• トップ
  • リリース
  • いよいよ9月10日発売:書籍『ギネス世界記録2015』から第二弾発表!!  

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

Guinness World Records Japan株式会社

いよいよ9月10日発売:書籍『ギネス世界記録2015』から第二弾発表!!  

(PR TIMES) 2014年09月04日(木)09時26分配信 PR TIMES

パンツェッタ・ジローラモ、白井健三、メタリカ、ワン・ダイレクションが登場!


ギネスワールドレコーズジャパン株式会社(東京、港区/本社イギリス)は、2014年9月10日(水)に発売される書籍『ギネス世界記録2015』日本語版(発行:株式会社角川アスキー総合研究所)より、本日、世界各国の著名人の記録をご紹介いたします。

60周年記念エディションとなる2015年版には、新しく認定された多くの著名人の記録も紹介される運びとなりました。
本日は、日本から白井健三選手、パンツェッタ・ジローラモ氏が新たに認定され、『ギネス世界記録2015』日本語版にて紹介されることを発表いたします。


白井健三選手は、昨年10月の世界体操競技選手権「ゆか」の決勝にて4回転ひねりを決め、最年少で金メダルを獲得したことをうけ、「世界体操競技選手権「ゆか」最年少金メダリスト(男子)」および「世界大会種目別決勝「ゆか」における初めての4回転ひねり」の記録にて、ギネス世界記録に認定されました。


記録認定にあたり、白井選手は、「ギネス世界記録の本は学校の図書館でよく読んでいます。僕が「世界一」になれたのは、得意なことを追求した結果だと思っています。そして、大切なのは、自分を信じてあげることだと思います。」というメッセージをくださいました。

『ギネス世界記録2015』には、その他、オリンピックイヤーにふさわしく、スキージャンプの葛西紀明選手(「スキージャンプ競技ワールドカップ最年長優勝」、「冬季オリンピックスキージャンプ競技最年長メダリスト」、「冬季オリンピック最多出場」)や平野歩夢選手(スノーボード競技における最年少オリンピックメダリスト)が紹介されています。

また、パンツェッタ・ジローラモ氏は、2001年から現在まで、雑誌LEONにて151回(2014年3月14日現在)にわたって途切れることなく表紙を飾ったことをうけ、「連続して最も多くファッション誌の表紙を飾った数(男性モデル)」のギネス世界記録に認定されました。ジローラモ氏のコメントをご紹介します。「この記録は、スタッフ皆さんの努力があって達成できたこと。本当に感謝しています。良い歳の重ね方が、顔の表情に表れると僕は思っています。ギネス世界記録は子供のころ、よく読んでいました。だから、今回の認定は本当に嬉しいですね」


『ギネス世界記録2015』にて紹介される海外の著名人の記録もご紹介いたします。
 まず、「7大陸で初めてコンサートを行ったバンド」として偉業を達成し、ギネス世界記録に認定されたのは、30年以上にわたる長いキャリアの中で世界中を魅了し続けるロックバンド、メタリカ(Metallica)。

メタリカは、2013年、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ大陸、アフリカ、ユーラシア大陸、オーストラリア、そして、12月8日、南極大陸のCarlini stationにて120の科学者と抽選であたった人々を前にパフォーマンスを行い、認定されました。
メタリカのリードボーカリスト、ジェイムズ・ヘットフィールドからは以下のコメントが寄せられています。「南極大陸も含めての7大陸でのコンサートは、生涯忘れられないギグだったよ。120人の科学者と当選者たち、、、、そしてもちろん、300匹のペンギンたちもね!」

さらに、イギリスからはワン・ダイレクションが、デビューアルバム”Up All Night”から3アルバム連続USチャートNo.1を飾り、「デビュー作から3作品連続初登場全米1位を獲得したグループ」として『ギネス世界記録2015』に掲載されます。メンバーのナイル・ホーランからは、「僕らにとって、ファンと共有できる本当に誇らしい瞬間です。ほんとクールだな、って、みんなで話しています」とのコメントがよせられました。

その他、今年ご紹介する最新の記録には、マイリー・サイラスの「最も検索されたポップスター」、「単語数が最も多いヒットシングル」としてエミネムの「ラップ・ゴッド」(6分4秒の曲に1560語)、また、シャキーラが「Facebook「いいね!」が最も多い人物」として登場します。


書籍『ギネス世界記録2015』のご紹介

世界中の一番を収集し続けているギネスワールドレコーズは、2015年をもって60周年を迎えます。記念すべき号となる本書には、地球のあちこちで生まれた驚きの記録がたっぷりと収録されています。

1955年に始まった書籍『ギネス世界記録』は、瞬く間に世界中で話題となり、現在は、100ヶ国以上で発売、累計発行数は1億3千2百万部となります。欧米では、親から子供への定番のクリスマスプレゼント。家族全員やお友達でお楽しみ頂ける内容となっています。

また、例年出版時に発表されるギネス世界記録保持者は、世界各地で話題となります。昨年に続き、今年も日本の皆様に、世界と同じタイミングでお楽しみ頂けることを大変うれしく思っております。

書籍情報:
『ギネス世界記録2015』クレイグ・グレンディ編
価格:3300円(税込)/発売日:2014年 9月10日(水)
企画・制作・発行:株式会社角川アスキー総合研究所


発売:株式会社KADOKAWA<br />

***

ギネスワールドレコーズ(R)とは:
 ギネスワールドレコーズ(R)は、世界記録を記録し、毎年世界記録をまとめた書籍を発行している組織です。現在データベースにある記録はおよそ4万件。書籍『ギネス世界記録(R)』は英国で1955年に初版が発売されて以来、世界的ベストセラーとして親しまれてきました。記録挑戦の申請は、公式ホームページにて受付しており、ギネスワールドレコーズ公式認定員は世界中に赴き、世界記録の認定を行っております。


ギネスワールドレコーズ(R)の歴史について:
1951年、アイルランドはウェックスフォード州で狩猟を楽しんでいた当時ギネス醸造所の最高経営責任者だったヒュー・ビーヴァー卿が投げかけたある質問―――「 ヨーロッパで最も速く飛ぶ狩猟鳥はどれか? 」をきっかけに、世界記録を集めた本が誕生いたしました。1955年の出版から始まり、毎年刊行される『ギネス世界記録(R)』はこれまでに累計1億3千2百万部販売され、現在は20か国語に翻訳され、100か国以上にて販売されています。

また書籍から始まったギネス世界記録は現在、より多くの形で世界の皆様にお楽しみ頂いています。世界各地で放送されているギネスワールドレコーズ番組は年間7億5千万人の方々に視聴され、2つのYou tubeチャンネルの総ヴュー数は2億3千5百万人、Facebook(英語版)のファン数は約600万人となります。申請受付および最新の情報を提供しているホームページ(英語版)では、サイト閲覧者数が年間1千4百万人以上となります。イベントもイギリスをはじめとするヨーロッパ各地、ドバイ、クエートなど世界各地で行われており、日本でも今までに東京、名古屋、岐阜、金沢にて開催されてきております。

ギネス世界記録公式ホームページ:http://www.guinnessworldrecords.jp/



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る