• トップ
  • リリース
  • エリクソン、NTTドコモによりネットワーク仮想化プラットフォームとクラウド管理システムのソリューションパートナーとして選定

プレスリリース

エリクソン・ジャパン株式会社

エリクソン、NTTドコモによりネットワーク仮想化プラットフォームとクラウド管理システムのソリューションパートナーとして選定

(PR TIMES) 2015年03月02日(月)15時38分配信 PR TIMES

・オープンソースのソフトウェアと標準ベースの設計でマルチベンダー間の相互接続を確保
・NFVの実用化にむけて貢献<br />
エリクソン (NASDAQ: ERIC) は、マルチベンダー環境における完全な仮想Evolved Packet Core (EPC) ネットワークの実用化に向けたNTTドコモのプロジェクトにおいて、ネットワーク仮想化プラットフォームとクラウド管理システムを提供するソリューションパートナーに選定されました。

エリクソンは、NTTドコモがNetwork Functions Virtualization (NFV:ネットワーク機能仮想化) へと向かう進化の一環として、世界的に認められたCloud Execution Environmentと Cloud Managerを実装します。

エリクソンのソリューションは、オープンかつ長期的な利用を見越したNFVアーキテクチャを提供し、標準化されたマルチベンダー仮想化環境というNTTドコモのニーズを満たす事を可能にします。

Ericsson Cloud Execution Environmentは、通信事業者に要求されるきわめて厳しいネットワーク要件を含め、あらゆるネットワーク負荷に対応できるよう設計されています。

Ericsson Cloud Execution Environmentは、オープンソースのソフトウェアと標準ベースの設計によって複数ベンダー間の相互接続性を確保しており、またネットワークサービス、Virtualized Network Function (VNF:仮想ネットワーク機能)、アプリケーション管理ソリューションのための非常に強力なCloud Managerとの組み合わせが可能です。Cloud Managerは、クラウドインフラ・リソース、VNF、ネットワークサービス、アプリケーションのプロビジョニング、最適化、監視機能の調整と管理を行います。

エリクソンは、Open Platform for Network Virtualization (OPNFV) の主要な推進者として、NFVのビジョン実現に全力で取り組んでいます。

Ericsson Cloud ManagerとEricsson Cloud Execution Environmentは、NTTドコモによるネットワークの展開と運用の柔軟性を高めてその効率を改善し、革新的な新しいサービスの導入を加速化し、ネットワークの耐障害性を高めます。

株式会社NTTドコモ 取締役常務執行役員 尾上 誠蔵氏は次のように述べています。「NFVはもはや幻想ではなく、いよいよ本格的な商用導入フェーズに入りました。ドコモはエリクソンをはじめとしたNFVの分野を牽引する各社とともにマルチベンダー環境でのNFVを実用化し、モバイルネットワークの新時代への移行を加速していきます。」

エリクソン 北東アジア地域責任者のヤン・シグネル(Jan Signell)は次のように述べています。「NTTドコモ様の今回のプロジェクトのソリューションパートナーに選定いただいたことは、ネットワーク仮想化やクラウド管理分野におけるエリクソンのリーダーシップを改めて示すものです。本ソリューションを早期に導入するドコモ様は、ネットワークの柔軟性と制御面で優位に立ち、お客様の要求やニーズに、より迅速に対応できることでしょう」


エリクソン: Mobile World Congress 2015

スペインのバルセロナで開催されるMobile World Congress 2015で、エリクソンは世界トップレベルの技術、サービス能力、イノベーションをご紹介します。ネットワーク化社会はすべての産業に変革をもたらします。ICTを活用したツールは、今や企業、人々、社会の日常に欠かせない基本的なリソースとなりました。エリクソンは、モビリティ、ブロードバンド、クラウド分野の発展を導くハードウェア、サービス、ソフトウェアソリューションを通じて新たなエコシステムの基盤を築き、あらゆる産業に本質的な転換をもたらします。この転換がもたらす変化はすべての人々の利益となります。
私たちエリクソンは、今年のモバイルワールドコングレスで、ネットワーク化社会においてチェンジメーカーがデジタル体験に変革をもたらす機会についてお話しします。
エリクソンのブースは、MWCのホール2、スタンド2N60です。イベント期間中は@Ericssonでエリクソンをフォローし、ディスカッションにご参加の場合は#MWC15をご利用ください。イベント開催期間中、エリクソンの専門家とネットワーク化社会のエバンジェリストがブログ(英語)でその知見を公開します。


報道関係の皆様へ<br />
高解像度の写真と動画のダウンロードは、以下URLからダウンロードいただけます。
http://www.ericsson.com/thecompany/press

エリクソンは通信技術とサービスを提供する世界有数の企業として、ネットワーク化社会 (Networked Society)の実現を目指して邁進しています。エリクソンは世界中の大手通信事業者との長期的な関係を通じて、人々、ビジネス、社会がそれぞれの可能性を追求し、持続可能な未来を創成しようとする取り組みを支援していきます。

エリクソンのサービス、ソフトウェア、インフラストラクチャ、特にモバイル、ブロードバンド、クラウド分野におけるそれらの技術は、通信とその他の分野における事業の改善、効率の向上、より良いユーザー体験の提供、新しいビジネス機会の創造を実現します。

180カ国で事業を展開し、11万5,000人を超える社員を擁するエリクソンは、グローバルな事業規模と、テクノロジーおよびサービスにおけるリーダーシップを備えています。エリクソンは今日、25億人を超えるエンドユーザーへのサービスをサポートしています。世界のモバイルトラフィックの40%以上がエリクソンの提供するネットワークを利用しています。エリクソンは、我々のソリューションとそれらを活用するお客様が常に時代の最先端にいられるよう、研究開発への投資を行っています。

エリクソンは1876年に設立され、本社所在地はスウェーデンのストックホルムです。2014年の売上高は331億USドル (2,280億SEK) です。エリクソンは、NASDAQ OMXストックホルム およびNASDAQニューヨーク証券取引所に上場しています。

http://www.ericsson.com
http://www.ericsson.com/news
http://www.twitter.com/ericssonpress
http://www.facebook.com/ericsson
http://www.youtube.com/ericsson

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る