• トップ
  • リリース
  • スキンケアブランド「Considermal(コンシダーマル)」が通信販売を本格的に開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社オフィスオーガスタ

スキンケアブランド「Considermal(コンシダーマル)」が通信販売を本格的に開始

(PR TIMES) 2015年03月13日(金)09時26分配信 PR TIMES


[画像1: http://prtimes.jp/i/12972/3/resize/d12972-3-453402-3.jpg ]



株式会社オフィス オーガスタ(東京都渋谷区/代表:森川欣信)はスキンケアブランド「Considermal(コンシダーマル)」の通信販売を本格的に開始しました。

コンシダーマルは皮膚臨床薬理研究所株式会社の協力のもとに2014年9月に発売したオールインワンローションです。昨年の冬から限定店舗で販売していましたが、固定のお客様が増えたり全国で購入したいというお客様の声が増えたりしたことから、通信販売を始める運びとなりました。

現在のラインナップは1種(4アイテム)ですが、お客様との新たな接点となる通信販売事業の開始により、ラインナップの増加も検討し、事業を拡大する予定です。今後、店舗と通信販売を平衡展開しながら、より多くのお客様により良い商品を提供していきます。


■ブランド名「Considermal」について<br /> 「肌(dermal)」を「熟考する(consider)」という意味から名づけられました。
真摯に実直に誠実に女性の肌と向き合うことで、肌自身が求めているものを提供してきたいというメッセージを込めています。


■「Considermal」の特長<br /> 『肌成分』x『肌構造』のWアプローチによる圧倒的な保湿力で、ツヤ・ハリのある素肌へと導く真のオールインワンです。
ケミカル成分に頼ることなく、「コラーゲン」「スクワラン」「セラミド」「エラスチン」「ヒアルロン酸」等の肌がもともと持つ美容成分を厳選し配合し、更にそのうるおいを持続させバリア機能を担う肌の基本構造を再現しました。


『肌成分』:ケミカル成分には頼らず、肌を構成する有用成分に着目。
NMF:アミノ酸・ミネラル/細胞間脂質:セラミド/真皮校正成分:コラーゲン・ヒアルロン酸 など。
『肌構造』:有用成分を肌の角層まで浸透させるために、製造販売元が持つ特許技術ラメラテクノロジーを採用。肌の角層内のラメラ構造をコンシダーマルで再現することで、潤いを閉じ込め持続させます。
※ラメラテクノロジーR・・・・肌の構造に限りなく近づけ、従来の化粧品よりも角層まで浸透し保湿効果が高く持続性のある化粧品の構造をさします。
※ラメラテクノロジーRは製造販売元でグループ会社の皮膚臨床薬理研究所の商標登録です。
※2007年国内特許取得(3987551,3987552)及び国外特許取得(US7534369,EP1801184.1801185)

■商品概要
・コンシダーマル スキンライズローションI -さっぱりタイプー<br />  本商品:容量80ml  想定販売価格5,250円(税抜)
 お試し:容量9ml    想定販売価格700円(税抜)
・コンシダーマル  スキンライズローションII -しっとりタイプー<br />  本商品:容量80ml   想定販売価格5,250円(税抜)
  お試し:容量9ml   想定販売価格700円(税抜)

[画像2: http://prtimes.jp/i/12972/3/resize/d12972-3-600610-0.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/12972/3/resize/d12972-3-169085-1.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/12972/3/resize/d12972-3-174639-2.jpg ]



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る