• トップ
  • リリース
  • ラティス、自動車会社向けにMR(複合現実感)に対応したソリューションを開発

プレスリリース

  • 記事画像1

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス、自動車会社向けにMR(複合現実感)に対応したソリューションを開発

(PR TIMES) 2015年04月20日(月)15時23分配信 PR TIMES

大容量3Dを扱うXVLに対応した製品をキヤノンITSより発売へ<br />
ラティスは、MR(複合現実感)に対応した新製品『XVL Studio Pro MREAL Advancedオプション』を、2015年4月20日よりキヤノンITソリューションズ株式会社(以下、キヤノンITS)から発売致します。
ラティスの開発した軽量3Dフォーマット「XVL」は、超大容量の3Dデータを軽快に扱う技術として、自動車や造船、航空、産業機器など多くの企業で導入されています。複合現実感(Mixed Reality:MR)とは、仮想空間と現実空間とをリアルタイムに融合する映像情報処理技術で、3Dデータを実寸大かつ自由視点で確認することを可能にします。今回の新製品で、自動車会社向けソリューション開発としてキヤノンのMR技術に対応することで、現実世界と超大容量3Dを軽快に扱うXVLデータのリアルタイムな融合を実現し、実際の車とデジタルデータを融合した実証が可能になりました。また、最初の顧客としてトヨタ自動車株式会社へ提供開始することになりました。

新製品では、ラティスの持つ高度なデジタルモックアップ技術(仮想モデルで設計や生産工程を検証する技術)とキヤノンのMR技術を融合しました。この結果、自動車1台分の大容量のデータを利用して、車両組立性やメンテナンス性の問題点を仮想環境の中で、確認・検証することができるようになります。たとえば、実物大の車両モデルと古い実際の車両を組み合わせて、実際に人間が作業を体験することが可能になるので、実作業とほぼ同じ姿勢で、視野検討や腰の負担を確認することができます。従来のモニター上の仮想検証と比較して、試作車がなくても深堀りした検証作業が可能となります。


[画像: http://prtimes.jp/i/11397/4/resize/d11397-4-301147-0.jpg ]

新製品は、2015年5月22日(金)に開催される、『XVL 3次元ものづくり支援セミナー2015』東京会場(http://www.lattice.co.jp/ja/seminar/seminar_2015.html)と、2015年5月20日(水)より3日間、パシフィコ横浜で開催される、『人とくるまのテクノロジー展2015』(<a href="http://expo.jsae.or.jp/" target="_blank" rel="nofollow">http://expo.jsae.or.jp/)のキヤノンITSのブースにて、製品展示を行います。



製品名:XVL Studio Pro MREAL Advancedオプション<br /> 定 価:350万円(税別) / 年間保守: 70万(税別)
発売日:2015年4月20日<br /> 購入に関するお問合せ:キヤノンITソリューションズ株式会社 エンジニアリングソリューション事業本部 MR事業部 03-6701-3328
MREALホームページ : http://www.canon-its.co.jp/mr/

新製品は、XVL Studio Pro 本体(販売中)+ XVL Studio Pro MREAL Advancedオプションの製品構成となります。( XVL Studio Pro 本体 : 定価 150万円(税別)/ 年間保守 30万円(税別))

※「XVL」はラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。
※「MREAL」はキヤノン株式会社の商標または登録商標です。
※その他記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る