキテクツ

参加不動産会社100社以上。富裕層向け会員制不動産投資サポートサービス「ファミリーオフィス」が4月グランドオープン!

(PR TIMES) 2015年04月01日(水)11時41分配信 PR TIMES

富裕層向け不動産投資総合サポートサービス「ファミリーオフィス」。100社を超える不動産会社と各種専門家からなるエージェントがパートナーとなり不動産投資を総合的にサポート。

株式会社リエゾン・アーキテクツ(東京都渋谷区、代表取締役:場家崇文)は2014年10月26日(日)よりβ版として運用を開始していたハイクラス層向け会員制不動産投資サポートサービス「FAMILY OFFICE(ファミリーオフィス)」が本格的に始動することを発表。
FAMILY OFFICE:https://familyoffice.estate
[画像1: http://prtimes.jp/i/8624/10/resize/d8624-10-530132-0.jpg ]



株式会社リエゾン・アーキテクツ(東京都渋谷区、代表取締役:場家崇文)は年収1000万以上、金融資産 1000万以上のハイクラス層をターゲットとした会員制不動産投資総合サポートサービス「FAMILY OFFICE(ファミリーオフィス)https://familyoffice.estate/」が本格的に始動することを発表しました。2014年10月末のβ版サービス開始から大手不動産会社を始め登録不動産会社数はすでに100社を超えさらに拡大しております。
サービス名の由来である「ファミリーオフィス」とは、一定規模の富裕資産家を対象に、資産管理から事業承継、相続、健康管理までファミリーが解決すべき様々な問題をファミリーの立場で一緒に解決する税理士、弁護士、FP、医者などの専門家を束ねる事務所で欧米ではポピュラーなサービスです。

本サービス『ファミリーオフィス』では不動産投資の検討段階から物件探し、購入、運用相談、不動産運用における税務、法務、相続の相談などを100社以上の不動産会社と各分野の専門家からなるエージェントが投資家のパートナーとなりサポート致します。
『ファミリーオフィス』に参加する不動産会社、不動産投資専門家は投資不動産を使った資産運用、相続対策、税金対策、CRE 戦略に強い法人・個人で構成されます。

投資家と物件のミスマッチを防ぐ、物件情報サービス業界では初のパーソナライズエンジン(物件自動提案システム)を搭載いたしました。投資目的や資産背景、地域などの希望条件から、各ユーザーに適した物件を一覧にして表示することができます。これにより物件選びの大幅な手間を省くことができ、かつ投資目的や条件面で合ってない物件への問合せを減らすことができます。


■FAMILY OFFICE 3つの特徴

[画像2: http://prtimes.jp/i/8624/10/resize/d8624-10-662517-4.jpg ]



1. 不動産投資を総合サポート
購入前の相談から物件探し、運用相談、相続相談やトラブル相談まで各分野のエージェント(士業を含む各種専門家)が不動産投資家を総合サポートします。
※エージェント:不動産実務経験者、不動産投資コンサルタント、不動産鑑定士、税理士、弁護士、FP、相続診断士など不動産投資に関する知識・経験を有する専門家です。

2.業界初!物件自動提案機能(パーソナライズエンジン)を搭載
業界初のパーソナライズエンジンによる物件の自動提案を実現しました。
投資家会員の資産背景から想定融資限度額を算出し購入可能な物件を自動で判別、さらに希望条件とマッチングさせ物件一覧として提案します。

3.一棟収益物件と海外不動産に特化
高所得者にとって投資効果の高い5000万円以上の一棟収益物件と海外不動産の情報に特化しています。


■会員登録、利用は無料。様々なサポートサービスを受けられるプレミアムプランを用意。

投資家会員には無料プランと有料プレミアムプランを用意。
無料会員は物件情報をはじめとする各種情報の閲覧や問合せが可能です。
プレミアム会員は非公開物件の閲覧から有料セミナーの割引、や物件紹介や不動産会社との折衝代行、各種会社・エージェントの紹介などファミリーオフィスオーナーズクラブの全てのサービスを受けることができます。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る