• トップ
  • リリース
  • LinguaNextの多言語翻訳ソリューション「Linguify.S」がSAP認証ビジネスソリューションに認定

プレスリリース

  • 記事画像1

リングアネキストジャパン

LinguaNextの多言語翻訳ソリューション「Linguify.S」がSAP認証ビジネスソリューションに認定

(PR TIMES) 2015年04月06日(月)16時14分配信 PR TIMES

SAP(R)のアプリケーションに「Linguify.S」を実装し、多言語での利用を可能に<br />
LinguaNextは、同社の多言語翻訳ソリューション「Linguify.S」が、SAPのアプリケーション向け認証ビジネスソリューションとして全世界で認定されたことを発表しました。
LinguaNext Technologies Pvt. Ltd. (略称:LinguaNext、本社:インド、CEO 兼 Co-founder:Jagdish Sahasrabudhe)は、同社の多言語翻訳ソリューション「Linguify.S」が、全世界を対象にSAPの認証ビジネスソリューションとして認定されたことを発表しました。今後、SAPが自社でローカライズを継続する一部のオンプレミスソリューションとクラウドソリューションを除いて、LinguaNextのソリューションが多言語化を進めてまいります。
[画像: http://prtimes.jp/i/11273/3/resize/d11273-3-540336-0.jpg ]



「Linguify.S」は、SAP(R)のソフトウェアやアプリケーションデータベースの基盤に対して、一切の変更や修正を行いません。スクリーン上に表示される全てのテキストデータは、アプリケーションごとにカスタマイズされたインメモリの辞書を通じて、システムの外部でリアルタイムに変換されます。本システムにより、単一の言語に対応したSAPのアプリケーションを導入すれば、ドロップダウンメニューから希望の表示言語を選択することが可能になり、お客様の複数地域におけるアプリケーション利用を容易に実現します。

SAP SEの認証ソリューションとは、SAPのソフトウェア製品群を補完し、SAPのソリューションに特化した、同社の試験済みのソリューションを指し、SAPソフトウェアを利用する企業にさらなる選択肢と柔軟性を提供するものです。

LinguaNextのCEO 兼 Co-founder 、Jagdish Sahasrabudheは、「企業は、各国の従業員やパートナー、お客様に対して自社のビジネスアプリケーションを母国語で提供することのメリットをより一層認識しています。ユーザーインターフェイスや電子商取引プラットフォームを各国の言葉で提供することにより、従業員の生産性やカスタマーエンゲージメントが大幅に向上することは、調査からも明らかです。ビジネスアプリケーションのローカライズに伴うコスト、複雑性、導入作業、市場投入期間は、LinguaNextのソリューションにより大幅に軽減されます。企業向けソフトウェアのプロバイダとして世界をリードするSAPから、このたびグローバルな認定を得られたことを非常に嬉しく思います」と述べています。

SAP Globalization Servicesのマネージング・ディレクター、V・R・フェローズ(VR Ferose)氏は、「SAPのソリューション・ポートフォリオが拡大を続ける中、現地語化に対するお客様の需要も高まっています。SAPは自らの取り組みを補完しつつ、お客様にさらなる選択肢を付与するものとして、革新的なローカライズ手法を模索してきました。LinguaNext社のソリューションが一部の市場とソリューションに限定してSAPの認証を取得したのは2年前のことですが、その当時から、両社のパートナーシップを全世界の市場と製品向けに拡大することについて大きな自信を持っていました」と述べています。

SAP認証ビジネスソリューションについて<br /> SAP SEの認証ソリューションとは、SAPのソフトウェア製品群を補完し、SAPのソリューションに特化した、同社の試験済みのソリューションを指し、SAPソフトウェアを利用する企業にさらなる選択肢と柔軟性を提供するものです。SAP認証ビジネスソリューションは、SAPのパートナー企業から提供されます。

SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

SAPの将来予測に関する記述<br /> 本プレスリリースにおける記述のうち、過去または現在の事実に関するもの以外は、1995年米国民事訴訟改革法で定義する「将来性の見通しに関する記述」に該当します。将来予想に関する記述には、「見込む」、「確信する」、「推測する」、「期待する」、「予測する」、「意図する」、「可能性がある」、「予定する」、「予想する」、「はずである」、「つもりである」といった言葉やSAPに関するその他の類似した表現が含まれます。SAPは将来の予測に関する記述を更新または変更する一切の責任を負いません。将来の予測に関するすべての記載は、様々なリスクや不確定要素が含まれるため、実際の結果が当初の予想と大きく異なる可能性があります。SAPの将来の業績に影響する可能性のある要因については、SAPの最新の年次報告書(Form 20-F)を含む、米国証券取引委員会(SEC)への提出書類において詳細に説明されています。本プレスリリースの読者は、その時点の情報に基づいた将来予測に関する記述に全面的に依拠しないよう注意する必要があります。

###

LinguaNextについて<br /> LinguaNext Technologiesは、翻訳ソリューションにおけるマーケットリーダーとして、グローバル企業や独立系ソフトウェアベンダー、システムインテグレーターが手掛けるソリューションの多言語化を支援しています。同社のソリューションは、インドのあらゆる業界において、ビジネスアプリケーションの翻訳におけるデファクトスタンダードとなっています。昨今では、100万人以上の様々なグローバル企業のユーザーが、こうした翻訳ソリューションを活用してビジネスアプリケーションを利用していると言われています。LinguaNextの革新的なソリューションは、企業の迅速なグローバル化を支援し、雇用やトレーニングにかかるコストを削減すると共に、従業員の業務効率化と効果的なカスタマーサービスの提供を実現します。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る