• トップ
  • リリース
  • 実店舗では初の販売開始 らでぃっしゅぼーやオリジナル機能性野菜ジュース 『みんなの健康を考えた野菜たち』

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

らでぃっしゅぼーや株式会社

実店舗では初の販売開始 らでぃっしゅぼーやオリジナル機能性野菜ジュース 『みんなの健康を考えた野菜たち』

(PR TIMES) 2014年10月16日(木)16時36分配信 PR TIMES

〜2014年10月18日(土)より、青果専門店「ころくや」関東8店舗にて販売〜

らでぃっしゅぼーや株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:国枝俊成)は、10月18日(土)より、本年9月より販売を開始した機能性野菜ジュースの新商品『みんなの健康を考えた野菜たち』 を百貨店地下などで青果専門店を展開する「株式会社ころくや」(本社:東京都八王子市、代表取締役社長:小林孝充)にて販売を開始します。本野菜ジュースはらでぃっしゅぼーやの宅配など通販のみで販売していましたが、店舗での販売は初の試みとなります。
通販限定販売の野菜ジュースを百貨店で手軽に購入可能に<br />
「ころくや」は“安心・安全”“高鮮度”“旨さ”“サービス” の追及をコンセプトに、松屋銀座本店、西武池袋本店など、全国の百貨店や駅ビルにテナントとして展開する青果専門店です。
このたび、9月に新登場した当社オリジナルの人気機能性野菜ジュース『みんなの健康を考えた野菜たち』が、「ころくや」の商品ラインナップとして、10月18日(土)より取扱開始となりました。
使用するレモンにいたるまで、原料は国産にこだわり、緑黄色野菜・食物繊維をしっかり補うことができる野菜ジュースです。
当社は、実店舗での販売に注力することで、野菜を中心とした、安心・安全な食品をより多くのお客様に提供していきたいと考えています。


「ころくや」販売概要

販売開始日: 2014年10月18日(土)〜
販売店舗: 松屋銀座本店 (東京都中央区)
池袋西武百貨店本店(東京都豊島区)
松屋浅草店 (東京都台東区) 等 (計 関東8店舗)
販売商品: 機能性野菜ジュース「みんなの健康を考えた野菜たち」販売価格:160g 1本¥200(税込価格 ¥216)


当社主力野菜ジュースに対し 約280%(※)の販売達成。

人気商品『みんなの健康を考えた野菜たち』の特徴

不足しがちな緑黄色野菜・食物繊維をしっかり補える野菜ジュース<br /> 「みんなの健康を考えた野菜たち」は、1日分の2倍以上である270gの緑黄色野菜、1日の約1/3の量に相当する6gの食物繊維を凝縮して配合しています。

現在、20歳以上の男女の緑黄色野菜*1の摂取平均量は一日あたり90.9gであり、食物繊維*2は平均14g前後と推定されています。現代の食生活では、緑黄色野菜・食物繊維は目標量に達していません。「みんなの健康を考えた野菜たち」はそれらの不足分を気軽に美味しく補い、飲むだけで一日の目標量を達成することができます。

*1 厚生労働省が2000年に策定した「健康日本21」では、野菜摂取の目標量を1日350g以上、そのうち緑黄色野菜を120g以上としています。
*2 厚生労働省策定の食事摂取基準[2010年版]によれば、1日あたりの目標量は、18歳以上の男性19g、女性17g
(※)当社、野菜果汁飲料の主力商品『野菜・果物ミックスジュース』の直近5週平均出荷本数と比較した数値<br />
原料は国産野菜のみを贅沢に使用<br /> 原料は厳選した国産野菜7種をバランスよく配合し、保存料、着色料、香料などの添加物は一切使用していません。本商品は野菜そのもののツブツブとした食感を味わいながら、サラッとした飲み心地を実現しました。幅広い年代で毎日飲み続けられるよう、160gの飲みきりサイズにしています。

◎原材料
野菜(にんじん、トマト、にんじんピューレ、ほうれん草、チンゲンサイ、小松菜、かぼちゃ)、難消化性デキストリン、レモン<p>



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る